Airペイと楽天ペイを徹底比較

店舗向けモバイル決済

Airペイ× 楽天ペイを徹底比較!要確認はPOSレジと入金サイクル!?決済手数料・特徴までわかりやすく解説

今時店長
皆さんこんにちは、今時店長です。

今回は、スマホ又はタブレットとネット環境さえあれば使える、Airペイ、楽天ペイという二つのモバイル決済サービスを徹底比較してみました。

これから、スマホ・モバイル決済の導入を予定している方で、二つのサービスで違いを知りたいという方は、ぜひコチラの記事を参考にしてください。

比較一覧表

Airペイ × 楽天ペイの比較一覧表

AirPAY(エアペイ)
楽天ペイ
サービス名称
運営事業者
株式会社リクルートライフスタイル
楽天ペイメント株式会社
カードリーダー
Airペイ決済端末
18,334円(税別)
0円スタートキャンペーン開催中
Airペイ
本人認証:暗証番号又はサイン
楽天ペイ決済端末
19,800円(税込)
0円キャッシュレス導入CP開催
楽天ペイ
本人認証:暗証番号又はサイン
アプリ評価
(2.6)
2020/10時点
Google Play:-
App Store:2.6/5.0(198)
(3.3)
2020/10時点
導入までの日数
通常1~2週間
3~4営業日
初期費用
無料
無料
月額費用
無料
無料
決済手数料
3.24%~3.74%
3.24%~3.74%












VISA
3.24%
3.24%
MasterCard
3.24%
3.24%
JCB
3.74%
3.74%
AMEX
3.24%
3.24%
Diners Club
3.74%
3.74%
Discover
3.74%
3.74%
銀聯
3.74%
支払回数
1回払いのみ
1回払いのみ



電子マネー
3.24%
交通系電子マネー
3.74%
iD, QUICPay, UnionPay(銀聯)
参照元
3.24%
交通系電子マネー, 楽天Edy, nanaco, WAON
3.74%
iD, QUICPay
参照元
QRコード
3.24%
d払い, PayPay, LINE Pay, au PAY, J-Coin Pay, Alipay Connec, WeChat Pay, 銀聯QR
3.24%
楽天ペイ, auPAY, WeChat PAY, Alipay, JKOPAY
ポイント
Tポイント、dポイント、Ponta、waonPOINT
オンライン決済
楽天ペイ(オンライン決済)は、別サービスと考えた方がよい。各ネットショップASP経由でも提携できます。
POSレジ
グループ企業提供の「Airレジ(無料)」に対応。
レジ機能はありません。外部連携できるサービス:スマレジ、ユビレジ、poscube、Bionly、POS+
入金サイクル
月6回、月3回
最短翌日
(楽天銀行)
入金手数料
無料
無料
(楽天銀行)
対応OS
iOS
iOS,Android
今時店長
どちらも決済端末は1種類だけです。Airペイは、Iosに対応していないので注意してください。

まず最初に確認したい事柄

決済手数料に大きな差はありません。

一番利用頻度の高いクレジットカード決済ですが、決済手数料は全く同じです。また、どちらも振込手数料も無料で共通しています。

今時店長
決済手数料に大きな差がないからこそ、このあと紹介する両者の違いが選択のポイントになると言えるでしょう。

ココが違う注目ポイント

一方にない”ココが違う”という特徴。

二つのサービスを比較したとき、ココが違うという特徴だけをまとめてみました。

Airペイの2つの注目ポイント

Airペイ
Airペイの基本情報を確認する。
サービス名称
Airペイ
カードリーダー
導入までの日数
通常1~2週間
運営事業者
株式会社リクルートライフスタイル
Airペイ決済端末
18,334円(税別)
0円スタートキャンペーン開催中
Airペイ
本人認証:暗証番号又はサイン
対応OS:iOS
初期費用
無料
月額費用
無料
決済手数料
3.24%~3.74%
振込手数料
無料
支払回数
1回払いのみ
入金サイクル
みずほ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行の振込口座が最大月6回、それ以外の銀行は月3回のお振り込みです。 詳細
POSレジ対応
グループ企業提供の「Airレジ(無料)」に対応。

