BASEとShopifyを徹底比較

ネットショップ出店方法 人気サービスを比較

BASEとShopifyを徹底比較!シェア・料金・手数料・機能の違いを比較表でわかりやすく解説

今時店長
皆さんこんにちは、今時店長です。

今回は、ネットショップ作成サービスのBASE(ベイス)と、Shopify(ショピファイ)について比較してみました。

基本情報を比較(初期費用・月額固定費用)

基本的な情報を比較してみました

BASE
Shopify
【CM話題】ネットショップ開設実績5年連続第一位の無料で使えるカートです。 【世界一位】世界175カ国170万サイト以上が利用する上級者向けECカートです。

申し込み前に確認しておきたい基本情報は下記のとおりです。

BASE
Shopify
運営事業者
BASE株式会社
Shopify_Japan株式会社
初期費用
無料
無料

全プラン共通

月額費用
2つのプラン
フリー:無料
(新)グロース:5,980円

グロースプランは、2022年4月18日追加の新プランです。
3つのプラン
ベーシック:25$
スタンダード:69$
プレミアム:299$
2022年5月24日に ベーシックとスタンダードの料金が値下げされました。
最短契約期間
1カ月
1ヶ月
商品登録数
無制限
(1日最大1,000件)
無制限



独自ドメイン
利用可能※サブドメイン限定
利用可能
常時SSL化
対応済み
対応済み
備考欄
BASEロゴを非表示は別途500円/月。独自ドメインは、フリープランから他社サービスで取得したものを”サブドメイン”として利用できます。 独自ドメインは他社サービスで取得したものでも利用できます。プランは上記以外に「Shopify plus」という最上位プランがあります。



WEB
ブラウザ
Google Chrome ※推奨
Safari 11 以降
Firefox
Microsoft Edge
参照元
Google Chrome ※推奨
Mozilla Firefox
Apple Safari
Microsoft Edge
Opera
参照元
スマホ
アプリ
Shopify - 独自のネットショップ
iOS(iPhone・iPad・iPod touch)
Android


|




電話
メール
備考欄
チャットでの問い合わせも対応してます。 電話とチャットは英語のみ対応しています。
特定商取引法に関する表記の一部非公開
2022年1月20日より、個人のショップオーナーを対象に特別商取引法の所在地・連絡先の非公開が可能になりました。
公式サイトで詳しく

基礎知識

両者の肩書と利用シェアを比較してみた。

  • BASE・・・国内ネットショップ開設数第一位。
  • Shopify・・・世界トップクラスの利用シェアを誇る。

BASEは、国内出店数180万ショップ以上※2022年時点の第一位です。Shopifyは、詳細は未公開ですが、2020年の国内出店数の伸び率は228%増と発表されています。

Shopifyの伸び率も凄いのですが、出店数など利用シェアで比較した場合には、無料サービスであるBASEの方が高いシェアを継続してくと推測できます。

BASEは初期費用・基本料金無料のサービスです。

BASEは、初期費用・月額無料で利用できるフリープランが提供されています。一方、Shopifyは、初期費用・月額費用ともに有料のサービスです。

どちらもクレジットカード決済がすぐに導入できる。

BASEは、BASE側が決済を仲介してくれるため、クレジットカード決済導入にも審査がありません。つまり、今すぐにでもお店を開業することができます。

Shopifyは、ShopifyペイントというStripeのシステムを利用した決済手段が提供されています。こちらも、入力完了から最短数分程度で利用することができます。

Shopifyの日本語ローカライズは完全ではありません。

Shopifyは元々海外のサービスです。近年、日本語化はすすんでいますが、未だにアプリやヘルプは日本語化されてない部分も多くあります。

必要なスキルレベル

初心者にオススメできるのはBASEです。

初心者でも簡単にECサイトが作れるのは、BASEです。知識のない初心者でも直感的な操作だけで、ページが作れるように設計されています。

Shopifyは、最強のツールですが使いこなすにはスキルが必要です。中級者以上方、または、制作代行業者に依頼するケースなどにオススメです。

BASE(無料会員登録はこちら)

今時店長
どちらのツールも無料でつかえる(Shopifyは無料トライアル)できるので、実際に利用してためしてみましょう。
shopifyに移行する手順
超簡単!BASEからShopifyへ移行する手順[アプリでCSV一括登録・日本語URLの一括変更まで解説]

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、BASE(ベイス)からShopify(ショピファイ)に、CSVの一括登録を利用して商品データを移行(引っ越し)する手順を解説します。 基礎知識 Sho ...

