BASEとSTORESを徹底比較

無料ネットショップ 人気サービスを比較

2020年版|現役店長の目線でBASEとSTORESを徹底比較!注目すべき5つのポイントを解説[手数料・機能など]

今時店長
皆さんこんにちは、今時店長です。

今回は、無料ネットショップ作成サービスで人気を二分している、BASE(ベイス)とSTORES(ストアーズ)について徹底比較してみました。

こんな方にオススメの記事

  • BASEとSTORESの違いを知りたい方
  • BASEとSTORESの手数料を知りたい方。
  • BASEとSTORESを比較した結果を知りたい方。

二つのサービスを比較

人気を二分する無料サービス

BASE
STORES

国内で人気を二分している、無料ネットショップ作成サービスのBASE(ベイス)とSTORES(ストアーズ)について、当サイト管理人である、いまどき店長目線で二つのサービスを徹底的に比較していきます。

今時店長
表面的な違いを解説したあとに、二つのサービスを選択する上で確認しておきたい、5つのポイントについて解説していきます。

調査日時

  • BASE・・・2020年1月
  • STORES・・・2020年1月

BASE・STORESの基本情報を比較

BASE
STORES
運営事業者
BASE株式会社
ストアーズ・ドット・ジェーピー株式会社
初期費用
無料
無料
月額費用
無料
フリープラン:無料
スタンダードプラン:1,980円
商品登録数
無制限
無制限
独自ドメイン
利用可能
スタンダードプラン限定
常時SSL化
対応済み
対応済み
今時店長
STORESのフリープランは大幅改変により、デザインや販促機能などすべて使えるので、無料サービスと認識して問題ありません。
ストアーズ・ドット・ジェーピー大幅アップデート
STORESの無料プランが大幅強化!業界トップのBASEを猛追する状況を解説[変更箇所と機能比較]

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、2019年7月10日にフリープランが大幅アップデートされた、STORES(ストアーズ)について変更内容と同時にリニューアルされた新プランについて解説し ...

BASE・STORESの各種手数料を比較

BASE
STORES
販売・決済手数料
6.6%+40円 参照元
フリープラン:5%
スタンダードプラン:3.6% 参照元
入金手数料
振込手数料:250円
事務手数料:2万円未満は500円、2万円以上は0円 参照元
振込手数料:275円
事務手数料:275円 参照元
今時店長
販売手数料は圧倒的にSTORESが安いです。客単価1,000円程度でればフリープランでも2倍近く変わります。

BASE・STORESの決済手段の対応状況を比較

BASE
STORES
クレジットカード
コンビニ決済
銀行振込
後払い決済
キャリア決済
楽天ペイ決済
PayPal
Amazon Pay
◯※
Stripe
代金引換
◯※
今時店長
どちらのサービスも基本的な決済手段は用意されています。無料プランだけに限定すれば同等と考えていいでしょう。

BASE・STORESの機能を比較

 
BASE
STORES
送料詳細設定
レビュー機能
クーポン発行
レコメンド機能
数量限定
ダウンロード販売
再入荷通知
電子チケット販売
予約販売
定期販売
シークレットEC
まとめ販売
年齢制限
英語表記
メールマガジン
受注生産販売
HTML編集
インスタ連携
アクセス解析
◯※
フォローメール
補足事項
BASE
※すべての機能が制限なく利用できます。
STORES
※アクセス解析はスタンダードプラン限定です。
今時店長
機能については、続けて解説する”現役店長の目線で注目すべき5つのポイント”にて詳しく解説しています。

現役店長の目線で注目すべき5つのポイント

決済手数料はSTORESが圧倒的に安い

クレジットカード チャージバック

ネットショップを選択する上で、まず最初に確認したいのが料金です。

BASE
STORES
販売・決済手数料
6.6%+40円 参照元
フリープラン:5%
スタンダードプラン:3.6% 参照元
入金手数料
振込手数料:250円
事務手数料:2万円未満は500円、2万円以上は0円 参照元
振込手数料:275円
事務手数料:275円 参照元

