レンタルサーバー

ネットサービス

【法人向け】ビジネスに最適なレンタルサーバーの選び方[予算別おすすめサービス・個人向けとの違いを解説]

今時店長
皆さんこんにちは、今時店長です。

今回は、法人向けのレンタルサーバーの選び方と、自分も利用しているおすすめサービスについてご紹介します。

10年以上前のWEB制作会社時代から通算して200サイト以上、主要なレンタルサーバーの大部分を利用してきた経験をもとに解説しています。

基礎知識

レンタルサーバーの種類は全部で4種類

レンタルサーバー

レンタルサーバーは、共有サーバー、専用サーバー、VPS(仮想専用サーバー)、クラウドサーバーの4種類に分類できます。

共有サーバー
専用サーバー
VPS/クラウド
利用状況
共有
占有
仮想占有
料金
安い
高い
中間
安定性
普通
高い
高い
自由度
低い
高い
高い
必要スキル
初級者~
中級者~上級者
中級者~上級者

共有サーバーはをたとえると「シェアハウス」です。1つのサーバーを複数人で共有します。料金は安いですが、安定感や自由度は他のタイプより劣ります。

専用サーバーは「一軒家」です、費用は高いですが、住人は自分だけなので居心地は申し分ありません。

VPS(Virtual Private Server)/クラウドは共有サーバーを仮想的に切り分けた「マンション」タイプです。一軒家よりも費用は抑えて安定感と自由が提供されます。

VPSとクラウドの違いは、どちらも仮想サーバーを利用したもので明確な違いの定義はありません。使う側としては、VPSは固定金額、クラウドは従量課金(アクセス分だけお金が掛かる)という料金体系の違いを把握しておきましょう。

--レンタルサーバーの使いみちで判断すればOK。

レンタルサーバー

少しややこしく説明しましたが、結論としては使いみちで選べば問題ありません。

共有サーバー
  • 小規模~中規模の企業サイト・ネットショップ
  • 店舗のホームページ
  • 個人、企業のブログ
専用サーバー
  • 大規模な企業サイト・ネットショップ
  • ネットゲーム、ネットサービス
  • メールサーバー、グループウェア

続けて、小~中規模の企業サイトにも最適な共有サーバーについて解説しています。

--個人向けと法人向けレンタルサーバーの違いとは!?

ビジネス

あくまでも事業者が「法人向け」に最適化したレンタルサーバーというだけで明確な定義などはありません。個人向けを法人が利用しても問題ありません。

エックスサーバーの通常版・ビジネスサーバーの違いを調査

国内NO.1の利用シェアを誇る、エックスサーバーの「通常版」と、法人向けの「ビジネス」を比較してみました。

項目/名称
エックスサーバー(X10)
ビジネス(B10)
エックスサーバーエックスサーバービジネス
初期費用
3,000円
15,000円
月額費用
900円~
3,420円~
ディスクスペース(SSD)
200GB
200GB
無料独自SSL
無料
無料
自動バックアップ
管理ユーザー設定
MySQL
50個
無制限
Web改ざん検知
セコムセキュリティ診断
公式サイト

--違う部分だけ抜き出すと下記のとおりです。

  • アクセス耐性、表示速度の強化。
  • セキュリティ面での強化。
  • 管理ユーザー設定が使える。※複数ユーザー利用。
  • MySQLが無制限で使える。

エックスサーバーに限らず、法人向けと個人向けサービスの違いは「アクセス耐性」と「セキュリティ面の強化」です。

続けて、上記の比較だけでわからない部分について解説していきます。

--通常版の方がアクセス制限のリスクは大きい。

503エラー

共用サーバーでは、WEBサイトにアクセスが集中した際に、他の利用者に迷惑が掛からないように「503エラー」でアクセス制限が掛けられることがあります。

--アクセス制限の発生する転送量の目安は一緒です。

エックスサーバー転送制限

エックスサーバーのアクセス制限が発生する転送量の目安は上記のとおりです。1ページ2Mで計算すると、75,000PV/日くらいは耐えられる計算になります。

エックスサーバービジネス(B10.B20.B30)転送量の目安

この転送量の目安ですが、通常版でもビジネス版(上画像)でも変りありません。通常版のX10プラン=ビジネス版のB10プランという形で共通しています。

--ビジネスと違いがでるのは同時接続数での耐性です。

エックスサーバーでのアクセス制限

転送量は目安に満たない場合でも、同時アクセスでサーバーに負荷が掛かりすぎると、サイトにアクセスできなくなります。明確な基準は公表されていません。

個人的には、エックスサーバーの通常版を利用した場合、同時アクセス数1,000人あたりでアクセス制限を掛けられる印象があります。もちろん、それ以下でも掛けられる事もあれば、それ以上でも掛からない場合もあります。

