ネットショップ開業講座

「オリンピック」という言葉を使ったセールや販売は行ってはいけない

オリンピック

オリンピック開催記念セールを見かけないのはなぜ?

ネットショップなどで「オリンピックセール」「東京オリンピック開催記念セール」などオリンピックに関連するセール企画などは権利侵害行為となる可能性があります。オリンピック関連の広告はIOC(国際オリンピック委員会)やJOC(日本オリンピック委員会)と契約を交わしたスポンサー以外の企業は利用することができません。※アンブッシュ・マーケティングに該当する。

JARO(日本広告審査機構)
広告にオリンピック関連の表現を入れることは可能か?
http://www.jaro.or.jp/ippan/bunrui_soudan/sonota01.html

アンブッシュ・マーケティングとは

イベントなどのオフィシャルスポンサー以外の企業が、あたかもスポンサー企業のように、イベントを利用した商業行為を行うマーケティング手法。オリンピックというキーワードはNGだとしても、それを連想させるような「がんばれ日本!」などの言葉は該当するのか?アンブッシュマーケティングでは、言葉の境界線の判断が難しいところです。

おすすめ記事

1

2019年版・ネットショップの始め方 2019年、業界の動向なども踏まえて、ネットショップを開業するまでの流れをまとめてみました。商品の仕入から必要な備品や環境づくり、主要なネットショップの出店方法と ...

2

無料でネットショップをはじめよう! いま話題の無料ネットショップASPを体験しておすすめサービスをご紹介 誰でも簡単に 無料でネットショップを開業できる時代 近年ネットショップ業界には大きな変化があり ...

商品仕入れ 3

何を売ればいいかわからない・・。 そんな方に基本的な仕入れ方法をいくつかご紹介してみます ネットショップを開業したいという漠然としたイメージはあるが、商材が見つからないという方も多いようです。今回はネ ...

4

自作のTシャツを制作して ネットショップで販売しよう! 在庫をもたずにオリジナルTシャツを販売できるサービスをご紹介 今回は自分でデザインしたTシャツを、すべて無料で、在庫をもつこと無く、インターネッ ...

-ネットショップ開業講座

Copyright© いまどきのネットショップ開業講座 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.