ネットショップの作り方がわかる!開店・開業を考えている方向けのECショップ(ショッピングカート・買い物カゴ・作成ツールASP)制作・運営支援サイトです。

ネットショップ専用の銀行口座を作ろう[おすすめネットバンク]

ネットショップだけの専用口座を作りましょう

ネットショップを開業した際には、ネットショップだけの専用の銀行口座を作りましょう。個人の口座と混合すると、お客様からの入金確認の漏れなどが発生する可能性も高くなります。会計処理に関しても事業用と家庭用の収支を分類するなど手間が増えるため、確定申告が必要になった際に後悔することになりかねません。現在、手持ちの個人口座で運営している方は早い段階でネットショップ専用の銀行口座に切替えましょう。

ネットショップの銀行口座を作る前の確認事項

その1.
屋号入り銀行口座を準備しましょう

屋号とはネットショップの店名です。屋号名は法人の場合には会社名、個人事業主の場合にはショップ名+個人名」を入れるのが一般的です。個人名義よりも格段に振込の際の安心感は高くなります。高額商品・信頼感が必要な商材などを販売する際には必ず準備しましょう。

その2.
地方銀行だけなく利用者数の多い金融機関の口座を用意しよう

ネットショップは全国のユーザーに対するビジネスなので、地方銀行や信用金庫など利用者数の少ない金融機関だけを用意することはおすすめできません。全国的に利用者数の多い「ジャパンネット銀行 」、「楽天銀行」などの銀行口座があれば、お客様にとって振込手数料が安くなるという大きなメリットがあります。振込手数料は商品代金と同等ですので、一行だけでなく複数の金融機関の銀行口座を準備してあるのが理想的です。

定番のネットバンク(法人・個人事業主・屋号口座OKなもの)

ジャパンネット銀行
法人・個人事業主の屋号口座OK!ネットショップでの運用実績が高い!

国内ネットショップでトップクラスの運用実績を誇るサービス。法人・個人事業主を対象に、与信審査なし、決算書底質不要、永年年会費無料でVISAデビットカードが付帯したビジネス用口座を開設することができます。法人は法人名義、個人事業主は屋号付個人名義での口座開設となります。インターネットを介して365日24時間いつでも残高確認や振込ができます。詳細はこちら:ネットショップを開くなら、まずはジャパンネット銀行の口座を開設。

Yahoo!関連サービスに出店する際には必須レベル!?

ジャパンネット銀行はYahoo!Japanと提携したポイント還元などのキャンペーンを実施しているので、Yahoo!会員にとってメリットの多い銀行口座です。そのため、ヤフオク!、Yahoo!ショッピングに出店している多くの店舗がジャパンネット銀行口座を利用しています。Yahoo!関連サービスを利用するユーザーにとっては、口座の準備がないと不便に感じるかもしれません。


楽天銀行
法人・個人事業主の屋号口座OK!

旧イーバンク銀行のことで2010年5月より「楽天銀行」に改名されました。ネット銀行としては口座数はNO.1を誇るサービスです。法人、個人事業主ともに屋号入りの口座を作ることができます。法人口座は一般用の申し込み窓口の他に「楽天市場出店店舗専用」の申し込みページが用意されています。個人事業主の方が屋号入の口座を開設するには、先に個人口座を開設してから「個人ビジネス口座開設申込」が必要なため、個人口座をもっていない場合には若干時間が掛かります。詳細はこちら:楽天銀行

街の金融機関での法人・個人事業主による銀行口座の開設方法

都市銀行・地方銀行での屋号入り銀行口座の開設方法

都市銀行、地方銀行での屋号入り銀行口座の開設は、ほぼ窓口でのみ受付をしています。必要な物は「本人確認書類」「印鑑」「開業届」と実際に事業をしていることを確認するための資料なども必要になります。ネットショップの場合にはURLを伝えたり、ネットショップをプリントアウトして持参する方法などが取られます。地方銀行の場合には、事業所に銀行員が訪問して確認する場合もあるそうです。この辺りの判断は各銀行ごとに異なるため、詳細は最寄りの銀行にて問合せてみましょう。口座開設までには2~3週間掛かるのが一般的のようです。

ゆうちょ銀行での屋号入り銀行口座の開設方法

ゆうちょ銀行では、町の寄り合い、サークル同好会などの会費の徴収などを名目として屋号での口座開設ができます。この口座は総合口座ではなく振替口座となります。振替口座は送金・決済を目的としており通帳も無く利子もつきませんが、ネットショップでの決済用としても利用できます。振替口座を作るために持参する物は「開業届※屋号が記載されていること」「印鑑」「本人確認書類」の3つです。本来の利用目的上、会員規約や会員名簿などが必要になる場合もあるようですが窓口により対応が異なるようなので詳細は問合せてみましょう。