決済手数料を比較(入金サイクル・決済対応)

一番利用頻度の高いクレジットカード決済手数料は要確認

クレジットカード決済

ネットショップの決済まわりで確認しておきたい、クレジットカード決済手数料、入金サイクル、導入可能な決済サービスの種類についてまとめてみました。

BASE
Shopify
クレジットカード
決済手数料
2つのプラン
フリー:6.6%+40円
(新)グロース:2.9%
フリープラン内訳
かんたん決済手数料:3.6%+40円/回
サービス利用料:3%
参照元
グロースプランは、2022年4月18日追加の新プランです。
Shopifyペイメント
〈ベーシックプラン選択時〉
国内(VISA、MasterCard):3.4%
海外&AMEX:3.9%
JCB:4.15%
参照元
入金手数料
振込手数料
一律250円
事務手数料
2万円未満は500円
2万円以上は0円 参照元
Shopifyペイメント
無料
入金サイクル
通常
振込申請から
10営業日(土日祝除く)
お急ぎ振込
最短翌日入金
手数料:1.5% 参照元
BASEカード(任意発行)
売上残高の即日利用
手数料:ナシ
BASEカード詳細
BASEの売り上げ残高を、即日VISA加盟店で使える、任意発行のカードです。
Shopifyペイメント
毎週日曜日締め
翌週金曜日払い
BASE
Shopify
クレジットカード
一括払
分割払
コンビニ決済
銀行振込
◯※
後払い決済
キャリア決済
代金引換
◯※
Amazon Pay
◯※
◯※
楽天ペイ決済
PayPay(ペイペイ)
PayPal(ペイパル)
Stripe
Square
Google Pay
Apple Pay
◯※
備考欄
決済手数料は全て共通。※AmazonPAYは個人・法人どちらも導入可能、ショッピングアプリ、予約販売、デジタルコンテンツ販売、テイクアウト、定期便、コミュニティ、抽選販売、ショップコインには使えません。※Apple Payは、ショッピングアプリにて「ゲストとして購入」を選択時に、Apple PayにMasterCardが登録されていると使えます。 ※Amazon Payは法人限定です。※代金引換は、項目追加はできますが、手数料を加算することはできません。実装するには、有料アプリの導入が必要です。※銀行振込は、KOMOJU、Paidy、などの導入が必要です。
公式サイトで詳しく

確認しておきたいポイント

BASEの有料プランが決済手数料は安い。

BASEは、フリープランは決済手数料が高いのですが、グロースプラン(有料プラン)に契約すると、Shopifyよりも決済手数料は安いです。

どちらのサービスも入金サイクルが早い。

どちらのサービスを選んでも入金サイクルは早いです。とくにShopifyは、BASE以外のネットショップ作成サービスと比較しても早いです。

どちらも毎回クレジットカード番号の入力が不要で決済できる。

PAY IDで決済できる

PAY IDとは、BASEで作られたお店で共通使える会員IDのことです。つまり、BASEの店舗間での買物する際に、お客様は会員登録する手間が掛かりません。

Shopifyにも、Shopify PAYというShopify店舗間で共通で使えるID決済があります。ただし、BASEほど横のつながりはないため利用価値は若干低めです。

Shopify(無料体験はこちら)

今時店長
どちらも決済まわりは充実しています。選べる決済手段が豊富な点などを考慮すると、Shopifyの方が使えるかなという印象です。

デザイン面を比較

デザイン面について比較してみました

デザイン比較

どちらのサービスもカスタマイズ性能は高いです。

BASEはロゴを非表示にするのに月額500円掛かる。

パソコンで表示した場合には右上にBASEマーク。スマホで表示した場合にはフッターにBASEロゴが表示されます。色も控えめなのでさほど目立ちません。非表示にすると、ファビコンも自由に設定できるようになります。