※緑の文字は決済手数料です。

クレジットカード
3.24%
VISA, MasterCard,American Express
3.74%
JCB, Discover, Diners Club, UnionPay(銀聯)
電子マネー
3.24%
交通系電子マネー
3.74%
iD, QUICPay, UnionPay(銀聯)
参照元
QRコード決済
3.24%
d払い, PayPay, LINE Pay, au PAY, J-Coin Pay, Alipay Connec, WeChat Pay, 銀聯QR
ポイント
Tポイント、dポイント、Ponta、waonPOINT
オンライン決済

※交通系電子マネーとは(Suica, PASMO, Kitaca, toica, manaca, ICOCA, SUGOCA, nimoca, はやかけん)のことです。

Airペイは豊富な決済に対応している。

Airペイ最大のメリットは、クレジットカードはもちろん、電子マネー、QRコード決済、ポイントまで、35種類の決済に対応していることです。

楽天ペイも、中国系のQRコード決済に対応しているので、あくまでも、Airペイと比較した場合には対応数が少ないだけで不十分というわけではありません。

無料のPOSレジアプリ「Airレジ」が利用できる。

POSレジアプリでは利用店舗数第一位を誇る「Airレジ」と連携して利用することができます。

Airレジを使えば、注文の入力はもちろん、売上分析、在庫管理、顧客管理など。色々な店舗運営で便利な機能を使うことができます。

一方、楽天ペイにはレジ機能はありません。

必要に応じて外部サービス(スマレジ、ユビレジ)を導入できるのですが、Airレジのように完全無料サービスではありません。

\ 実質無料!0円スタートキャンペーン開催中

Airペイ(導入事例はこちら)

今時店長
決済手段の数はそこまで差はありませんが、POSレジの有無はそれなりに大きな選択要素になりそうですね。

楽天ペイの2つの注目ポイント

楽天ペイ
楽天ペイの基本情報を確認する。
サービス名称
楽天ペイ
カードリーダー
導入までの日数
3~4営業日
運営事業者
楽天ペイメント株式会社
楽天ペイ決済端末
19,800円(税込)
0円キャッシュレス導入CP開催
楽天ペイ
本人認証:暗証番号又はサイン
対応OS:iOS,Android
初期費用
無料
月額費用
無料
決済手数料
3.24%~3.74%
振込手数料
無料
(楽天銀行)
支払回数
1回払いのみ
入金サイクル
楽天銀行は自動で最短翌日、楽天銀行以外は入金依頼をすると最短翌営業日に入金されます。
POSレジ対応
レジ機能はありません。外部連携できるサービス:スマレジ、ユビレジ、poscube、Bionly、POS+

※緑の文字は決済手数料です。

クレジットカード
3.24%
VISA, MasterCard,American Express
3.74%
JCB, Discover, Diners Club
電子マネー
3.24%
交通系電子マネー, 楽天Edy, nanaco, WAON
3.74%
iD, QUICPay
参照元
QRコード決済
3.24%
楽天ペイ, auPAY, WeChat PAY, Alipay, JKOPAY
ポイント
オンライン決済
楽天ペイ(オンライン決済)は、別サービスと考えた方がよい。各ネットショップASP経由でも提携できます。

※交通系電子マネーとは(Suica, PASMO, Kitaca, toica, manaca, ICOCA, SUGOCA, nimoca, はやかけん)のことです。

入金サイクルが最短翌日で早い。

楽天ペイの入金サイクルは最短翌日です。個人事業主など小規模事業者はよく確認しておきたいポイントですね。

楽天ペイに対応している。

楽天ペイ導入の最大のメリットは、楽天ペイに対応していることです。楽天ペイ加盟店になると、楽天ペイのマップ上に店舗が掲載されます。

楽天ポイント累計発行2兆円

参照元:https://corp.rakuten.co.jp/news/press/2020/0924_01.html

2020年発表によると、楽天ポイントの累計発行数が2兆円を超えたそうです。楽天ポイントの使いみちとしても、それなりの集客効果が期待できます。

ちなみに、楽天ペイ経由で、楽天ポイント(期間限定も含む)、楽天キャッシュなども使えます。つまり、楽天関連で貯めたポイントも使えるというわけです。

\ 0円導入キャンペーン

楽天ペイ(導入事例はこちら)