詳しい計算方法は参照元を確認してください。小数点の端数処理はどちらのサービスも四捨五入で計算されています。

上記の通り、決済手数料で比較すると圧倒的にSTORESがお得です。

販売価格で手数料を比較

販売価格に対する負担手数料を計算した結果は下記のとおりです。

販売価格(税込)

BASE

STORES
差額
1,000円

106円
50円
56円
2,000円

172円
100円
72円
3,000円

238円
150円
88円
4,000円
304円
200円
104円
5,000円
370円
250円
120円
10,000円
700円
500円
200円
20,000円
1,360円
1,000円
360円
30,000円
2,020円
1,500円
520円

STORESは無料プラン(5%)で計算しています。

販売手数料は圧倒的にSTORESがお得ですね。

客単価1,000円程度だと、約2倍ほどBASEの方は負担額が大きいです。

さらに、STORESは、スタンダードプランに変更するとさらに手数料が安くなるため、売上の多いお店ほどその差は開くと考えていいでしょう。

STORES(無料会員登録はこちら)

今なら最大20,000円戻ってくる!3/1日まで
今時店長
STORESは、最初はフリープランではじめて、売上が伸びてからスタンダードプランに変更することもできます。
決済手数料
2020年版|ネットショップ販売手数料の最安値はココ[初期・月額・クレジットカード決済手数料を比較]

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、ネットショップ開業サービスの販売手数料について、基本料金無料、月額固定費のある有料、ショッピングモール、に分類して比較調査してみました。 こんな方にお ...

STORESのスタンダードプランにおける決済手数料3.6%は、国内すべてのサービスと比較してもトップクラスに安いです。

BASEはHTMLの編集ができます

BASEはhtmlが編集できる

BASEは、HTML、CSSなどを自由に編集することができます。STORESは、HTMLなどの編集は一切できません。

そのため、BASEは有料テンプレートも販売されていて、制作代行を請負う業者なども存在します。上級者であれば、作り込んだネットショップ制作もできます。

STORESの場合には、有料テンプレートも制作代行業者も存在しません。初心者でもプロ仕様のホームページを作れる仕様にしたそうです。

BASE(無料会員登録はこちら)

今時店長
HTML編集が必要であればBASEを選びましょう。無料テンプレートのクオリティに関しては、有料テンプレートが存在しないSTORESの方が上だと感じました。

STORESは実用性の高い販売機能が搭載されている

アパレル・ファッション

長年アパレル系ネットショップをメインで運営してきた経験でいうと、STORESは実用性の高い販売機能が搭載されていると感じました。

STORESのまとめ販売はとくに秀逸

STORESのまとめ販売・セット販売のサンプル

STORESの機能でとくに秀逸だと感じたのは”まとめ販売”の機能です。BASEには、まとめ販売の機能はありません。

2個購入で10%OFF

まとめ販売の機能をつかえば、アパレルショップなどでよくみかける、2BUY(二点購入で割引)、3BUY(三点購入で割引)、セット販売をネットショップでもそのまま再現することができます。

STORESは予約販売も一年先まで設定できる

STORES予約販売は期間が長い

もう一つ、STORESは実用性が高いと感じるのは予約販売の機能です。

BASEは、先行予約は8週間先までしか設定できませんが、STORESの場合には当月を含めた12ヶ月先まで設定することができます。

新作予約などで利用する際には、8週間だとギリギリの場合もありますが、12ヶ月先まで設定できるならば他店よりも早く先行予約を受注することもできます。

STORES(無料会員登録はこちら)

今なら最大20,000円戻ってくる!3/1日まで
今時店長
実際にネットショップを運営していると、STORESの販売機能の凄さがわかります。メルマガも使いやすいですよ。