両者ともに有料テンプレートが存在します。

Shopifyのテーマ

上画像は、Shopifyの有料テンプレートを含んだ一例です。

  • BASE・・・5,000円~10,000円
  • Shopify・・・100~180$

両者ともに有料テンプレート推奨です。

どちらもHTML・CSSは編集することができる。

BASEはhtmlが編集できる

BASEは、初心者でも簡単に制作できるインターンフェイスと、上級者向けにHTML・CSSなどがカスタマイズできる入力フームの提供が提供されています。開発者の方は、APIなども利用することができます。

Shopifyのデザイン画面の様子

続いて、Shopifyの商品画面の編集の様子をみてみましょう。こちらも初心者でも簡単に編集できるようなインターフェイスです。

ShopifyにおけるHMTLやCSSを編集する様子

BASEと同じ用に、HTML、CSSなども編集できる入力フォームも提供されています。Shopifyの最高プラン(月額2,000$)に契約すれば、チェックアウトページ(注文ページのこと)も編集できるようになります。

商品登録ページも比較してみました。

BASE
Shopify
BASEの商品登録画面
▲クリックで拡大
Shopifyの商品登録画面
▲クリックで拡大

BASEは、入力項目を追加アプリで増やしている状態。Shopifyは初期設定そのままの状態です。

Shopifyの方が入力項目が多いので細かな設定ができることがわかります。海外サービスは使いづらい事が多いのですが、入力項目を見ても分かる通り使い勝手も悪くありません。

突き詰めるとカスタマイズ性能はShopifyの方が高い。

BASEでも十分にカスタマイズできますが、Shopifyはさらに高度なカスタマイズに対応できます。もちろん、それを活用するためにはスキルも費用も必要になります。

Shopify(無料体験はこちら)

今時店長
簡単なのはBASEですが、デザインのカスタマイズ性はShopifyです。BASEにできるデザインは、Shopifyでも実現できます。

機能を比較(一覧表・注目機能)

両サービスの機能を比較してみました

機能比較

二つのサービスのネットショップに関する機能について比較してみました。

 
BASE
Shopify



送料詳細設定
HTML編集
年齢制限
◯※
パスワード保護
購入個数制限
名入れ
英語表記
複数配送先指定
◯※
副管理者
外部カート
アクセス解析



クーポン発行
レビュー機能
◯※
ポイント機能
◯※
再入荷通知
◯※
レコメンド機能
◯※
フォローメール
◯※
メールマガジン
◯※
 
BASE
Shopify



予約販売
◯※
定期販売
◯※
まとめ販売
◯※
抽選販売
オーダーメイド販売
ダウンロード販売
◯※
電子チケット


商品一括登録(CSV)
商品一括DL(CSV)
連携
オンデマンド販売
◯※
インスタグラム連携
Googleショッピング連携
◯※
注目機能・連携
Pay ID
総DL数600万以上の買物アプリ「Pay ID」 に出品可能。
ShopifyのTikTok広告
TikTok For Business広告アカウントと連携可能 詳細
公式サイトで詳しく
補足事項
BASE
※すべての機能が制限なく利用できます。
Shopify
※ほとんどの機能が標準機能ではなくて、アプリを追加して導入できます。メールマガジン(Shopify メール)は固定費無料で毎月2,500通までは無料、それ移行は1,000通ごとに1ドル(USD)掛かります。

Shopifyは全部で2,500以上の機能が提供されている。

Shopifyが提供しているアプリは全部で24種類でした。

Shopifyは、全部で2,500以上の機能(アプリ)を導入することができます。しかし、その大部分はサードパーティが開発したもので、機能説明なども英語表記なものや日本語に対応していないアプリなども多くあります。

