BASE×STORES 徹底比較

広告 ネットショップ構築・ECカート

BASE × STORES|ネットショップ開設を徹底比較!選ぶべきサービスがわかる

今時店長
今時店長
こんにちは、今時店長です。

今回は、無料ネットショップ作成サービスで人気を二分している、BASE(ベイス)とSTORES(ストアーズ)について徹底比較してみました。

どちらも初期費用はかからず、月額0円から利用できる点で類似しており、無料ネットショップ作成サービスの分野で競合している存在です。

実際に両方のサービスを利用してきた経験をもとに解説しています。二つのサービスの選択で悩んでいる方は、ぜひコチラの記事を参考にしてみてください。

更新情報

2024/1/2:「BASE」のグロースプランを新しい料金(2024年1月16日~適用)に変更しました。

BASE × STORES 比較表

2つのサービスを徹底比較してみました

BASE(ベイス)
STORES(ストアーズ)
BASE
STORES
ネットショップ開設実績5年連続で第一位を獲得している、初期費用、月額無料から使えるネットショップ作成サービスです。 初心者でも簡単に、無料でネットショップが作成できるサービス。機能も豊富、決済手数料も業界最安値水準で利用できる。
公式サイトで詳しく
公式サイトで詳しく

本当に徹底比較なのでとても長いです。2つの違い、選択のポイントを知りたい方は「BASE×STORES 違いのわかる11の事柄」を先にチェックしてください。

全てのサービスを比較した、ショッピングカート比較、2つのサービスを個別に解説した、BASEのメリットSTORESのメリットもチェックしてみてください。

基本情報を比較(初期費用・月額費用など)

サービス名称
BASE
(ベイス)
STORES
(ストアーズ)
運営事業者
BASE株式会社
STORES 株式会社
初期費用
無料
無料
月額費用
フリープラン
\無料で使える/
0
グロースプラン※料金改定後
年払い:16,580 (税込)
(月商50万円以上から推奨)

月払い:19,980円 (税込)

※2024年1月16日にグロースプランの料金が改定されました。
プラン別手数料比較
フリープラン
\無料で使える/
0
ベーシックプラン
年払い:2,980 (税込)
(月商15万円以上から推奨)

6ヶ月払い:3,240円 (税込)
月払い:3,480円 (税込)

料金プランの比較
最短契約期間
1カ月
1ヶ月
商品登録数
無制限
(1日最大1,000件)
無制限



独自ドメイン
利用可能
※サブドメイン限定
利用可能
※ベーシックプラン
契約で無料貸与
常時SSL化
対応済み
対応済み
備考欄
BASEロゴを非表示は別途500円/月。独自ドメインは、フリープランから他社サービスで取得したものを”サブドメイン”として利用できます。 独自ドメインは、ベーシックプラン契約で無料貸与されます。独自ドメインの他社サービスからの持ち込み、持ち出しはできません。



WEB
ブラウザ
Google Chrome ※推奨
Safari 11 以降
Firefox
Microsoft Edge
参照元
Google Chrome
Firefox
Safari
Microsoft Edge
参照元
スマホ
アプリ


|




電話
-※
メール
備考欄
チャットでの問い合わせも対応してます。 チャットでの問い合わせも対応してます。※新規出店者向けの無料電話相談窓口も提供、実店舗をお持ちの方は「こちら」より、店舗とネットの連携なども無料相談できます。
特定商取引法に関する表記の一部非公開
住所・電話番号の非公開
非公開にできる
匿名配送
匿名配送が使える
住所・電話番号の非公開
非公開にできる
匿名配送
未対応
公式サイトで詳しく

販売できる商材で比較(有形・無形など)

カテゴリ
BASE
(ベイス)
STORES
(ストアーズ)
有形商品(衣類、雑貨、家具、食品)
海外商品
中古商品
食品、酒類
デジタル商品(音楽、漫画、小説)
無形商品(講座、役務、レンタル)
△※
電子チケット(ライブ・コンサート)

※BASEは、役務商品の販売は有形物の送付が義務付けられています。

クレジットカード導入審査期間

BASE
(ベイス)
STORES
(ストアーズ)
導入までの目安
すぐに利用可能 参照元
4営業日程 参照元

決済手数料と入金サイクルを比較

サービス名称
BASE
(ベイス)
STORES
(ストアーズ)
クレジットカード
決済手数料
フリープラン
① BASEかんたん決済手数料
3.6%+40 /件
② サービス利用料
3%
※上記2つの合計金額
グロースプラン
BASEかんたん決済手数料
2.9%
※上記手数料のみ
(サービス利用料0円)
参照元
フリープラン
5%

