BASEとSquareを徹底比較

人気サービスを比較

無料ネットショップBASE×Squareを徹底比較!料金・デザイン・機能の違いをわかりやすく解説!

今時店長
皆さんこんにちは、今時店長です。

今回は、無料で使えるネットショップ作成ツールの「BASE(ベイス)」と「Square(スクエア)オンライビジネス」について比較してみました。

ネットショップの決済機能を、実店舗のレジと連携して使いたいと考えている方も、ぜひコチラの記事を参考にしてみてください。

基本情報を比較(初期費用・月額固定費用)

基本的な情報を比較してみました

BASE
Square (スクエア オンラインビジネス)
BASE
Square オンラインビジネス
運営事業者
BASE株式会社
Square株式会社
初期費用
無料
無料
月額費用
無料
4つのプラン
無料プラン:0円
プロフェッショナル:1,200円
パフォーマンス:2,500円
プレミアム:6,000円
商品登録数
無制限
無制限
独自ドメイン
利用可能※サブドメイン限定
プロフェッショナルプラン以上で利用可能
常時SSL化
対応済み
対応済み
備考欄
BASEロゴを非表示は別途500円/月。独自ドメインは他社サービスで取得したものを”サブドメイン”として利用できます。 無料プランは最大容量500Mという制限があります。独自ドメインはプロフェッショナルプラン以上で利用可能、他社で取得したものでも利用できます。

※指定のない料金は税抜です。

BASEは無料プランのみ、Squareは有料プランもあります。

BASEは、無料プラン限定です。

Squareも、無料プランから販売はできます。

プロフェッショナルで、広告非表示、容量無制限、独自ドメインも利用できるようになります。パフォーマンス以上でレビュー機能などが開放されます。

Squareは最大容量500MBの制限がある。

Squareの無料プランは最大500MBという制限があります。商品登録数は無制限ですが、実質的には制限があると考えた方がいいですね。

Squareは実店舗と在庫連動もできる。

SquarePOSも無料で使える

Squareは、実店舗のクレジットカード決済としても導入できます。初期費用、固定費はPOSレジアプリも含めて無料です。決済端末のみ購入が必要です。

Squareは実店舗とネットショップで在庫連動できる。

実店舗とネットで在庫の連携も可能です。お店で現金払いで売れたものを、POSレジアプリで登録すれば数分後にはネット在庫にも反映されます。※現金払いは手数料は掛かりません。

どちらから申込みしても同じです。1アカウントを店舗とネットで使えます。

BASEは審査不要で今すぐ販売ができる。

BASEは、クレジットカード決済を導入する際の審査がありません。つまり、今すぐにでもお店を出店して販売することができます。

Squareは、カード決済導入に審査があります。実際に申込みをしてみたところ、申込後に数秒程度で審査通過の連絡がきました。

\ 新規開設2ヶ月間手数料無料!2020年12月31日まで

BASE(無料会員登録はこちら)

今時店長
固定費無料で出店するなら「BASE」を推奨します。Squareの無料プランは、制限があるためお試し感覚ですね。

決済手数料を比較

一番利用頻度の高いクレジットカード決済を比較

クレジットカード チャージバック

ネットショップの買物で一番利用頻度の高い、クレジットカードの決済手数料をベースに比較していきます。

Squareの方が決済手数料は安い。

BASE
Square オンラインビジネス
6.6%+40円 参照元
4つのプラン
無料プラン:3.6%
プロフェッショナル:3.6%
パフォーマンス:3.6%
プレミアム:3.3%

BASEは、初期費用、固定費無料です。売れたときにだけ費用が発生します。

Squareも、初期プランは初期費用、固定費無料です。売れたときに3.6%の決済手数料が発生するだけです。Squareの方が、断然手数料は安いです。

ただし、Squareはクレジットカード決済しか使えない。

BASE
Square オンラインビジネス
クレジットカード
コンビニ決済
銀行振込
後払い決済
キャリア決済
代金引換
Amazon Pay
楽天ペイ決済
PayPay(ペイペイ)
PayPal(ペイパル)
◯※
Stripe
Square
Google Pay
Apple Pay
◯※
備考欄
※Apple Payは、ショッピングアプリBASEにて「ゲストとして購入」を選択時に、Apple PayにMasterCardが登録されていると使えます。決済手数料は全て共通です。オンラインビジネスで使えるのは、VISA、MasterCard、American Express、のクレジットカードだけです。※PayPalはパフォーマンスプラン以上で利用できます。