ちなみに、エックスサーバーは他社と比較しても同時アクセスに強いです。他社サービスですがは、同時接続200程度でもアクセス制限を掛けられた事もあります。

--同時接続数に制限を掛けられてしまう場合もある。

エックスサーバーにて同時アクセス数の制限を掛けられる

また、頻繁に大量のアクセスによりサーバーに負担を掛けると、同時接続数に制限を掛けられてしまう場合もあります。

エックスサーバーのアクセス制限

一度アクセス制限を掛けられると、何かしらの対策をして認められないと制限は解除されません、解除も段階的なのでなにかと面倒です。

同時アクセス数の状況に応じて、共通サーバー→法人向け共通サーバー→クラウド型→VPS→専用サーバーという形で利用を検討していけばいいですね。

今時店長
当サイトは、「wpX Speed」という、WordPressに最適化されたクラウド型のレンタルサーバーを利用しています。

--ビジネスの機械的損出を防ぐならば法人向けサーバーを推奨。

テレビ・雑誌

お店や商品が、テレビ、雑誌、インフルエンサーのSNSなどでピックアップされて、突発的にWEBサイトのアクセスが集中することはよくあります。

エックスサーバービジネス

上画像は「Xserver Business」のWEBサイトです。通常版よりも、アクセス耐性と表示速度をセールスポイントにしていることがよくわかります。

--色々と説明してきたが、実際に利用してみないとサービスの良し悪しは判断できない。

そんな法人向けのレンタルサーバー選びですが、実際に利用してみないとサービスの良し悪しなどの判断は難しいです。

また、以前は、速度が早くてサポートも充実していたのに、利用者が増えてサービスが劣化してしまったものなどもあります。

そこで、実際に主要なレンタルサーバーを利用してきた経験をもとに、本当におすすめできるビジネス用途のレンタルサーバーをご紹介します。

おすすめの法人向けレンタルサーバー

予算にあわせて二つのサービスをご紹介

ビジネス

予算にあわせて二つのサービスをピックアップしてみました。

エックスサーバーに関しては、通常版もビジネス用途に幅広く利用されています。

続けて、上記二つのサービスについて詳しく解説していきます。

CPI[予算に余裕があるならばこちら]

CPIレンタルサーバー
サービス名称

CPI
運営事業者

KDDI株式会社
初期費用

0円※~
月額費用

3,800円(税抜)※~

※共有レンタルサーバーで12ヶ月(一年)契約時の場合です。

--法人利用率90%以上KDDIグループの信頼感のあるサービス。

KDDIグループ企業が運営している、ビジネス向けのレンタルサーバーです。法人の利用率90%以上、ビジネス用途での信頼性の高さがよくわかります。

--CPIの最大の魅力はサーバーが安定していることです。

もう10年以上前、私がWEB制作会社に勤めている頃から、安定感には定評がありましたが年々アップデートしてさらに強化されています。また、万が一、落ちた場合の復旧も他社よりも早いです。

--国産SSLサーバー証明書が1ドメイン分無料で使える。

CPIレンタルサーバーの機能

24時間電話サポート、自動バックアップなど。ビジネス用途に必須な機能は全て標準登載です。SSLに関しては、CPIが独自に提供する国産SSLが1ドメイン分を無料で利用できます。

CPIレンタルサーバー(10日間無料体験)

今時店長
2019年登場の新しいシェアードプラン「SV-Basic」で最大84%パフォーマンスが向上、ますます安定性が向上しています。

エックスサーバー[費用をおさえるならばこちら]

エックスサーバー
サービス名称

エックスサーバー
運営事業者

エックスサーバー株式会社
初期費用

3,000円(税抜)
月額費用

900円(税抜)~

--国内NO.1のシェアを誇るサービス。

エックスサーバーは国内NO.1の利用シェアを誇るサービスです。個人はもちろん、商用サイトの運営まで幅広く利用されています。

--個人的にも10年以上利用し続けています。

2010年頃、それまで定番だった「ロリポップ」、「さくら」の格安プランを利用して「重い」と感じたユーザーの多くが、少し高いけど早いと評判の「エックスサーバー」に移転しました。個人的にも10年以上エックスサーバーを利用しています。

--ビジネスサイトに必要が揃っている。

エックスサーバー

無料独自SSL、自動バックアップ、24時間365日サポート、WAF、など。ビジネス用途に必要な機能は全て標準搭載されています。Web改ざん検知、セコムセキュリティ診断が必要な場合には「Xserver Business」を利用しましょう。

エックスサーバー(10日間無料体験)

今時店長
費用をおさえて法人向けサイトを作るならば一択です。管理画面は、これまで利用してきた全サービスで一番使いやすいです。

今回のまとめ

今時店長

今回は、法人向けのレンタルサーバーの選び方と、自分も利用しているおすすめサービスについてご紹介しました。

法人向けレンタルサーバーのメリット

  • 突発的なアクセスにも耐えられる。
  • セキュリティ面が充実している。

上記があれば、ビジネスの機械的損出を防ぐことにもつながります。

法人向けのおすすめレンタルサーバー

エックサーバーに関しては、通常版もビジネス用途に幅広く利用されています。

というわけで今回はここまで。
また新しい情報などあれば更新していきます。

今月の入会特典のあるサービス

  • MakeShop|新規契約&AmazonPay導入で最大2万円戻る 4/30日まで
  • ペライチ|決済オプション3ヶ月無償利用可能 4/30日16:00まで

おすすめ記事

無料ネットショップ 1

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、基本料金無料(タダ)で出店できる、ネットショップ作成サービスのについて、人気の傾向や料金や解説したのち、おすすめサービスをご紹介します。 こんな方にお ...

商品仕入れ 2

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、ネットショップの商品仕入れについてご紹介します。 個人が趣味や副業でも挑戦できるアイデアから、さらに本業として商品を仕入れるための基礎知識から具体的な ...

ハンドメイド販売 3

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、ハンドメイド・手作り・クラフト作品の方法について、ネット通販業界歴10年以上の経験をもとに、最適な販売方法について解説します。 こんな方にオススメの記 ...

オリジナルTシャツの販売 4

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、自作のデザインを在庫リスクなしで販売できるサービスをご紹介します。 こんな方におすすめの記事 資金は無いけどオリジナル商品を販売したい方。 YouTu ...

確定申告 5

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、ネットショップを開業している個人事業主の方におすすめしたい、三大クラウド会計ソフト(やよい、マネーフォワード、フリー)について無料で使える範囲について ...

-ネットサービス

Copyright© いまどきのネットショップ開業講座 , 2020 All Rights Reserved.