電子契約サービスを徹底比較

ネットショップ開業準備 ホームページ作成

2022年版|電子契約サービス徹底比較!おすすめシステム料金・機能・比較一覧表掲載

今時店長
皆さんこんにちは、今時店長です。

今回は、インターネットで利用できる電子契約サービス(システム)について、電子契約サービスの特徴、料金、機能などについて比較してみました。電子契約サービスの導入を考えている方など、ぜひ参考にしてみてください。

はじめに

電子契約サービスとは

電子契約サービスとは

インターネットを通じて、電子契約を仲介してくれるサービスのことです。WEB上で契約書の作成、電子メールなどで合意の確認、締結した電子契約書はクラウド上に証拠として保存されます。もちろん、法律的にも認められています。

電子契約サービスを利用するメリット

  • 契約業務の効率化・・・手間を軽減して時間を節約できる。
  • コストの削減・・・紙、インク代、印紙代を削減できます。
  • 適切に情報を保存管理・・・迅速に契約書を閲覧できます。
今時店長
数年前、はじめて電子契約サービスを利用したとき、あまりにも簡単で便利なことに衝撃を受けました。まだ導入していない事業者の方、費用面でもメリットは大きいので、ぜひチェックしてみましょう。

電子契約サービス比較表

厳選サービスの料金と機能を比較してみた

料金をメインに確認しておきたいポイントを比較してみました。比較表をみてもいまいちピンとこない方は「確認してほしいポイント」または「電子契約サービス徹底解説」を先にチェックしてみてください。

サービス名称
電子署名タイプ
初期費用
月額費用
送信料
freeeサイン
(旧名:NINJA SIGN)
立会人型
無料
無料プラン:0円
スターター:1,078円
Light:5,478円
Light Plus:21,780円
Pro:55,000円~
Pro Plus:132,000円~
参照元
電子サイン:0円
電子署名:220円/件
電子署名
長期署名規格(PAdES)に対応した電子署名を付与する
機能
テンプレート機能:◯
ワークフロー機能:◯
紙データ取込機能:◯
立会人型
当事者型
無料
お試しフリー:0円
契約印&実印:9,680円
参照元
契約印&実印プラン
ユーザー数:無制限
署名数:無制限
立会人型:110円/件
当事者型:330円/件
機能
テンプレート機能:◯
ワークフロー機能:◯
紙データ取込機能:◯
立会人型
無料
Light:11,000円
Corporate:30,800円
Enterprise:問合せ
参照元
全プラン共通
ユーザー数:無制限
送信件数:無制限
220円/件
機能
テンプレート機能:◯
ワークフロー機能:◯
紙データ取込機能:◯
DocuSign
(ドキュサイン)
立会人型
無料
Personal:$10
Standard:$25/人
Business Pro:$40/人
参照元
0円
機能
テンプレート機能:◯
ワークフロー機能:◯
紙データ取込機能:-
当事者型
無料
フリー:0円~
シルバー:10,000円~
ゴールド:30,000円~
※全て税抜価格
参照元
50円/通 (税抜)
機能
テンプレート機能:◯
ワークフロー機能:◯
紙データ取込機能:◯
WAN-Sign
(ワンサイン)
立会人型
当事者型
無料
無料版:0円
有料版:10,000円
※5,000件ごとの料金
※全て税抜価格
参照元
立会人型:100円/件
当事者型:300円/件
※全て税抜価格
機能
テンプレート機能:◯
ワークフロー機能:◯
紙データ取込機能:◯
Acrobat Sign
(アクロバットサイン)
立会人型
当事者型
無料
Standard DC:1,578円
Pro DC:1,738円
※個人版の料金
参照元
0円
機能
テンプレート機能:◯
ワークフロー機能:◯
紙データ取込機能:-
ContractS CLM
(コントラクツ)
立会人型
お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ
機能
テンプレート機能:◯
ワークフロー機能:◯
紙データ取込機能:◯
立会人型
無料
個人向け:980円~
法人向け:3,980円~
参照元
0円
機能
テンプレート機能:◯
ワークフロー機能:-※
※別プラン契約
紙データ取込機能:-※
※別プラン契約
SignTime
(サインタイム)
立会人型
無料
おためし:無料
エントリー:980円
ビジネス:8,600円
プロ:29,800円~
無料枠
エントリー:10通まで
ビジネス:50通まで
機能
テンプレート機能:◯
ワークフロー機能:-
紙データ取込機能:-
立会人型
無料
スターター:2,200円
ベーシック:6,600円
プレミアム:9,900円
参照元
電子サイン:0円
電子署名:220円/件
機能
テンプレート機能:◯
ワークフロー機能:-
紙データ取込機能:◯