あきらかに、Squareは決済手段が足りない感じです。

一方、BASEはとても充実していますね。

Squareの方が入金サイクルは早い。

BASE
Square オンラインビジネス
振込申請から
10営業日(土日祝除く)
お急ぎ振込
最短翌日入金
手数料:1.5% 参照元
三井住友銀行
みずほ銀行

最短翌日
それ以外の銀行
水曜日締め
同週金曜日振込 参照元

振込手数料は下記の通りです。

BASE
Square オンラインビジネス
振込手数料
一律250円
事務手数料
2万円未満は500円
2万円以上は0円 参照元
無料

Squareは、入金サイクルが早いですね。ただし、BASEも決して遅いわけではありません。※他社サービスは1~2ヶ月サイクルもめずらしくありません。

Squareの決済手数料と入金サイクルは魅力的。

実店舗で使えて、決済手数料は業界最安値水準、入金サイクルも早くて振込手数料は無料。Square決済が魅力的なのは間違いありません。

Square(無料ネットショップ作成はこちら)

今時店長
Squareは、他にもメールで請求書を送付して、カード決済する機能などもあります。実店舗での決済にはもちろんおすすめですよ。

デザイン面を比較

デザインの操作画面を比較

実際の操作画面の様子を掲載してみました。

BASEのデザイン編集の様子。

まず最初は、BASEのデザイン編集画面の様子です。動画をみてもわかるとおり、初心者でも直感的に操作できるインターフェイスです。

BASEはhtmlが編集できる

BASEは、CSS、HTML、などソースを編集することもできます。テンプレートも豊富なので、上級者であればプロ仕様のネットショップも作ることができます。

Square オンラインビジネスの編集画面の様子。

Squareも、初心者でも簡単に操作できるインターフェイスです。ネットショップよりも、ホームページに近いページを作るのに最適だと感じました。

商品登録画面も比較してみました。

BASE
Square オンラインビジネス
BASEの商品登録画面
▲クリックで拡大
Square オンラインビジネスの商品登録画面
▲クリックで拡大

BASEの方が、より細かな情報まで登録することができます。

ネットショップの自由度が高いのは”BASE”です。

実際に二つのサービスを利用してみて、簡単に作れて自由度も高いのは「BASE」だと感じました。テンプレートの数なども圧倒的にBASEが充実しています。

\ 新規開設2ヶ月間手数料無料!2020年12月31日まで

BASE(無料会員登録はこちら)

今時店長
Squareが決して使いにくいわけではありません。海外発のホームページ制作ツールなのに、ヘルプまで充実しています。

機能を比較(一覧表・注目機能)

両サービスの機能を比較してみました

検索結果

二つのサービスのネットショップに関する機能について比較してみました。

 
BASE
Square オンラインビジネス
送料詳細設定
クーポン発行
レビュー機能
◯※
ポイント機能
HTML編集
年齢制限
メールマガジン
パスワード保護
購入個数制限
予約販売
定期販売
まとめ販売
抽選販売
再入荷通知
レコメンド機能
フォローメール
オーダーメイド販売
ダウンロード販売
電子チケット販売
受注生産販売
複数配送先指定
英語表記
インスタ連携
Googleショッピング連携
アクセス解析
補足事項
BASE
※すべての機能が制限なく利用できます。
Square オンラインビジネス
※レビュー機能は、プロフェッショナル以上から利用できます。

機能面では圧倒的にBASEが充実している。

ネットショップの機能面では圧倒的にBASEの方が充実しています。積極的に新しい機能も追加されているので、長期的に利用する場合にもおすすめです。

\ 新規開設2ヶ月間手数料無料!2020年12月31日まで

BASE(無料会員登録はこちら)