今時店長
楽天ペイが導入できるのは、公式のモバイル決済だけです。集客面で考えると楽天関連の方が強い気がします。

今回のまとめ

今時店長

今回は、実店舗に格安で導入できる、Airペイ、楽天ペイ、という二つのモバイル決済を徹底比較してみました。

楽天経済圏のユーザーの集客を考えるなら「楽天ペイ」、それ以外であれば「Airペイ」という選択肢になりそうです。

あわせてチェックしてほしい記事

総合比較はこちらです。

スクエア
2020年版|厳選モバイル決済を徹底比較!口コミ評価・手数料の一覧表・おすすめサービスを紹介

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、スマホ、タブレットを利用した、店舗向けのモバイル決済(クレジットカード、電子マネー、QRコード決済)について厳選4社を徹底比較してみました。 厳選4社 ...

初心者でも簡単に作れるホームページ作成ツールです。

飲食店のホームページ
初心者でもプロ仕様!飲食店のホームページの作り方[必要性から掲載内容・制作のコツまで解説]

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、飲食店のホームページの作り方について解説します。 ホームページの必要性から、初心者でもプロ仕様のホームページが作れるサービス、最後は制作のコツについて ...

最後まで読んで頂きありがとうございました。
また新しい情報などあれば更新していきます。

今月の入会特典のあるサービス

  • BASE|新規開設2ヶ月間手数料無料!2020年12月31日まで
  • MakeShop|独自ドメイン無料プレゼントキャンペーン!11/30日まで
  • カラーミーショップ|今なら初期費用3,000円→0円!11月30日まで
  • エックスサーバー | ドメイン永久無料&初期費用0円!12/3日18:00まで

おすすめ記事

無料ネットショップ 1

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、基本料金無料(タダ)で出店できる、ネットショップ作成サービスのについて、人気の傾向や料金や解説したのち、おすすめサービスをご紹介します。 こんな方にお ...

商品仕入れ 2

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、ネットショップの商品仕入れについてご紹介します。 個人が趣味や副業でも挑戦できるアイデアから、さらに本業として商品を仕入れるための基礎知識から具体的な ...

ハンドメイド販売 3

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、ハンドメイド・手作り・クラフト作品の方法について、ネット通販業界歴10年以上の経験をもとに、最適な販売方法について解説します。 こんな方にオススメの記 ...

オリジナルTシャツの販売 4

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、自作のデザインを在庫リスクなしで販売できるサービスをご紹介します。 こんな方におすすめの記事 資金は無いけどオリジナル商品を販売したい方。 YouTu ...

確定申告 5

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、ネットショップを開業している個人事業主の方におすすめしたい、三大クラウド会計ソフト(やよい、マネーフォワード、フリー)について無料で使える範囲について ...

無料で実店舗とネットショップの在庫連動 6

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、初期費用、固定費無料で使える決済サービスの「Square」を利用した、実店舗とネットショップの在庫を連携する方法について解説します。 はじめに 実店舗 ...

FREE 7

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は「本当に無料で使えるの!?」と言いたくなるような、ホームページ作成サービスだけを厳選してご紹介します。 無料サービスは広告が目立ちすぎて使えない・・。そ ...

小規模事業者 8

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、ネットショップ開業・出店に使える補助金制度についてまとめてみました。これから開業する予定のある方は、ぜひチェックしてみてください。 はじめに 補助金制 ...

オリジナルマスク 9

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、オリジナルデザインのマスクを無在庫で販売する方法について解説します。正しいマスク販売について興味のある方は、ぜひこちらの記事をチェックしてみてください ...

イタリア・アパレル仕入れ方法を聞いてみた 10

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、日本でも人気のある「メイド・イン・イタリー」の仕入れ方法について、現地バイヤーの方にお話を聞く機会がありましたのでご紹介します。 販売業者の方はもちろ ...

-店舗向けモバイル決済

© 2020 いまどきのネットショップ開業講座