とくに指定のない金額はすべて”消費税込み”です。

確認してほしいポイント

電子署名には2つのタイプがあります。

立会人型

電子契約サービスが、契約をする当事者の指示に基づき、立会人として電子署名を付与するタイプです。電子メールやパスワードを使うことで、本人性を担保しています。
当事者型
契約する当事者が、電子認定局に書類を提出、審査を通過したのち「電子証明書」を取得して、電子署名をするタイプです。契約相手にも手続きや費用面で負担が掛かります。

どちらのタイプを選んでも、法的な有効性は認められています。現在、主流で利用されているのは、比較して手間もコストも掛からない「立会人型」、より高い信頼性を求められる契約などに「当事者型」が採用されています。

3つの機能を確認しておきましょう。

テンプレート機能

テンプレートを選択又は作成して契約書を作成する機能のこと。
ワークフロー機能
契約書の社内承認などをワークフローで管理できる機能のこと。
紙データ取込機能
過去の紙データをデジタル化&アップロードして一元管理する機能のこと。

電子契約サービスを選ぶ際には、上記3つの機能をチェックしておきましょう。紙データの取込(インポート)機能は必須ではないので、有料オプションとして提供しているサービスも多いです。

サービス選びのポイント

人気のあるサービスはどれですか?

色々な基準があるので一概には言えませんが、インターネットでの口コミや検索ボリュームで人気があるのは「GMOサイン」、「freeeサイン」、「クラウドサイン」、「DocuSign」の4社です。

料金の安いサービスはどれですか?

上記であげた、4サービスでは「freeeサイン」が料金が安いです。とくに個人事業主の方は要チェック。2022年3月8日に追加された「スタータープラン」は、長期署名規格(PAdES)に対応した電子署名が送信料0円で利用できます。

無料で使える試せるサービスはどれですか?

freeeサイン」、「GMOサイン」など、無料プランを提供しているサービスもあります。ただし、あくまでもおためし程度、無料で使えるサービスとは考えないほうがいいですね。

東京都内バーチャルオフィス10選<おすすめ格安はココ>
2022年版|東京都内バーチャルオフィス12選<おすすめ格安はココ>各サービスの違いを比較解説

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、東京都内のバーチャルオフィスについて、厳選したサービスだけをご紹介します。起業での信頼感アップ、匿名性の確保などに活用しましょう。 こんな方に読んでほ ...

電子契約サービス徹底解説

freeeサイン

freeeが提供する弁護士監修の電子契約サービス。

国内トップクラスの利用シェアを誇るクラウド会計ソフト「freee」のグループ企業が提供している、弁護士監修の電子契約サービスです。freee会計をはじめとした関連サービスと、共通アカウントで利用可能、連携にも対応しています。