今時店長
BASEは、有料サービスと比較しても機能面は充実しています。抽選販売の機能などは有料サービスでもみかけません。

今回のまとめ

今時店長

今回は、ネットショップ作成ツールの「BASE」と「Square オンライビジネス」について比較してみました。

結論は、決済手数料は圧倒的に「Square」がお得。ただし、ネットショップの支払手段、機能面、デザイン面では「BASE」の方がすぐれているという感じです。

ネットショップの決済手段がクレジットカードだけで問題なければ、「Square」を選択すればコストは掛かりません。

あわせてチェックしてほしい記事

個別に解説している記事もチェックしてみてください。

BASE
BASEのココが凄い!初心者にもオススメしたい3つの理由[実践レポートで基本性能や手数料まで完全解説]

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、無料ネットショプ開業サービスのBASE(ベイス)について、実際に利用してみた経験をもとにサービスの内容や特徴(メリット)について解説します。 こんな方 ...

Squareオンラインビジネス
無料で使える”Square”ネットショップ機能を徹底解説!料金・機能・特徴など実際に利用した感想や評価までご紹介

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、初期費用・固定費無料で使える決済サービス「Square(スクエア)」の「オンラインビジネス」という機能について解説します。 Square決済の導入を検 ...

最後まで読んで頂きありがとうございました。
また新しい情報などあれば更新していきます。

今月の入会特典のあるサービス

  • BASE|新規開設2ヶ月間手数料無料!2020年12月31日まで
  • MakeShop|独自ドメイン無料プレゼントキャンペーン!11/30日まで
  • カラーミーショップ|今なら初期費用3,000円→0円!11月30日まで
  • エックスサーバー | ドメイン永久無料&初期費用0円!12/3日18:00まで

おすすめ記事

無料ネットショップ 1

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、基本料金無料(タダ)で出店できる、ネットショップ作成サービスのについて、人気の傾向や料金や解説したのち、おすすめサービスをご紹介します。 こんな方にお ...

商品仕入れ 2

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、ネットショップの商品仕入れについてご紹介します。 個人が趣味や副業でも挑戦できるアイデアから、さらに本業として商品を仕入れるための基礎知識から具体的な ...

ハンドメイド販売 3

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、ハンドメイド・手作り・クラフト作品の方法について、ネット通販業界歴10年以上の経験をもとに、最適な販売方法について解説します。 こんな方にオススメの記 ...

オリジナルTシャツの販売 4

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、自作のデザインを在庫リスクなしで販売できるサービスをご紹介します。 こんな方におすすめの記事 資金は無いけどオリジナル商品を販売したい方。 YouTu ...

確定申告 5

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、ネットショップを開業している個人事業主の方におすすめしたい、三大クラウド会計ソフト(やよい、マネーフォワード、フリー)について無料で使える範囲について ...

無料で実店舗とネットショップの在庫連動 6

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、初期費用、固定費無料で使える決済サービスの「Square」を利用した、実店舗とネットショップの在庫を連携する方法について解説します。 はじめに 実店舗 ...

FREE 7

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は「本当に無料で使えるの!?」と言いたくなるような、ホームページ作成サービスだけを厳選してご紹介します。 無料サービスは広告が目立ちすぎて使えない・・。そ ...

小規模事業者 8

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、ネットショップ開業・出店に使える補助金制度についてまとめてみました。これから開業する予定のある方は、ぜひチェックしてみてください。 はじめに 補助金制 ...

オリジナルマスク 9

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、オリジナルデザインのマスクを無在庫で販売する方法について解説します。正しいマスク販売について興味のある方は、ぜひこちらの記事をチェックしてみてください ...

イタリア・アパレル仕入れ方法を聞いてみた 10

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、日本でも人気のある「メイド・イン・イタリー」の仕入れ方法について、現地バイヤーの方にお話を聞く機会がありましたのでご紹介します。 販売業者の方はもちろ ...

-人気サービスを比較
-,

© 2020 いまどきのネットショップ開業講座