今時店長
どんな要望でも大部分は対応できるが、アプリ導入などには中級者以上のスキルは必要になるケースが多いです。

BASEの注目機能をピックアップ

BASEにはあるけど、Shopifyにはない注目機能をあげてみました。

  • 受注生産販売
  • 抽選販売

BASEの受注生産販売機能とは

BASEの無在庫販売

BASEの受注生産販売とは、インターネットでデザインしたTシャツなどを、注文が入ってから生産して販売できる機能のことです。

受注生産なので仕入れの必要がありません。Tシャツのほかにも、マグカップ、キーホルダー、トートバックなど色々なアイテムを作成することができます。

BASEの抽選販売機能とは

BASEにて抽選販売の様子

入手困難な希少なアイテムなどを、先着順ではなくて抽選で販売する機能のことです。抽選後は、当選者にも落選者にも自動でメールで通知してくれます。

BASE(無料会員登録はこちら)

今時店長
受注生産販売、抽選販売の機能については、他社サービスでは見かけない機能なのでチェックしてみてください。
抽選販売する方法
【ネットで簡単に抽選販売する方法】無料で使えるネットショップ作成サービスをご紹介

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、インターネットを通じて抽選販売する方法について基礎知識や注意点などを説明したのち、無料で利用できるネットショップ作成サービスについてご紹介します。 は ...

Shopifyの注目機能をピックアップ

ダウンロード販売は”Shopify”の方が多機能です。

どちらもデジタルデータのダウンロード販売ができるのですが、機能的には「Shopify」の方がすぐれています。いくつか例を上げてみました。

  • 1商品の最大容量がShopify(5GB)が多い。※BASE(1G)
  • Shopifyは物販(CD)とデジタル販売(MP3)を一緒に売れる。
  • ファイル更新時に購入者にダウンロード先を通知できる。
Shopifyでデジタルデータを販売する方法
【簡単】Shopifyでデジタルコンテンツを販売する方法!無料アプリ”Digital Downloads”の導入方法をわかりやすく解説

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、Shopify(ショピファイ)を利用して、デジタルコンテンツを販売する方法について解説します。 音楽、小説、漫画、ソフト、アプリ、WordPressの ...

楽天市場の店舗と注文・在庫を連動できる。

Shopifyと楽天市場の一元管理

2020年4月に、Shopifyと楽天市場の商品登録、注文、在庫などが連動できる無料アプリがリリースされました。

この機能を利用すれば、多店舗管理システムを導入しなくても、楽天と自社ECという二つのサイトを一元管理できます。

STORES(無料会員登録はこちら)

今時店長
Shopifyは、ネクストエンジンなどの多店舗管理システムにも対応しています。楽天、Yahooに出店するならShopifyがオススメです。
モールへの出店
将来モール出店を見据えたネットショップASPの選び方[楽天・ヤフー・Amazonとの連携抜群のサービスとは!?]

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、将来的には、楽天市場やYahooショッピングなどのモールに出店したいが、とりあえずは自社ECだけ出店してみようと考えている方に、最適なネットショップ作 ...

今回のまとめ

今時店長

今回は、ネットショップ作成サービスのBASE(ベイス)と、Shopify(ショピファイ)について比較解説しました。

結局どちらのサービスがおすすめなの?

結論だけ言うと、目標とする売上高と商品点数で選ぶのがオススメです。つまり、個人規模であればBASE。法人規模の売り上げを目指すならShopifyです。

どちらのサービスを選んでも機能的には十分です。個人規模であれば、国内での販売に最適化された、BASEの方が実用的な機能も多く使い勝手はむしろいいです。

ただし、BASEはあくまでも個人向けに最適化されています。大量注文の場合など、サーバー環境やオペレーションなどは、Shopifyほどの安心感はありません。

Shopifyは、大規模サイトの実績も多く、大量注文にも十分対応できます。ただし、個人サイトには過剰に多機能すぎて、逆に使いづらいという感じです。

あわせてチェックしてみてください

BASE
BASE(ベイス)のココが凄い!12のメリット&サービスの特徴・評判・感想を聞きたい方はこちら

今回は、無料ネットショップ作成サービスのBASE(ベイス)について、実際に利用してみた経験などをもとにサービスの特徴(メリット)について解説します。 こんな方におすすめの記事 香取慎吾さんがCMする「 ...

