過去記事倉庫

ネットショップASPとは

ネットショップASPとは

ASPとはアプリケーションサービスプロバイダー(Application Service Provider)の略語で、インターネットを通じてユーザーにWEBアプリケーションをレンタルするサービス形態のことを呼びます。ユーザー側としては、パソコンとインターネットに接続できる環境さえあれば、特別な設定なども必要なく利用することが可能です。保存されたデータはネット上に保存される(クラウドコンピューティング)なので、利用場所も特定することなくどこからでも利用することが可能です。

データの安全性は高い

クラウドを利用すると、ショップ内のデータが外部に置かれることになります。データの維持管理は大丈夫だろうか?と不安に感じる方もいるようですが、独自サーバー・レンタルサーバーを利用した場合にも同様な危険性はあり、むしろ全てを自分で管理する方がリスクが高くなります。この点に関しては、専門家が管理するクラウド型の方が断然安全性は高いと言えるでしょう。

おすすめ記事

1

2019年版・ネットショップの始め方 2019年、業界の動向なども踏まえて、ネットショップを開業するまでの流れをまとめてみました。商品の仕入から必要な備品や環境づくり、主要なネットショップの出店方法と ...

2

無料でネットショップをはじめよう! いま話題の無料ネットショップASPを体験しておすすめサービスをご紹介 誰でも簡単に 無料でネットショップを開業できる時代 近年ネットショップ業界には大きな変化があり ...

商品仕入れ 3

何を売ればいいかわからない・・。 そんな方に基本的な仕入れ方法をいくつかご紹介してみます ネットショップを開業したいという漠然としたイメージはあるが、商材が見つからないという方も多いようです。今回はネ ...

4

自作のTシャツを制作して ネットショップで販売しよう! 在庫をもたずにオリジナルTシャツを販売できるサービスをご紹介 今回は自分でデザインしたTシャツを、すべて無料で、在庫をもつこと無く、インターネッ ...

-過去記事倉庫

Copyright© いまどきのネットショップ開業講座 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.