ベーシックプラン
3.6%
参照元
入金手数料
振込手数料
一律250円
事務手数料
2万円未満は500円
2万円以上は0円 参照元
振込手数料
275円
事務手数料
275円
「入金額が¥10,000未満でも振込」に設定した場合のみ 参照元
入金サイクル
通常
振込申請から
10営業日
(土日祝除く)
定期振込Appで月一の自動入金も可能
お急ぎ振込(手数料:1.5%)
最短翌日入金 参照元
BASEカード(任意発行)
売上残高の即日利用可能
通常
月末締めの翌月末払い
スピードキャッシュ(手数料:1.5%~)
最短翌日入金
参照元
備考欄
Amazon Pay、PayPal、の決済手数料(サービス利用料もあわせた合計)は、グロースプラン 3.9%、スタンダード 7.6%+40円。それ以外の決済手数料は共通です。リボ・分割払いは未対応です。
Amazon Payは3.9%、代金引換は実費、それ以外の決済手数料は共通です。リボ・分割払いは未対応です。

決済手段を比較

サービス名称
BASE
(ベイス)
STORES
(ストアーズ)
クレジットカード
一括払
分割払
コンビニ決済
銀行振込
後払い決済
キャリア決済
代金引換
◯※
Amazon Pay
◯※
◯※
楽天ペイ決済
PayPay(ペイペイ)
PayPal(ペイパル)
Stripe
Square
Google Pay
Apple Pay
◯※
備考欄
※AmazonPAYは個人・法人どちらも導入可能、ショッピングアプリ、予約販売、デジタルコンテンツ販売、テイクアウト、定期便、コミュニティ、抽選販売、ショップコインには使えません。※Apple Payは、ショッピングアプリにて「ゲストとして購入」を選択時に、Apple PayにMasterCardが登録されていると使えます。 ※Amazon Pay(法人限定)、代金引換、はベーシックプラン限定です。決済手数料は、AmazonPayの一律4%、代金引換、をのぞき全て共通です。※2022年3月29日よりPayPayにも対応しました。
公式サイトで詳しく

ショップ事例を比較

BASE
(ベイス)
STORES
(ストアーズ)
導入事例リンク

機能を比較

サービス名称
BASE
(ベイス)
STORES
(ストアーズ)



送料詳細設定
HTML編集
年齢制限
パスワード保護
購入個数制限
名入れ
英語表記
複数配送先指定
副管理者
外部カート
アクセス解析
◯※



クーポン発行
レビュー機能
ポイント機能
◯※
再入荷通知
レコメンド機能
フォローメール
メールマガジン



予約販売
定期販売
まとめ販売
抽選販売
オーダーメイド販売
ダウンロード販売
電子チケット


商品一括登録(CSV)
商品一括DL(CSV)
連携
オンデマンド販売
インスタグラム連携
Googleショッピング連携
注目機能・連携
Pay ID
総DL数600万以上の買物アプリ「Pay ID」 に出品可能。
STORES レジ
STORES レジ 」を使い、実店舗と在庫連携も可能。
公式サイトで詳しく
補足事項
BASE
ほかにも、ブログ機能、メンバーシップ機能、コミュニティ作成機能、アンケート機能、テイクアウト機能なども搭載しています。全ての機能を制限なく使えます。※ポイント機能は、メンバーシップ Appをインストールすることで利用できます。
STORES
※アクセス解析はベーシックプラン限定ですが、GoogleAnalyticsをフリープランから設置できる(機能追加より可能)ほかにも、FAQ機能などもフリープランから使えます。
今時店長
今時店長
よく「BASEとSTORESはどっちが売れる?」と聞かれますが、どちらも集客力はないのでかわりません。どちらを選んでも同じです。

