STORESとSquareを徹底比較

人気サービスを比較

【無料EC】STORES×Squareオンラインビジネスを徹底比較!手数料・デザイン・機能の違いを解説

今時店長
皆さんこんにちは、今時店長です。

今回は、無料で使えるネットショップ作成ツールの「STORES(ストアーズ)」と「Square(スクエア)オンライビジネス」について比較してみました。

これからネットショップを開業する方。二つのサービスの違いについて知りたい方は、ぜひコチラの記事を参考にしてみてください。

基本情報を比較(初期費用・月額固定費用)

基本的な情報を比較してみました

STORES
Square (スクエア オンラインビジネス)
STORES
Square オンラインビジネス
運営事業者
ストアーズ・ドット・ジェーピー株式会社
Square株式会社
初期費用
無料
無料
月額費用
2つのプラン
フリー:無料
スタンダード:1,980円
4つのプラン
無料プラン:0円
プロフェッショナル:1,200円
パフォーマンス:2,500円
プレミアム:6,000円
商品登録数
無制限
無制限
独自ドメイン
スタンダードプランで利用可能
プロフェッショナルプラン以上で利用可能
常時SSL化
対応済み
対応済み
備考欄
独自ドメインは、スタンダードプラン契約で無料提供されます。独自ドメインの他社サービスからの持ち込み、持ち出しはできません。 無料プランは最大容量500Mという制限があります。独自ドメインはプロフェッショナルプラン以上で利用可能、他社で取得したものでも利用できます。

※指定のない料金は税抜です。

どちらも無料のほかに有料プランがあります。

STORESは、有料プランにすると、アクセス解析が使える、決済手数料が安くなる、独自ドメインが無料貸与されます。

Squareは、プロフェッショナルで、広告非表示、容量無制限、独自ドメインも利用できるようになります。パフォーマンス以上でレビュー機能などが開放されます。

Squareは最大容量500MBの制限がある。

Squareの無料プランは最大500MBという制限があります。商品登録数は無制限ですが、実質的には制限があると考えた方がいいですね。

Squareは実店舗と在庫連動もできる。

SquarePOSも無料で使える

Squareは、同じアカウントで実店舗のモバイル決済サービスも導入できます。もちろん、オンライン(ネットショップ)だけの利用でも問題ありません。

STORESも「STORES 決済(旧名:STORESターミナル、コイニー)」という、店舗向けモバイル決済サービスがありますが、こちらは連携できない別サービスです。

さらに”Square”は実店舗と在庫や売上の連動もできる。

Squareは実店舗とネットショップで在庫連動できる。

Squareは、店頭販売でのモバイル決済にPOSレジアプリがついているので、ネットショップの在庫と連動することもできます。

どちらから申込みしても同じです。1アカウントを店舗とネットで使えます。

今時店長
実店舗のモバイル決済も導入するなら「Square」は一度試してほしいサービスです。実店舗と売上も在庫も一元管理できます。

決済手数料を比較

一番利用頻度の高いクレジットカード決済を比較

クレジットカード チャージバック

ネットショップの買物で一番利用頻度の高い、クレジットカードの決済手数料をベースに比較していきます。

Squareの方が決済手数料は安い。

STORES
Square オンラインビジネス
2つのプラン
フリー:5%
スタンダード:3.6%
参照元
4つのプラン
無料プラン:3.6%
プロフェッショナル:3.6%
パフォーマンス:3.6%
プレミアム:3.3%

どちらも、無料プランは、初期費用、固定費無料です。売れた場合のクレジットカード決済の手数料は上記の通りです。

Squareは、無料のプランでも業界最安値水準の3.6%と決済手数料は安いです。決済手数料だけでみると、Squareの方が安いと言えそうですね。

Squareの方が入金サイクルも早くて振込手数料も安い。

STORES
Square オンラインビジネス
月末締めの翌月末払い
スピードキャッシュ
最短翌日入金
手数料:フリー:3.5%
手数料:スタンダード:1.5%
参照元
三井住友銀行
みずほ銀行