個人事業主専用のスタートプラン登場で注目を集める。

2022年3月8日、新たに個人事業主専用「スタータープラン」が追加されました。月額980円(税抜)にて、毎月10通まで送信料0円、長期署名規格(PAdES)に対応したタイムスタンプつき電子署名を無料で付与できます。

freeeサイン(NINJA SIGN)に関する紹介動画

freeeサインの基本情報

サービス名称
freeeサイン (旧名:NINJA SIGN)
運営事業者
株式会社サイトビジット
電子署名タイプ
立会人型
料金
初期費用
無料
月額費用
無料プラン:0円
スターター:1,078円
Light:5,478円
Light Plus:21,780円
Pro:55,000円~
Pro Plus:132,000円~
参照元
送信料
電子サイン:0円
電子署名:220円/件
電子署名
長期署名規格(PAdES)に対応した電子署名を付与する
契約相手の費用
無料(会員登録不要) 参照元
機能
テンプレート機能
外部連携
ワークフロー機能
freee会計、kintone、Slack、ChatWork、Google Driveなど。
紙データインポート
詳細
対応言語
日本語、英語、ベトナム語 参照元
サポート
メール、電話、チャット、ヘルプページ

freeeサイン(無料体験はこちら)

今時店長
シンプルでわかりやすい、料金的にもリーズナブルなサービスを探している方にオススメ。弁護士監修のテンプレートで文書作成もスムーズ、取引先も会員登録不要、簡単にオンラインで署名できます。
freeeサイン
freeeサインどうなの?実際に利用した感想&特徴や料金について解説

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、電子契約サービス「freeeサイン」について、サービスの特徴や料金について解説します。freeeサインの評判が気になる方、ぜひ参考にしてみてください ...

GMOサイン

GMO運営140万社以上の導入実績を誇るサービス。

インターネット関連企業として名高い、GMOグループ企業が運営している電子契約サービスです。導入実績140万社以上、有名企業から銀行や自治体まで、幅広い業種で採用されています。

立会人型と当事者型、二つに電子契約タイプに対応している。

GMOサインの電子契約は、立会人型(契約印タイプ)、当事者型(実印タイプ)両方に対応しています。つまり、契約に求められる証拠力とリスクに応じて、電子署名のタイプを使い分けることができます。

freeeサインのサービス紹介動画

GMOサインの基本情報

サービス名称
GMOサイン
運営事業者
GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社
電子署名タイプ
立会人型
当事者型
料金
初期費用
無料
月額費用
お試しフリー:0円
契約印&実印:9,680円
参照元
契約印&実印プラン
ユーザー数:無制限
署名数:無制限
送信料
立会人型:110円/件
当事者型:330円/件
機能
テンプレート機能
外部連携
ワークフロー機能
Salesforce、kintone、LegalForce、AgileWorks、X-point、ActRecipe、Box、ダンドリワーク、SmartDB、など。 詳細
紙データインポート
詳細
対応言語
日本語、英語、スペイン語、ポルトガル語 参照元
サポート
フォーム、チャット、メール、電話

GMOサイン

今時店長
中規模~大規模企業に最適なサービスです。契約にあわせて、立会人型と当事者型を使い分けできます。とにかく多機能、オプションや連携機能も充実しています。気になるのは、送信料の負担です。

クラウドサイン

国内トップクラスの利用シェアを誇る電子契約サービス。

日本最大級の弁護士・法律ポータルサイト「弁護士ドットコム」の運営企業が提供する、国内トップクラスの利用シェアを誇る電子契約サービスです。テレビCMなどで認知も高く、国内大手企業の導入事例も多いです。

豊富な機能と連携サービスの多さも魅力。

クラウドサインは、テンプレート作成・管理、英語と中国語などの言語対応、チーム管理など、豊富な機能が標準搭載されています。また、外部サービスとの連携機能なども充実しています。

クラウドサインの基本情報

サービス名称
クラウドサイン
運営事業者
弁護士ドットコム株式会社
電子署名タイプ
立会人型
料金
初期費用
無料
月額費用
Light:11,000円
Corporate:30,800円
Enterprise:問合せ
参照元
全プラン共通
ユーザー数:無制限
送信件数:無制限
送信料
220円/件
契約相手の費用
無料(会員登録不要) 参照元
機能
テンプレート機能
外部連携
ワークフロー機能
slack、intra-mart、oproarts、kintone、Microsoft Teams、ジョブカン、freee、box、楽々販売、sansanなど。 詳細
紙データインポート
詳細
対応言語
日本語、英語、中国語
サポート
メール、チャット、ヘルプページ

