BASEとJimdoを徹底比較

ネットショップ出店方法 ホームページ制作 人気サービスを比較

BASEとJimdoを徹底比較【機能一覧表・掲載】初期費用・決済手数料・機能の違いについて

今時店長
皆さんこんにちは、今時店長です。

今回は、ネットショップの開設方法として、BASE(ベイス)とJimdo(ジンドゥー)という二つのサービスを比較してみました。

基本情報を比較(初期費用・月額固定費用)

基本的な情報を比較してみました

BASE
ジンドゥー

申込み前に確認しておきたい基本情報は下記のとおりです。

BASE
Jimdo
運営事業者
BASE株式会社
株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ
初期費用
無料
無料
月額費用
無料
《AI ビルダー》
3つのプラン
Play:無料
Start:990円
Grow:1590円
※決済機能ナシ。

《クリエイター》
5つのプラン
Free:無料
Pro:965円
Business:2,460円
SEO Plus:4,110円
Platinum:5,190円
商品登録数
無制限
《クリエイター》
5つのプラン
Free:5点(500MB)
Pro:15点(5GB)
Business:無制限
SEO Plus:無制限
Platinum:無制限
独自ドメイン
利用可能
利用可能※Start、Pro以上
常時SSL化
対応済み
対応済み

※指定のない料金は税抜価格です。

Jimdoのネットショップは、クリエイターのプラン限定です。

Jimdoのフリープランは商品点数を5つしか掲載できない。

Jimdoのフリープランは、商品点数5点までという制限があるため、商品点数が少ないネットショップでしか利用できません。BASEは商品点数に制限はありません。

また、Jimdoの無料プランは180日間ログインをしないと解約に同意したとみなされてコンテンツが削除される可能性もあります。あわせて覚えておいてください。

Jimdoは有料プランでないと独自ドメインが使えない。

BASEは、無料で独自ドメインも利用できますが、Jimdoは有料プランでないと独自ドメインが使えません。どちらも、他社から持ち込みした独自ドメインを利用することができます。

どちらもAmazon EC2で運営されている。

どちらもAWSのクラウドサーバーで運営されています。安定しています。

BASEは初期費用・基本料金無料のサービスです。

BASEは、初期費用・月額無料サービスです。Jimdoのように商品点数が5点までとか、独自ドメインが使えないなどの制限がありません。

BASE(無料会員登録はこちら)

今時店長
BASEを使えば、今すぐにでもお店が開業できます。クレジットカード決済も審査不要で導入できます。

決済手数料を比較

一番利用頻度の高いクレジットカード決済を比較

クレジットカード チャージバック

ネットショップの買物で一番利用頻度の高い、クレジットカードの決済手数料をベースに比較していきます。

Jimdoの方が決済手数料は安い。

BASE
Jimdo
6.6%+40円 参照元
PayPal
3.6%+40円
※Stripe
3.6%
※プロ・プラン以上

Jimdoは、Jimdo側では決済手段の提供はありません。そのため、別途決済事業者と契約してクレジットカード決済などを導入する方となります。

Jimdoで導入できる決済は、PayPal、Stripeの二種類ですが、フリープランで利用できるのはPayPalだけです。

BASE決済は決済手数料は高いがメリットもあります。

そのメリットとは、下記の3つです。

  • クレジットカード決済導入に審査が不要。
  • PAY IDで毎回氏名・住所・カード番号などの入力が不要。
  • 入金サイクルが申請から最短10日後と早い。

PAY IDとは、BASEで作られたお店で共通使える会員IDのことです。つまり、BASEの店舗間での買物する際に、お客様は会員登録する手間が掛かりません。

BASEならば事前審査不要でカード決済が導入できる。

  • BASE・・・事前審査なし。
  • Jimdo(PayPal)・・・審査に約2週間~4週間。
  • Jimdo(Stripe)・・・事前審査なし。

BASEは事前審査不要でクレジットカード決済が導入できます。

Jimdoのフリープランで導入できる「PayPal」は審査期間が約2週間~4週間掛かります。「Stripe」は有料プランの契約が必要になりますが、こちらもBASEと同じように事前審査不要でカード決済が導入できます。