最短翌日
それ以外の銀行
水曜日締め
同週金曜日振込 参照元

振込手数料は下記の通りです。

STORES
Square オンラインビジネス
振込手数料
一律250円
事務手数料
2万円未満は500円
2万円以上は0円 参照元
無料

Square(無料ネットショップ作成はこちら)

入金サイクルも早くて振込手数料は無料。Squareの決済が魅力的なのは間違いありません。資金繰りは、STORESよりも円滑にできます。

ただし、Squareはクレジットカード決済しか使えない。

STORES
Square オンラインビジネス
クレジットカード
コンビニ決済
銀行振込
後払い決済
キャリア決済
代金引換
◯※
Amazon Pay
◯※
楽天ペイ決済
PayPay(ペイペイ)
PayPal(ペイパル)
◯※
Stripe
Square
Google Pay
Apple Pay
備考欄
※Amazon Pay(法人限定)、代金引換、はスタンダードプラン限定です。決済手数料は、AmazonPayの一律4%、代金引換、をのぞき全て共通です。オンラインビジネスで使えるのは、VISA、MasterCard、American Express、のクレジットカードだけです。※PayPalはパフォーマンスプラン以上で利用できます。

STORESの決済手段はとても充実しています。一般的に使われる決済に加えて、楽天ペイ、Amazon Payまで導入できるのがいいですね。

一方、Squareはあきらかに決済手段が足りていません。クレジットカードが利用できないユーザーをフォローするような決済手段はほしいですね。

STORES(無料会員登録はこちら)

今時店長
本格的なネットショップを開業するなら、決済手段も充実した「STORES」が選択候補になりそうです。

デザイン面を比較

デザインの操作画面を比較

実際の操作画面の様子を掲載してみました。

STORESの店舗デザイン編集の様子。

上動画は、STORESのスマホ版での店舗デザインの様子です。初心者でも直感的に操作できるインターフェイスです。スマホでも十分使えます。

Square オンラインビジネスの編集画面の様子。

上動画は、SquareのPC版での店舗デザインの様子です。PC版は動画の通りとても使いやすいのですが、スマホ版は少し使いにくい部分もありました。

商品登録画面も比較してみました。

STORES
Square オンラインビジネス
STORESの商品登録画面
▲クリックで拡大
Square オンラインビジネスの商品登録画面
▲クリックで拡大

STORESの方が、細かな情報を登録できます。

初心者でも使いやすいのは”STORES”です。

どちらも簡単に操作できますが、より初心者向けきなのはSTORESだと感じました。とくに、スマホ版の編集画面はSTORESの方が使いやすいですね。

STORES(無料会員登録はこちら)

今時店長
Squareが決して使いにくいわけではありません。STORESと比較したら、現状では色々な部分で及ばないという印象です。

機能を比較(一覧表・注目機能)

両サービスの機能を比較してみました

検索結果

二つのサービスのネットショップに関する機能について比較してみました。

 
STORES
Square オンラインビジネス
送料詳細設定
クーポン発行
レビュー機能
◯※
ポイント機能
HTML編集
年齢制限
メールマガジン
パスワード保護
購入個数制限
予約販売
定期販売
まとめ販売
抽選販売
再入荷通知
レコメンド機能
フォローメール
オーダーメイド販売
ダウンロード販売
電子チケット販売
受注生産販売
複数配送先指定
英語表記
インスタ連携
Googleショッピング連携
アクセス解析
◯※
補足事項
STORES
※アクセス解析はスタンダードプラン限定です。
Square オンラインビジネス
※レビュー機能は、プロフェッショナル以上から利用できます。

機能面では圧倒的に”STORES”が充実している。

機能は圧倒的にSTORESの方が充実しています。Squareの機能が少ないようにみえますが、クーポン、レビューなど絶対に必要な機能は搭載されています。

STORES(無料会員登録はこちら)