BASEは受注販売機能がついている

今時店長オリジナルのTシャツ

BASEには、オリジナルデザインのTシャツ、スマホケース、キーホルダー、アクセサリーなどを受注生産で販売する機能がついています。

実際に注文が入ったら、管理画面から発注すると工場で生産したのち梱包されてエンドユーザーに届きます。あとは、売上金から商品原価を差し引きして振込がされます。

受注生産なので、仕入資金0円で誰でも販売をはじめることができます。

BASE(無料会員登録はこちら)

今時店長
個人が趣味や副業ではじめるのにも面白いサービスですね。仕入資金0円、出店料0円なので一切リスクはありません。

STORESは無形商品も販売できる

STORESで電子チケットの販売

STORESは、役務(労働などによるつとめ)を含む無形商品の販売をすることもできます。※長期的な役務の販売は禁止されています。

BASEも無形商材の販売はできますが、金融系情報商材などは販売できません。

STORESの場合には、金融系情報商材はもちろん、セミナー、レンタル業務、音楽ライブ、教室、習い事、占い、など、BASEよりも幅広いジャンルの無形商材を販売することができます。

電子チケットの機能もあるため、自己主催のイベントを開催する際にも、紙不要で入場手続きもスムーズに進めることができます。

STORES(無料会員登録はこちら)

今なら最大20,000円戻ってくる!3/1日まで
今時店長
無形商品が販売出来るサービスは意外と少ないです。電子チケットは0円でも出品できるので、興味のある方はぜひ利用してみよう。

いまどき店長の推奨サービス

今時店長

今回は、無料ネットショップ作成サービスで人気を二分している、BASE(ベイス)とSTORES(ストアーズ)について徹底比較してみました。

個人的には”STORES”を推薦します

実際に利用してみた上で、アパレルショップを本業ではじめると仮定した場合には、個人的には「STORES」を利用します。

STORESの方が販売機能が好みだったという点もありますが、最大の決めては決済手数料の安さでこれにまさる選択要素は存在しません。

もちろん「BASE」にも魅力的な部分はたくさんあります。HTML編集が必要な場合。初心者が受注販売をはじめる場合にも、こちらのサービスがオススメです。

というわけで今回はここまで。
また新しい情報などあれば更新していきます。

今イチオシの無料サービス

今時店長
2019年7月に「STORES」は大幅改変されました。無料会員にもレイアウト機能全開放!決済手数料も業界最安値クラスで申し分ありません。

今月の入会特典のあるサービス

  • STORES|最大20,000円キャッシュバックキャンペーン!4ヶ月間手数料無料 申し込み対象期間:2020年3月1日まで
  • エックスサーバー|新規サーバー申込みでドメイン代金がずっと無料!(他サービスからの移管もOK)申込対象期間:2020年4月30日まで

おすすめ記事

無料ネットショップ 1

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、基本料金無料(タダ)で出店できる、ネットショップ作成サービスのについて、人気の傾向や料金や解説したのち、おすすめサービスをご紹介します。 こんな方にお ...

商品仕入れ 2

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、ネットショップの商品仕入れについてご紹介します。 個人が趣味や副業でも挑戦できるアイデアから、さらに本業として商品を仕入れるための基礎知識から具体的な ...

ハンドメイド販売 3

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、ハンドメイド・手作り・クラフト作品の方法について、ネット通販業界歴10年以上の経験をもとに、最適な販売方法について解説します。 こんな方にオススメの記 ...

オリジナルTシャツの販売 4

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、自作のデザインを在庫リスクなしで販売できるサービスをご紹介します。 こんな方におすすめの記事 資金は無いけどオリジナル商品を販売したい方。 YouTu ...

確定申告 5

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、ネットショップを開業している個人事業主の方におすすめしたい、三大クラウド会計ソフト(やよい、マネーフォワード、フリー)について無料で使える範囲について ...

-無料ネットショップ, 人気サービスを比較
-,

Copyright© いまどきのネットショップ開業講座 , 2020 All Rights Reserved.