Shopify
世界NO.1シェアを誇るShopifyは評判どおり凄いの!?基本性能から料金や機能・おすすめアプリまで徹底解説

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、世界的に有名なネットショップ作成サービスである、Shopifyについて実際に試してみた感想などをご報告します。 こんな方にオススメの記事 Shopif ...

商品データの移行手順はこちらを参考にしてみてください。

shopifyに移行する手順
超簡単!BASEからShopifyへ移行する手順[アプリでCSV一括登録・日本語URLの一括変更まで解説]

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、BASE(ベイス)からShopify(ショピファイ)に、CSVの一括登録を利用して商品データを移行(引っ越し)する手順を解説します。 基礎知識 Sho ...

超格安な制作代行サービス

超格安な制作代行サービス
※料金は2020年6月時点のものです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。
また新しい情報などあれば更新していきます。

今月の入会特典のあるサービス

エックスサーバーキャンペーン

おすすめ記事

無料で開業できるネットショップ作成サービスを徹底比較[CMで話題のオススメ・ツールを紹介] 1

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、基本料金無料(タダ)で出店できる、ネットショップ作成サービスのについて、人気の傾向や料金や解説したのち、おすすめサービスをご紹介します。 こんな方に読 ...

商品仕入れ 2

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、ネットショップの商品仕入れについてご紹介します。 個人が趣味や副業でも挑戦できるアイデアから、さらに本業として商品を仕入れるための基礎知識から具体的な ...

ネットショップ販売手数料の最安値はココ[初期・月額・クレジットカード決済手数料を比較] 3

今回は、ネットショップ作成サービスのクレジットカード決済手数料について比較してみました。初期費用、月額費用とあわせてチェックしてみてください。 こんな方におすすめの記事 無料サービスで実質的に負担する ...

プロ目線で解説!ハンドメイドをネット販売する方法 4

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、ハンドメイド・手作り・クラフト作品の方法について、ネット通販業界歴10年以上の経験をもとに、最適な販売方法について解説します。 こんな方にオススメの記 ...

MakeShop(メイクショップ) 5

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、ネットショップ作成サービスのMakeShop(メイクショップ)について、サービスの特徴や手数料・実際に利用してみた感想をご紹介します。 こんな方にオス ...

オリジナルTシャツの販売 6

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、自作のデザインを在庫リスクなしで販売できるサービスをご紹介します。 こんな方におすすめの記事 資金は無いけどオリジナル商品を販売したい方。 YouTu ...

ネットショップの確定申告 7

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回はネットショップ(BASE、カラーミーなど)を運営している方に、はじめての確定申告について解説します。 ネットショップを運営している方だけでなく、ハンドメ ...

無料で実店舗とネットショップの在庫連動 8

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、初期費用、固定費無料で使える決済サービスの「Square」を利用した、実店舗とネットショップの在庫を連携する方法について解説します。 はじめに 実店舗 ...

個人でも海外販売できる越境ECモール 9

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、個人でも海外販売に挑戦できる、越境ECサイト(モール型・マーケット・プラットフォーム)をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。 はじめに 個人でも ...

無料でパッと作れるホームページ作成ツール 10

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、無料でパッと作れる、ホームページ作成ツールをご紹介します。「お金や時間を掛けずにホームページを作りたい」方は、ぜひ参考にしてください。 はじめに 無料 ...

マルチ決済端末を徹底比較!おすすめサービス料金・特徴・選び方のポイント解説 11

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、お店のキャッシュレス化に使えるオールインワン・マルチ決済端末及びサービスについて解説します。各サービスの料金や特徴、お店あったサービスを選ぶポイントに ...

無料で使えるPOSレジアプリ徹底比較 12

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、スマートフォン(iPhone)やタブレット(iPad/Android)端末で利用できる、POSレジアプリについて定番サービスを比較してみました。 無料 ...

-ネットショップ出店方法, 人気サービスを比較
-,

Copyright © 2013-2022 いまどきのネットショップ開業講座