今時店長
両者ともに共通して、無料プランでは本格的なネットショップはきびしいです。アクセス解析、レビュー機能はほしいですね。

今回のまとめ

今時店長

今回は、ネットショップ作成ツールの「Square」と「Square オンライビジネス」について比較してみました。

結論は、決済手数料は「Square」が魅力的。ただし、決済方法、機能面、デザイン面では「Square」の方がすぐれていると感じました。

実店舗のある方で、Square決済を導入している方は、とりあえず「Squareオンラインビジネス」をさわってみてください。

あわせてチェックしてほしい記事

個別に解説している記事もチェックしてみてください。

STORES(ストアーズ)
STORESのココを見て!他社より優れてる3つのポイント[実践レポートで基本性能や手数料などを解説]

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、STORES(ストアーズ)を実際に利用して、他社サービスよりも優れているポイントなどをメインに、サービスの基本性能や手数料などを解説します。 こんな方 ...

Squareオンラインビジネス
無料で使える”Square”ネットショップ機能を徹底解説!料金・機能・特徴など実際に利用した感想や評価までご紹介

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、初期費用・固定費無料で使える決済サービス「Square(スクエア)」の「オンラインビジネス」という機能について解説します。 Square決済の導入を検 ...

最後まで読んで頂きありがとうございました。
また新しい情報などあれば更新していきます。

今月の入会特典のあるサービス

  • BASE|新規開設2ヶ月間手数料無料!2020年12月31日まで
  • MakeShop|独自ドメイン無料プレゼントキャンペーン!11/30日まで
  • カラーミーショップ|今なら初期費用3,000円→0円!11月30日まで
  • エックスサーバー | ドメイン永久無料&初期費用0円!12/3日18:00まで

おすすめ記事

無料ネットショップ 1

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、基本料金無料(タダ)で出店できる、ネットショップ作成サービスのについて、人気の傾向や料金や解説したのち、おすすめサービスをご紹介します。 こんな方にお ...

商品仕入れ 2

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、ネットショップの商品仕入れについてご紹介します。 個人が趣味や副業でも挑戦できるアイデアから、さらに本業として商品を仕入れるための基礎知識から具体的な ...

ハンドメイド販売 3

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、ハンドメイド・手作り・クラフト作品の方法について、ネット通販業界歴10年以上の経験をもとに、最適な販売方法について解説します。 こんな方にオススメの記 ...

オリジナルTシャツの販売 4

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、自作のデザインを在庫リスクなしで販売できるサービスをご紹介します。 こんな方におすすめの記事 資金は無いけどオリジナル商品を販売したい方。 YouTu ...

確定申告 5

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、ネットショップを開業している個人事業主の方におすすめしたい、三大クラウド会計ソフト(やよい、マネーフォワード、フリー)について無料で使える範囲について ...

無料で実店舗とネットショップの在庫連動 6

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、初期費用、固定費無料で使える決済サービスの「Square」を利用した、実店舗とネットショップの在庫を連携する方法について解説します。 はじめに 実店舗 ...

FREE 7

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は「本当に無料で使えるの!?」と言いたくなるような、ホームページ作成サービスだけを厳選してご紹介します。 無料サービスは広告が目立ちすぎて使えない・・。そ ...

小規模事業者 8

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、ネットショップ開業・出店に使える補助金制度についてまとめてみました。これから開業する予定のある方は、ぜひチェックしてみてください。 はじめに 補助金制 ...

オリジナルマスク 9

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、オリジナルデザインのマスクを無在庫で販売する方法について解説します。正しいマスク販売について興味のある方は、ぜひこちらの記事をチェックしてみてください ...

イタリア・アパレル仕入れ方法を聞いてみた 10

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、日本でも人気のある「メイド・イン・イタリー」の仕入れ方法について、現地バイヤーの方にお話を聞く機会がありましたのでご紹介します。 販売業者の方はもちろ ...

-人気サービスを比較
-,

© 2020 いまどきのネットショップ開業講座