これから
フリマアプリ、ネットオークションをはじめてみたい方に

これからフリマアプリやネットオークションを利用してみたいという方に、各サービスの特徴や料金などの情報をまとめてご紹介します。このページで紹介している定番サービスは全てパソコンとスマートフォンに対応、専用のアプリの提供もあります。現状では二種類のサービスは主に個人間取引という共通点だけで違いはなくなりつつありますので、これからマーケットを選ぶ際には、両者を一括りにして自分に合ったサービスをみつけることをオススメします。

目次

ネットオークション・フリマアプリの現状について

4つの定番サービスが存在します

国内のネットオークション・フリマアプリは4つの定番サービスが存在します。

ヤフーが運営する国内最大級のネットオークションサイト。オークション形式だけでなく、固定金額のフリマ出品にも対応している。事業者はショップとして出店することも可能、出品を代行していてくれる業者なども多数存在する。
世界累計ダウンロード数が1億(2017年11月次点)を突破したフリマアプリ。2017年11月に金融庁指導のもと、売上金でそのまま買物はできなくなりました。ポイントを購入して買物できますが、ユーザーからは面倒だという声も聞かれる。
ヤフオクに次ぐ第二位の会員数を誇るネットオークションサイト。10年以上の運営実績を誇る。KDDI株式会社と提携しているので「auID」でも利用可能。未会員でも掲載商品の閲覧はできるが、購入・販売するためには有料会員の登録が必要。
2016年9月に楽天株式会社がフリマアプリ業界2位の「フリル」を買収。楽天市場で運営してきた「旧ラクマ」と「フリル」を統合する形で提供されています。手数料も安いので、数年後には利用シェアを大幅に拡大する!?かもしれません。

販売手数料が一番安いのはどれ?

楽天グループが運営する「新ラクマ(旧フリル)」は手数料は”無料”で一番安いです。売上金の受取に「楽天銀行」を利用すれば、10,000円以上は振込手数料も掛かりません。次点では「モバオク」で有料会員登録のみで落札手数料などは掛かりません。最期は「ヤフオク」と「メルカリ」でいずれも手数料が掛かります。

なぜ無料なの?新ラクマ・旧フリル
新ラクマ」はフリマアプリを無料化することで楽天商圏への集客を考えての事でしょう。「楽天カード」「楽天市場」などの利用者数など増やせばグループ全体として利益をあげることができます。使える場所が増えるほど、共通ポイントの利用価値も高まります。このあたりは「メルカリ」などの専業サービスよりも有利だと言えそうですね。

一番はやく売れるサービスはどれ?

いくら手数料が安くても売れなければ意味がありません。基本的には会員数の多いサービス→売りやすいサービスほど、手数料は高くなると考えていいでしょう。人→集客→広告費と考えれば、バランスが取れているのは当然かもしれません。ただし、マーケット毎に利用者属性の偏りなどもあるので、できれば複数のマーケットに出品することも検討してみてください。

さらに早いのは買取サービス
さらに早く売れるのは「ブランディア」などの買取サービスがあります。ブランド品など真贋判定が必要なもの、着物、切手、毛皮など専門的な知識が必要なものは、個人間取引には向いていません。きちんとした販路のある代行業者などにお願いした方が、正当な価値を評価した上での買取に期待ができます。覚えておきましょう。

4つの定番サービスについて詳しく解説(特徴・手数料など)

ヤフオク!

ヤフー株式会社が運営する国内最大級のネットオークションサイト。出品方法は、オークション以外に固定価格で出品できるフリマ出品から選択できる。個人でオークションに出品するためには「Yahoo!プレミアム」という有料会員サービスの入会が必要、大口出品者には「ヤフオクストア」という事業者向けの格安なプランが用意されている。

2013年の7月にヤフーポイントはTポイントと統合してヤフオクでは「Tポイント」が利用できる。そのため「Yahoo!ショッピング」や「Yahoo!Japanカード」の利用で貯めたポイントの受け皿としての利用価値も高い。また、決済方法では屋号口座の開設もできる「ジャパンネット銀行」がヤフーと提携しているため、手数料が安くてTポイントが貯まるなどメリットが多いので出品する際にはぜひ準備しておきましょう。

ヤフオクの概要
公式サイト https://auctions.yahoo.co.jp/
運営企業 ヤフー株式会社
販売形式 オークション、フリマ形式の2種類から選択できる。
関連するポイント Tポイント
ヤフオクの手数料について概要
ヤフオクで商品を落札する際に掛かる手数料は無料です。ヤフオクに出品する際には、オークション出品は「Yahoo!プレミアム」の登録が必要です。フリマ出品は必要ありません。オークション、フリマ出品、いずれの場合にも落札された場合にはシステム利用料が発生します。
ヤフオクの入札・落札料金(買うとき)
月額使用料 0円
決済手数料 0円 ※自動車など一部カテゴリを除く「詳細はこちら
個人ヤフオクへの出品料金(売るとき)
月額使用料 フリマ出品のみの場合 0円
オークション出品する場合 498円Yahoo!プレミアム※2018年3月19日よりYahoo!プレミアム会員以外の方も専用アプリから無料で出品できるようになりました。
出品システム利用料 0円 ※自動車など一部カテゴリを除く「詳細はこちら
フリマ出品の場合
落札システム利用料
プレミアム会員 落札価格の8.64%(税込)
プレミアム会員以外 落札価格の10.0%(税込)
オークション出品の場合
落札システム利用料
販売価格の8.64%(税込)
ヤフオクストアへの出品料金(売るとき)
月額システム利用料 0円
出品システム利用料 0円
落札システム利用料 ロイヤルティとして落札額の7.56%(税込)