クラウドサイン

今時店長
最大の魅力は、弁護士ドットコムの知名度の高さ、契約相手にも安心感を与えられるネームバリューです。機能、連携は充実。料金は他社と比較して、基本料金、送信料ともに高めという印象を受けました。

DocuSign

世界で一番利用されている電子契約サービス。

DocuSign(ドキュサイン)は、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置く、海外発の電子契約サービスです。世界100万社以上、10億人以上のユーザーが重要な契約や合意文書の作成に利用しています。

稼働率99.99%、44言語の署名に対応しています。

ドキュサイン電子署名の稼働率は99.99%、メンテナンスによるダウンタイムはゼロと公式に言及しています。グローバルなサービスであり、44言語の署名、14言語の送信に対応しています。

ドキュサイン基本機能の説明

DocuSignの基本情報

サービス名称
DocuSign (ドキュサイン)
運営事業者
DocuSign Inc.
電子署名タイプ
立会人型
料金
初期費用
無料
月額費用
Personal:$10
Standard:$25/人
Business Pro:$40/人
参照元
送信料
0円
機能
テンプレート機能
外部連携
ワークフロー機能
Microsoft、Salesforce, Google, Boxなどの300を超えるサービスと連携可能。
紙データインポート
対応言語
電子署名:44言語、文書送信:14言語 参照元
サポート
コミュニティ(英語)、メール、電話

DocuSign

今時店長
海外との取引のある方は、選択肢に入れたいサービスです。料金について、スタンダード、ビジネスプロ、どちらも年間100送信(エンベロープ)という制限があるので、事前に確認しておきましょう。

BtoBプラットフォーム 契約書

70万社以上の導入実績のあるBtoBプラットフォーム。

運営元の株式会社インフォマートは、これまでのシリーズ累計70万社以上の導入実績のある、BtoBプラットフォーム(商談、受発注、企画書、請求書など)を提供している企業です。

BtoBプラットフォーム 契約書の紹介動画

BtoBプラットフォーム 契約書の基本情報

サービス名称
BtoBプラットフォーム 契約書
運営事業者
株式会社インフォマート
電子署名タイプ
当事者型
料金
初期費用
無料
月額費用
フリー:0円~
シルバー:10,000円~
ゴールド:30,000円~
※全て税抜価格
参照元
送信料
50円/通 (税抜)
機能
テンプレート機能
外部連携
ワークフロー機能
kintone、勘定奉行、freee会計、クラウド会計、弥生会計、SmartDBなど。 参照元
紙データインポート
対応言語
サポート
メール、電話、チャット、ヘルプページ

BtoBプラットフォーム 契約書

今時店長
運用実績20年以上、有名企業の導入も多い信頼感のあるサービスです。機能は多機能、料金は、平均的です。送信料が50円掛かるのと、取引先も会員登録(無料)が必要なのが気になるポイントです。

WAN-Sign

NXグループとGMOの共同開発による電子契約サービス。

日本通運のグループ企業(株式会社NXワンビシアーカイブズ)と、先に紹介した「GMOサイン」を提供しているGMOインターネットグループが共同開発した、電子契約サービスです。※2021年7月14日より連携を開始しました。

GMOサインと当事者型の互換署名に対応している。

WAN-Signは、実印版締結(当事者型)と認印版締結(事業者型/立会人型)に対応。また、本人電子署名(当事者型)に関しては「GMOサイン」との互換署名にも対応しています。 詳細はこちら

WAN-Signの紹介動画

WAN-Signの基本情報

サービス名称
WAN-Sign (ワンサイン)
運営事業者
株式会社NXワンビシアーカイブズ
電子署名タイプ
立会人型
当事者型
料金
初期費用
無料
月額費用
無料版:0円
有料版:10,000円
※5,000件ごとの料金
※全て税抜価格
参照元
送信料
立会人型:100円/件
当事者型:300円/件
※全て税抜価格
機能
テンプレート機能
外部連携
ワークフロー機能
Salesforce、kintone、Tradeshift、Uni-ContRact、Uni-ContRact、intra-mart、kinterpRなど。 参照元
紙データインポート
対応言語
日本語、英語
サポート
メール、電話