BASE×STORES 違いのわかる11の事柄

BASEとSTORES、選択の決めてになりそうな事柄を紹介

おすすめ

ECメディア運営歴10年以上の経験のもと、BASEとSTORES、2つのショッピングカートを比較したとき、選択の決めてになりそうな11の事柄をまとめました。

STORESは無形商品の販売もできる

オンライン講座、役務、レンタル、占いなども販売できる。

どちらも、有形商品を販売できるのは言うまでもありませんが、STORESは、無形商品(講座、役務、レンタル、占い)なども販売することができます。

BASEも、役務商品の販売は禁止されていませんが、販売を証明するために有形物の送付が義務付けられています。STORESよりも、このプロセスは手間も時間も掛かるため、役務販売についてはあまり利用されていません。

今時店長
今時店長
無形商品をメインに販売するならSTORESを選びましょう。音楽、画像などのデジタルコンテンツ、電子チケットなども販売できます。

フリープランはSTORESの方が料金が安い

月額無料にこだわるならSTORESの方が最適です。

(ストアーズ)
(ベイス)
クレジットカード
決済手数料
フリープラン
5%

ベーシックプラン
3.6%
参照元
フリープラン
① BASEかんたん決済手数料
3.6%+40 /件
② サービス利用料
3%
※上記2つの合計金額
グロースプラン
BASEかんたん決済手数料
2.9%
※上記手数料のみ
(サービス利用料0円)
参照元
月額費用
フリープラン
\無料で使える/
0
ベーシックプラン
年払い:2,980 (税込)
(月商15万円以上から推奨)

6ヶ月払い:3,240円 (税込)
月払い:3,480円 (税込)

料金プランの比較
フリープラン
\無料で使える/
0
グロースプラン※料金改定後
年払い:16,580 (税込)
(月商50万円以上から推奨)

月払い:19,980円 (税込)

※2024年1月16日にグロースプランの料金が改定されました。
プラン別手数料比較

「ずっと無料で出店したい」月額無料にこだわるなら、クレジットカード決済手数料の安い、STORESの方が最適だと言えるでしょう。そこそこ差はあります。


追記:2024年1月16日より、BASEのグロースプランの料金が改定されます。以下に、STORES(ベーシックプラン 旧:スタンダードプラン)とBASE(グロースプラン)の合計手数料を比較しました。

年払いの場合には、月商195万円あたり、月払いの場合には、月商240万円あたりが、手数料負担額の分岐点となります。

今時店長
今時店長
手数料に関しては、STORESの方が圧倒的に使いやすいです。BASEは、月額0円→約2万円なので切り替えのタイミングが難しいです。

BASEは今すぐ販売をスタートできる

BASEは、利用申請すればすぐに決済が導入できる。

BASEの「BASEかんたん決済」は、利用申請をおこなえば、すぐに利用できます。STORESは、申請後に審査結果がでるまで4営業日が予定となります。

BASEに導入できる決済
BASEかんたん決済で導入できる8種類の決済

BASE(無料ではじめる)

今時店長
今時店長
BASEは、フリマアプリなどと同じエスクロー(仲介)決済なので事前審査はありません。今すぐ売りたいなら、BASEを選びましょう。

BASEはフリープランから独自ドメインが使える

当サイトの独自ドメイン

独自ドメインとは、当サイトにおける「n10shop.com」という、URLのことです。これは、私の持っているドメインで、ほかの誰にも利用することはできません。

BASEは、フリープランから他社サービスで取得した独自ドメインを、サブドメインとして設定することができます。あなたの持ち込んだドメインなので、BASEから移転した場合には、そのドメインを解除して、移転先で利用することも可能です。

STORESは、ベーシックプランに変更すると、運営元から独自ドメインが無料で貸出されます。このドメインは、STORESが所有するドメインなので、STORESから移転したときには、利用することはできません。※持ち出しなどもできません。

BASEは、自分用意する手間と費用は掛かりますが、持ち込み持ち出し可能。STORESは、ベーシックプランなら費用は掛かりませんが、持ち出しはできないという違いがあるのでよく覚えておいてください。

今時店長
今時店長
独自ドメインは、BASEの方が使い勝手はいいですね。STORESは、ドメイン更新の手間は掛かりませんが、持ち出しはできません。

STORESの方が簡単にオシャレなサイトが作れる

STORESは誰が作っても完成形は大きく変わらない。

両者を比較したとき、初心者でもオシャレなサイトが作れるのはSTORES。STORESは、編集できる部分が少ないため、誰が作っても完成形は大きく変わりません。

STORESのデザインテンプレート一例(全テンプレート無料)