ゆうちょ銀行は屋号だけの口座が取得できる
余談ですが、ゆうちょ銀行のみ「屋号」だけでの口座開設ができるため、匿名で口座を持ちたい個人事業主の方に支持されています。都市銀行、地方銀行、ネット銀行は「屋号」だけでなく「個人名」も加えた「屋号+個人名」が口座名義となります。

法人名義の銀行口座の準備ができたら合わせて準備しておきたいもの

1.個人事業主向け法人カードも準備しましょう

法人名義の口座が準備ができたら、「三井住友ビジネスカード」などに代表される、法人名義の銀行口座から引落しできるビジネス用のクレジットカードも合わせて準備しておきましょう。法人カードは事業に必要な経費(備品の仕入、公共料金、ガソリン代など)の支払いに利用します。銀行振込のように手数料は掛からないのでお得です、さらに決済履歴もクレジットカードの明細にのこるので経費の管理も楽になります。

ビジネスカードなら三井住友ビジネスカードがおすすめ!
三井住友カードの個人事業者および法人代表者向けのビジネスカード。世界一の加盟店数を誇る「VISA」なので国内はもちろん海外でも幅広く利用できる。ショッピング補償、旅行傷害保険などが自動付帯。さらにビジネスをサポートしてくれる各種サービスも豊富に用意されています。さらに詳しく:三井住友ビジネスカード

2.クラウド型の会計ソフトに確定申告はおまかせ
個人的にも利用していますが確定申告ではもはや欠かせないツール!

事業用に法人口座と法人カードを準備したら、クラウド型の会計ソフトを導入してみましょう。「MFクラウド確定申告※開発元のマネーフォワードは2017年9月29日に東証一部上場」などのクラウド型の会計ソフトは、インターネットを通じて銀行口座の残高やクレジットカードの取引履歴を自動でデータを取り込むことができます。ネット環境さえあればどこでも利用可能であり、パソコンが壊れてもデータが消える心配もありません。年一回の確定申告には個人的には欠かせないサービスです。さらに詳しく:MFクラウド確定申告

話題のサービス(お得なキャンペーンなどをご紹介)

Wowma!(旧Denaショッピング)
0円出店キャンペーンを開催中!

2017年春に新しくリニューアルしたKDDI運営のショッピングモールWowma!(ワウマ)にて”入会金と月会費が0円になるキャンペーンがスタート”しました。「au携帯」、「auひかり」などau関連サービスで貯めた「au WALLETポイント」の使い道としてマーケットの拡大に期待ができます。まだライバルの少ない今がチャンス!多店舗展開の一つとしてもおすすめです。詳細はこちら:Wowma!(ワウマ)

特集記事(ネットショップの開業・運営に関係する特集記事)

オープンまでの7つのステップを解説
2017年度版・ネットショップの始め方!

2017年、業界の動向なども踏まえて、ネットショップを開業するまでの流れをまとめてみました。商品の仕入から必要な備品や環境づくり、主要なネットショップの出店方法とその特徴、無料でも実践できる集客方法などの情報をまとめてご紹介します。>>続きはこちら

いま話題の無料ネットショップサービスをご紹介

あなたはネットショップを無料で開業できることをご存知ですか?「」に代表される無料ネットショップサービスでは、資金ゼロで専門的な知識がなくても手軽にネットショップを開業できます。>>続きはこちら

商材探しから仕入方法までを解説

ネットショップを開業したいという漠然としたイメージはあるが、商材が見つからないという方も多いようです。今回はネットショップで販売する商品を見つける基本的な仕入れ方法をいくつかご紹介します。>>続きはこちら

注目のサービス!(自分で簡単にホームページが作れるサービス)

月額1,000円で本格的なサイトが作れる!
飲食店、美容院など商用目的のサイト作成なら”グーペ”でキマリ!

いま、初心者でも簡単に飲食店、美容院、エステサロンなどビジネス向けのホームページが作れると話題なのが「グーペ」というサービスです。主に商用利用を中心に国内での利用者数は50,000以上!店舗運営に必要な、メニュー登録、スタッフ紹介、フォトアルバム、カレンダー、メールマガジン、予約機能、なども基本機能として利用できます。お店のホームページが欲しいという方はぜひチェックしてみましょう。さらに詳しく:グーペ

ネットショップ開業

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

流通総額4年連続NO.1達成

無料でネットショップをはじめてみよう!

当サイト推薦の無料サービス!

定番のインターネット仕入れサイト

国内最大級の仕入れサイト!登録無料!

▼ICHIOKU.NET(アパレル仕入れの定番)
私の知る限りアパレル関連ではここより商品点数が豊富なサイトは知りません。仕入れだけでなく商品の制作先を探すこともできる。
PAGETOP
Copyright © いまどきのネットショップ開業講座 All Rights Reserved.