Jimdo(無料会員登録はこちら)

今時店長
Jimdoを利用する際には、有料プランを推奨します。フリープランはアクセス解析が使えないので、集客の状況も把握できません。

デザイン面を比較

デザイン面について比較してみました

WEBデザイン

どちらのサービスも初心者でも簡単に編集できます。

Jimdoのフリープランは広告が目立つ。

BASE
Jimdo
Jimdoのロゴ(広告)

Jimdoのフリープランに入る広告は大きく目立ちます。BASEはロゴだけで色も控えめで目立ちません。このロゴを非表示にするには、BASEは月額500円(税抜)、Jimdoは有料プランの契約が必要になります。

BASEは有料テンプレートがあります。

BASEの有料テンプレート

BASEには、無料テンプレートのほかに、5,000円~購入できる有料テンプレートがあります。無料テンプレートは、有料テンプレートと比較すると見劣りします。

Jimdoのテンプレートは40以上

Jimdoで選べるテンプレートは40種類以上、無料テンプレートだけで有料テンプレートは存在しません。そのため、別途費用も掛かりません。

カスタマイズ性能が高いのはBASEです。

BASEはhtmlが編集できる

両者を比較して、よりカスタマイズ性能が高いのはBASEです。HTML編集はもちろんのこと、開発者向けにAPIも提供されています。

商品登録画面も比較してみました。

BASE
Jimdo
BASEの商品登録画面
▲クリックで拡大
Jimdoの商品登録画面
▲クリックで拡大

Jimdoは必要最低限の入力項目だけです。BASEは、本格的なネットショップというイメージで、拡張機能で入力項目を追加することもできます。

BASE(無料会員登録はこちら)

今時店長
どちらのサービスも初心者でも簡単に操作できます。固定料金無料で使うなら、広告の目立たないJimdoがオススメです。

機能を比較(一覧表・注目機能)

両サービスの機能を比較してみました

検索結果

二つのサービスのネットショップに関する機能について比較してみました。

 
BASE
Jimdo
送料詳細設定
クーポン発行
◯※
レビュー機能
年齢制限
会員限定ページ
数量限定
再入荷通知
予約販売
定期販売
まとめ販売
抽選販売
オーダーメイド販売
レコメンド機能
ダウンロード販売
電子チケット販売
受注生産販売
HTML編集
英語表記
複数配送先指定
インスタ連携
Googleショッピング連携
フォローメール
メールマガジン
アクセス解析
◯※
補足事項
BASE
※すべての機能が制限なく利用できます。
Jimdo
※アクセス解析は「Pro」以上、クーポンは「Business」以上が対象です。

Jimdoには必須とも言える機能が搭載されていない。

上の表をみてもわかるとおり、Jimdoにはネットショップで必須とも言える機能も導入されていません。ネットで商品を売るためには、レビューは欠かせないので「お客様の声」など項目を作りアピールする必要がありますね。

セール
2020年版|メール配信システムを徹底比較[無料&有料の厳選6社メルマガ配信サービス実際に利用して解説]

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、インターネットを利用した、メール・メルマガ配信システムについて、実際に利用した経験も踏まえて定番サービスの特徴を解説します。 こんな方にオススメの記事 ...

メルマガも配信できないので外部サービスもチェックしてみてください。

BASEの注目機能をピックアップ

BASEにはあるけど、他社サービスで見かけない注目機能をご紹介します。

  • 受注生産販売
  • 抽選販売

BASEの受注生産販売機能とは

BASEの無在庫販売

BASEの受注生産販売とは、インターネットでデザインしたTシャツなどを、注文が入ってから生産して販売できる機能のことです。

受注生産なので仕入れの必要がありません。Tシャツのほかにも、マグカップ、キーホルダー、トートバックなど色々なアイテムを作成することができます。

BASEの抽選販売機能とは

BASEにて抽選販売の様子

入手困難な希少なアイテムなどを、先着順ではなくて抽選で販売する機能のことです。抽選後は、当選者にも落選者にも自動でメールで通知してくれます。

BASE(無料会員登録はこちら)

今時店長
受注生産販売、抽選販売の機能については、他社サービスでは見かけない機能なのでチェックしてみてください。

今回のまとめ

今時店長

今回は、ネットショップの開設方法として、BASE(ベイス)とJimdo(ジンドゥー)という二つのサービスを比較してみました。

結局どちらのサービスがおすすめなの?