STORESのテンプレート
STANDARD、TRIPLE、DOUBLE、NUMBERS
今時店長
今時店長
国内ECカートで1番簡単なのは、STORESと言っても過言ではありません。余った時間は、写真撮影とSNSにまわしましょう。

BASEの方がデザインのカスタマイズ性能は高い

BASEは、HTML・CSS編集、フリーページも追加できる。

BASEは、HTML・CSSの編集にも対応しています。また「ページ追加 App」を追加して、自由に編集できるフリーページを追加することができます。

BASEのテーマ一例(無料・有料あります)

BASEのテンプレート一例
ACCENT、TIMELESS(いずれも無料テーマ)
今時店長
今時店長
自由なデザインを求める方には、BASEがオススメです。テンプレートの数も豊富、LP(ランディングページ)も制作できます。

デジタルコンテンツの販売はSTORESがおすすめ

デジタルコンテンツの販売とは

STORESのダウンロード販売
STORESでデジタルコンテンツをダウンロード販売している様子

デジタルコンテンツ販売とは、音楽、イラスト、映像などのデジタルデータをダウンロード販売できる機能の事です。どちらも、この販売機能は搭載しています。

デジタルコンテンツ販売3つの違いを確認しよう。

(ベイス)
(ストアーズ)
最低価格
0円
50円
複数購入

できる
できない
支払方法

クレジットカード、コンビニ決済、PayPal、楽天ペイ、PayPay残高 クレジットカードのみ

デジタルコンテンツの販売に関しては、STORESのほうが使い勝手がいいです。購入者は1回の注文で複数購入してダウンロードすることも可能です。

また、海外への販売を考えている方は、PayPal決済のあるSTORESを選びましょう。BASEは、クレジットカード決済のみで海外発行のカードは利用できません。

STORES(無料ではじめる)

今時店長
今時店長
お店と購入者、どちらの目線でもSTORESがオススメです。0円での販売も可能なので、デジタルデータの配布にも使えます。

BASEは、抽選販売の機能を搭載している

抽選から当選者・落選者へのメール送信まで自動化できる。

BASEは抽選販売機能を搭載している
BASEで抽選販売をしている様子

BASEは、抽選販売の機能を搭載しています。商品の抽選から、当選者・落選者へのメール送信まで全て自動化できます。支払い方法は、クレジットカード限定です。

BASE(無料ではじめる)

今時店長
今時店長
国内ECカートで、抽選販売の機能を搭載しているのは、BASEだけです。抽選販売だけ、BASEを利用している店舗もあります。

STORESは、まとめ販売の機能を搭載してる

2個で1,000円割引、セットで30%OFFができる。

STORESはまとめ販売機能がついている
STORESで、まとめ割とセット割で販売している様子

STORESは、複数の商品を同時に購入すると値引きや割引ができる、まとめ割とセット割りの機能を搭載しています。クロスセルの施策に使えます。

STORES(無料ではじめる)

今時店長
今時店長
まとめ販売の機能が必要な場合には、STORESを利用しましょう。無料カートでこの機能が搭載されているのはSTORESだけです。

BASEは、オンデマンド販売機能を搭載している

Tシャツ・スマホケースの作成機能を搭載しています。

BASEは、オンデマンド販売機能を搭載している

BASEは、オリジナルのTシャツ、スマホケースなどを、注文が入ってから印刷をして発送をする、オンデマンド販売の機能を搭載しています。

BASE(無料ではじめる)

今時店長
今時店長
オンデマンド販売なので、仕入れ、在庫は不要です。ほかには、アクセサリーや雑貨などもオンデマンドに販売する機能があります。

STORESは、メルマガで顧客を絞って配信できる

顧客の情報から絞ってメールマガジンを送信できる。

STORESのメール送信画面

STORESは、顧客の購入回数やリピート数などで限定して、メールマガジンを送信できます。BASEは、顧客に一斉送信する機能だけで、細かな分類はできません。

STORES(無料ではじめる)