参照元:ヤフオクご利用ガイド(ご利用料金)ヤフオクストア(料金プラン)


mercari(メルカリ)

国内のみならず、アメリカ版、イギリス版なども含め世界ダウンロード数は1億(2017年12月次点)を越えているフリマアプリ。国内でのサービス開始当初はスマートフォンのアプリのみでしたが、現在はパソコンでも利用することができます。最大の特徴は、商品を販売した売上金そのままメルカリ内の買物に利用できることでしたが、2017年11月に金融庁の要請などで売上金でポイントを購入して買物に利用する形にシステムが変更されています。

メルカリの概要
公式サイト https://www.mercari.com/jp/ ※日本版
運営企業 株式会社メルカリ
販売形式 フリマ
関連するポイント メルカリポイント
メルカリの手数料について概要
メルカリで商品を買った場合にかかる手数料は決済手数料だけです。売った場合に掛かる手数料は販売価格の10%+売上金の受取に掛かる振込手数料です。ただし、売上金が1万円以上の場合には振込手数料は掛かりません。
メルカリでの購入料金(買うとき)
月額費用 0円
決済手数料
  • クレジットカード決済/ポイントでの支払い:0円
  • コンビニ/ATM/キャリア決済:100円
メルカリへの出品・販売料金(売るとき)
出品費用 0円
販売手数料 販売価格の10%
メルカリ売上金の受取(金融機関への振込手数料)
振込手数料 1万円以上の受取は手数料0円。1万円未満は210円

参照元:メルカリガイド(利用料)購入について出品について売上金での購入について


モバオク!

株式会社DeNAの子会社である株式会社モバオクが運営するネットオークションサイト。KDDI株式会社と共同運営していた「auモバオク」と統合、「auID」でもログインすることができる。オークションに出品・落札するには「モバオク有料会員」への登録が必須。落札料金の支払いには「モバペイ取引」という金銭取引仲介サービスを利用されている。モバオク内だけで1P=1円として利用できる「モバオクポイント」というポイントシステムも導入している。

モバオク!の概要
公式サイト https://www.mbok.jp/
運営企業 株式会社モバオク
販売形式 オークション
関連するポイント モバオクポイント
モバオク!の手数料について概要
モバオクは出品するにも落札するにもモバオク会員(有料)の登録が必要です。商品を落札した場合には、さらにモバペイ決済手数料が掛かります。出品者は自動車などの一部カテゴリを除いて落札手数料などは掛かりません。
モバオク!の入札・落札料金(買うとき)
入札条件 モバオク有料会員(月額324円税抜)詳細はこちら
決済手数料
モバペイ決済手数料/代引き手数料が掛かります。
▼モバペイ決済手数料 ※参照元
モバオク!への出品料金(売るとき)
出品条件 モバオク有料会員(月額324円税抜)詳細はこちら
落札手数料 0円 ※自動車・バイクの車体などを除く「詳細はこちら

参照元:会員になると何ができますか出品ガイド入札ガイド


新ラクマ(旧フリル)

2012年7月にサービスをスタートした国内初のフリマアプリ。2016年9月に楽天株式会社が運営元のFablic社を買収、2017年2月26日より同グループが運営する「旧ラクマ」と統合します。楽天グループのサービスなので、楽天IDでもログイン可能、楽天PAY(楽天市場の決済機能のこと)経由で楽天スーパーポイントで支払うこともできます。数年後には利用シェアを大幅に拡大するかもしれません。

新ラクマの概要
公式サイト https://fril.jp/
運営企業 株式会社Fablic(楽天グループ)
販売形式 フリマ
関連するポイント フリルポイント、楽天スーパーポイント
新ラクマの手数料について概要
新ラクマで商品を買った場合に掛かる手数料は決済手数料だけです。売った場合にも初期費用・手数料などは掛かりません。ただし、振込手数料を受取る際に売上金が10,000円以上で受取口座が「楽天銀行」以外の場合には210円の振込手数料が掛かります。
新ラクマでの購入料金(買うとき)
月額費用 0円
決済手数料
  • クレジットカード:無料※無料キャンペーン中に限る
  • ポイント/売上金払い/楽天ペイ:無料
  • コンビニ・銀行ATM・携帯キャリア払い:100円
新ラクマへの出品・販売料金(売るとき)
出品費用 0円
販売手数料 0円
フリル売上金の受取(金融機関への振込手数料)
振込手数料
  • 10,000円未満:210円
  • 10,000以上の楽天銀行宛:0円
  • 10,000以上の楽天銀行以外:210円

参照元:フリルを使うのにお金はかかりますか?フリル(支払いに手数料は掛かりますか?)フリル(振込申請に手数料はかかりますか?)