無料で出店したい場合には「BASE」で決まりです。Jimdoの無料プランは、広告が大きい、アクセス解析が使えない、商品数5点までと制限が多いです。

ネットショップとしての機能に関しても「BASE」の方が圧倒的に充実しています。受注販売機能、抽選販売機能などは必見ですね。

BASE
BASEのココが凄い!初心者にもオススメしたい3つの理由[実践レポートで基本性能や手数料まで完全解説]

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、無料ネットショプ開業サービスのBASE(ベイス)について、実際に利用してみた経験をもとにサービスの内容や特徴(メリット)について解説します。 こんな方 ...

Jimdo」は、少ない商材を販売するのに最適なプラットフォームです。縦長のランディングページも作りやすいです。

ただし、本格的に利用する場合には有料プランを推奨です。有料プランにすれば「Sprite」決済も導入することができます。

ジンドゥー
Jimdoのネットショップどうなの?手数料や無料プランの制限内容について解説[実際に利用した感想・評価]

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、Jimdo(ジンドゥー)のネットショップについて、実際に試用してみた経験をもとにサービスの内容や特徴(メリット)について解説します。 こんな方におすす ...

Jimdoのページに、BASEの商品を掲載する方法を解説しています。

JimdoにBASEを連携する方法
【JimdoとBASEを連携】ジンドゥーでベイスの商品を販売する方法

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、Jimdo(ジンドゥー)のホームページに、BASE(ベイス)に登録した商品を埋め込んで販売する方法についてご紹介します。 今回の内容 Jimdoに作っ ...

というわけで今回はここまで。
また新しい情報などあれば更新していきます。

今月の入会特典のあるサービス

  • MakeShop|独自ドメイン無料プレゼントキャンペーン開催中!8/16日(日)まで
  • エックスサーバー|ドメイン永久無料&初期費用0円&12ヶ月以上契約で15,000円OFF!9/3日まで

おすすめ記事

無料ネットショップ 1

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、基本料金無料(タダ)で出店できる、ネットショップ作成サービスのについて、人気の傾向や料金や解説したのち、おすすめサービスをご紹介します。 こんな方にお ...

商品仕入れ 2

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、ネットショップの商品仕入れについてご紹介します。 個人が趣味や副業でも挑戦できるアイデアから、さらに本業として商品を仕入れるための基礎知識から具体的な ...

ハンドメイド販売 3

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、ハンドメイド・手作り・クラフト作品の方法について、ネット通販業界歴10年以上の経験をもとに、最適な販売方法について解説します。 こんな方にオススメの記 ...

オリジナルTシャツの販売 4

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、自作のデザインを在庫リスクなしで販売できるサービスをご紹介します。 こんな方におすすめの記事 資金は無いけどオリジナル商品を販売したい方。 YouTu ...

確定申告 5

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、ネットショップを開業している個人事業主の方におすすめしたい、三大クラウド会計ソフト(やよい、マネーフォワード、フリー)について無料で使える範囲について ...

同梱チラシ 6

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、ネットショップの荷物に同梱するチラシについて、実際に効果のあった成功パターンとデザインの作り方のコツなどをご紹介します。 同梱・同封チラシとは 荷物を ...

Tシャツ 7

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、誰にでもウケる面白いTシャツの作り方をご紹介します。 自分用はもちろんのこと、あなたが店長となりネット通販で販売する方法まで解説しています。Tシャツ作 ...

FREE 8

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は「本当に無料で使えるの!?」と言いたくなるような、ホームページ作成サービスだけを厳選してご紹介します。 無料サービスは広告が目立ちすぎて使えない・・。そ ...

-ネットショップ出店方法, ホームページ制作, 人気サービスを比較
-,

© 2020 いまどきのネットショップ開業講座