今時店長
今時店長
リピーターだけに、割引クーポンを配布したいケースなどで役に立つ機能です。メルマガ配信は、STORESの方が使いやすいです。

今回のまとめ

今時店長

今回は、無料ネットショップ作成サービス、BASEとSTORESについて徹底比較してみました。最後にオススメな方のタイプをご紹介します。

BASE(ベイス)はこんな方にオススメ

BASEは無料で、いますぐお店を出店できます。クレジットカード決済の導入審査なし、匿名性が気になる個人ユーザーは、住所や電話番号を非公開にもできます。

フリープランの売れたときの手数料は、STORESよりも高いです。グロースプランへの切り替えは、月商17万円をこえたあたりから検討してみましょう。

抽選販売、オリジナルグッズの無在庫販売など、他社サービスにはない魅力的な機能なども搭載しています。すべての機能が無料版から利用できるのもいいですね。

公式サイト:BASE

STORES(ストアーズ)はこんな方にオススメ

個人的には、STORESの方がオススメです。とにかく簡単なのでサイト作成に時間が掛かりません。写真撮影とか、SNSの運用などに時間を使いましょう。

プリープランの決済手数料は、BASEよりも安いです。有料版の固定費はBASEの半額以下。月収15万円をこえたあたりからベーシックプランも視野にいれましょう。

機能面は、BASEと同様に充実、まとめ販売、電子チケットなどBASEにはない機能も搭載。また、実店舗と「モバイル決済 × POSレジ」での在庫連携まで可能です。

公式サイト:STORES

あわせてチェックしてほしい記事

BASEのメリット、口コミや評判などを紹介しています。

BASE
BASEの魅力的な15の特長!メリット・デメリット・評判を徹底解説

今回は、無料ネットショップ作成サービスのBASE(ベイス)について、実際に利用した経験などをもとにサービスの、メリットやデメリットをご紹介します。 BASEを実際に利用した感想、他社サービスとの違い、 ...

STORESのメリット、口コミや評判などを紹介しています。

STORES(ストアーズ)
STORESの魅力的な15の特長!メリット・デメリット・評判を徹底解説

今回は、無料から使えるネットショップ作成ツール、STORES(ストアーズ)について、実際に利用した経験などをもとに、サービス特徴やメリットをご紹介します。 STORESを実際に利用した感想、他社サービ ...

最後まで読んで頂きありがとうございました。
また新しい情報などあれば更新していきます。

\ こちらの記事をシェアする /
  • この記事を書いた人
今時店長

今時店長

楽天市場の某大型サイトにて、2005年~2013年まで運営責任者を務める。その経験を活かし、2013年に楽天市場のショップへのサポートを目的に当サイトを立ち上げました。2016年に情報サイトとしてリニューアル、より幅広い層の方々にオンラインビジネスのノウハウやアドバイスを提供しています。

運営企業情報(プロフィール・運営理念)
掲載依頼・お問い合わせ
誤り報告フォーム

今月の入会特典のあるサービス

  • makeshop|新規契約で独自ドメインを無料プレゼント!2月29日まで
  • エックスサーバー|冬のトク割キャンペーン【最大30%OFF】2月26日12時まで

エックスサーバーキャンペーン

人気記事

2024年版|無料ネットショップ開業サービス徹底比較 1

今回は、無料でネットショップを開設できるアプリやサービスについて、ECサイト運営実績10年以上の経験や感想をもとに、オススメサービスをご紹介します。 このページに掲載してある、全てのサービスは初期費用 ...

無料でパッと作れるホームページ作成ツール 2

今回は、無料でパッと作れる、ホームページ作成ツールをご紹介します。「お金や時間を掛けずにホームページを作りたい」方は、ぜひ参考にしてください。 はじめに ホームページを作成するのに必要なもの 必要なも ...

無料で使えるネット予約システムを徹底比較 3

今回は、無料で使えるオンライン予約システムについて解説します。 フィットネス、ヨガなどのスクール。エステやマッサージなどのサロン。医療関係や各種イベントで予約システムを探している方は、ぜひ参考にしてみ ...

無料で使えるおすすめPOSレジアプリ4選(iPhone/iPad/Android対応) 4

今回は、スマートフォン(iPhone)やタブレット(iPad/Android)端末で利用できる、無料で使えるPOSレジアプリを4つご紹介します。 無料POSレジアプリの比較表 初期費用、月額費用、キャ ...

無料で使えるおすすめ決済フォーム!申込みWEBページが自分で簡単に作れる 5

今回は、初期費用、月額無料で使える、クレジットカード決済機能付き申込みウェブフォームの作り方をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。 こんな方におすすめのサービス 無料でクレジットカード決済機能つ ...

-ネットショップ構築・ECカート
-, ,