合わせて覚えておきたいマーケット・販売手段

1)無料ネットショップ

インターネット上に無料で出店できるサービスのことです。オークションやフリマアプリと違い、自分で屋号をきめてお店のデザインやレイアウトなども編集することができます。音楽、小説、ソフトなどを販売する「ダウンロード販売」や「オリジナルのTシャツを在庫ゼロで販売する」など”仕入れる必要のないサービス”などもあるので合わせて確認してみましょう。

  • BASE・・・国内トップクラスの利用者数を誇る無料ネットショップサービス。
  • イージーマイショップ・・・Facebookに開店、既存サイトにカートを追加可能。
  • Jimdo・・・全世界2000万サイトの実績!無料はアイテム数5点まで広告・帯域制限。

2)ハンドメイドマーケット

ハンドメイドマーケットとは、手製のアイテムを販売するマーケットです。手作りのアクセサリー、ファッション、家具など色々な商品が販売されています。ほとんどのサービスが出品・維持費は無料で売れた場合にのみ手数料がかかるような形で運営されています。


3)独自のマーケットへの出品代行

主にブランド品など真贋判定(本物と偽物を見極める鑑定のこと)などが必要な商材の取引などを仲介してくれるサービスのこと。運営元が商材を預かり、委託販売という形で販売するのが一般的。ハイブランド商品などは、個人が出品するよりも信頼感も高くなるため高額な金額で取引される傾向にあります。

  • RECLO・・・ブランド商品の委託販売で高い実績をあげている定番サービス。
  • スマオク・・・メルカリ運営のブランドマーケット今後に期待したいサービス。
  • セルクル・・・過去にはテレビCMもしていたブランド委託販売サービス。

4)ヤフオク出品への宅配オークション代行

ヤフオクへの出品を代行してくれるサービスです。申込みをすると、ダンボールなどが届くので商品を入れて返送してくれるだけで出品を代行してくれます。商品写真の撮影や落札者との取引などの必要も一切ありません。落札された場合にのみ、手数料を引かれた金額が振込されます。

  • トゥービィー・・・ファッション関連の商材に定評のある代行業者。
  • 宅オク・・・ネットオフが運営するオークション代行業者。
  • オクサポ!・・・2006年にサービスを開始した運営実績のあるサービス。

5)買取業者

もっとも手軽で早く現金化できる方法です。買取金額は、買取業者の販路なども影響するため、知名度の高いサービスを選択しましょう。また、各業者ごとに、得意とするジャンルがありますので、そのあたりを見極めて買取業者を選択することも重要です。

  • ブランディア・・・国内知名度NO.1の買取業者。ブランド全般のジャンルに強い。
  • スピード買取.jp・・・着物、切手、毛皮など専門分野の買取に定評のあるサービス。
  • ブランドゥール・・・女性スタッフが多いレディースアパレルの買取に強いサービス。

オークション出品に便利なツールなどをご紹介

商品の相場を調べる

日本最大級のショッピング・オークション情報サイト。商品の相場情報を知るための定番ツールです。4種類のプランが用意されていて、無料会員は6ヶ月までの落札相場の検索などを知ることができます。直近の相場情報を知りたい、レア商品を探している方などは導入を検討してみてください。転売目的の方などは、導入必須のツールとなります。無料会員登録はこちら:オークファン


無料で使える会計ソフト

フリマ、オークションなどの取引でも営利目的の転売および商品を仕入れて販売する場合などには確定申告をして税金を納める必要があります。確定申告をする際には、帳簿の提出も必要になるため、会計ソフトを導入して毎月の取引情報などを保存しておきましょう。最近の会計ソフトは、クラウド上にデータを保存できるタイプが提供されています。無料で利用できるサービスもあるのでまずは試してみてください。

商品の発送でポイントを貯めましょう

ヤマト運輸を利用する際には要チェック
2018年4月1日よりTポイントのポイント付与がスタート!

2018年4月1日より、ヤマト運輸での宅急便・ヤマト便や梱包資材の購入などで、200円につき1ポイントのTポイントが貯まるようになりました。貯まる場所は、ヤマト運輸直営店、セールスドライバーの集荷時です。コンビニ、取扱店などは対象外です。貯めたTポイントは1ポイント=1円で配達料金にも充てることができます。

参考:Tポイントを効率よく貯める方法やコツをまとめてみました

年会費無料!Tポイント還元率NO.1のカード(Tポイントカード一体型)

Tポイントを貯める際におすすめしたいのが「YJカード」というクレジットカードです。このカードは、入会金、年会費一切無料のクレジットカードでTポイントカードが一体化しているので、Tポイント加盟店ではカードを提示してポイントを貯めることができます。他にもTポイント還元のクレジットカードはいくつかありますが、ポイント還元率はNO.1=つまり一番Tポイントが貯まるクレジットカードです。
新規入会金・年会費無料!詳細はこちら:YJカード