WAN-Sign

今時店長
GMOサインと同様に、中規模~大規模企業に最適なサービスです。紙データとの一元管理に関連する仕組みについて特許を取得しています。機能は豊富、料金は平均的、送信料が気になるポイントです。

Adobe Sign

Adobeが提供する電子契約サービス。

運営元のAdobe(アドビ)は、Illustrator(イラストレーター)、Photoshop(フォトショップ)など、世界中でプロのクリエイターが愛用するツールの開発元として知られています。

世界中の業種特有の規制にも対応している。

Acrobat Signは、世界34言語(英語、ドイツ語、中国語、韓国語、フランス語、スペイン語、イタリア語、オランダ語など)に対応。厳格なコンプライアンスとセキュリティの遵守もと、世界中の業種特有の規制にも対応しています。

Acrobat Signの基本情報

サービス名称
Acrobat Sign (アクロバットサイン)
運営事業者
アドビ株式会社
電子署名タイプ
立会人型
当事者型
料金
初期費用
無料
月額費用
Standard DC:1,578円
Pro DC:1,738円
※個人版の料金
参照元
送信料
0円
機能
テンプレート機能
外部連携
ワークフロー機能
Microsoft、Salesforce、Google、workday、servicenow、box、dropbox、DocuWorks、eValue、kintoneなど。 詳細
紙データインポート
対応言語
34言語に対応 参照元
サポート
メール、チャット、電話、ヘルプページ

Adobe Sign

今時店長
Adobeの知名度と信頼感は高く、海外と取引のある方は、選択候補に入れたいサービスです。料金は比較的リーズナブルですが、1ユーザー毎の料金なので、人数が増えると高額になるケースもあります。

ContractS CLM

あらゆる契約業務をワンプラットフォームで最適化する。

2017年に「株式会社Holmes」として創業、2021年8月21日社名を「ContractS株式会社」に変更した、契約ライフサイクル管理(Contract Lifecycle Management=CLM)の実現を目標に掲げたサービスです。

ContractS CLMの紹介動画

ContractS CLMの基本情報

サービス名称
ContractS CLM (コントラクツ)
運営事業者
ContractS株式会社
電子署名タイプ
立会人型
料金
初期費用
お問い合わせ
月額費用
お問い合わせ
送信料
お問い合わせ
機能
テンプレート機能
外部連携
ワークフロー機能
お問い合わせ
紙データインポート
対応言語
日本語、英語
サポート
チャット、メール、電話

ContractS CLM

今時店長
大企業での導入実績の多いサービスです。契約書の作成・管理だけでなく、プロジェクトの管理や契約業務税帯のマネジメントまでカバーしています。料金は問い合わせのみで公開されていません。

マネーフォワード クラウド契約

マネーフォワードが提供する電子契約サービス。

テレビCMなどでもおなじみ、株式会社マネーフォワードが提供する、バックオフィス支援サービスの一つです。ほかのマネーフォワードサービスと共通アカウントで連携して利用することができます。

マネーフォワード クラウド契約の基本情報

サービス名称
マネーフォワード クラウド契約
運営事業者
株式会社マネーフォワード
電子署名タイプ
立会人型
料金
初期費用
無料
月額費用
個人向け:980円~
法人向け:3,980円~
参照元
送信料
0円
機能
テンプレート機能
外部連携
ワークフロー機能
-※
※別プラン契約
Salesforce
紙データインポート
-※
※別プラン契約
対応言語
日本語
サポート
メール、電話、ヘルプページ

マネーフォワード クラウド契約

今時店長
基本料金だけで、クラウド会計なども利用可能。ただし、各サービスごとに、複雑な従量課金があるため、実費が把握しづらいという声も。ワークフロー、紙データ取込機能は、別プランの契約が必要です。

SignTime

シリコンバレー出身エンジニアが提供する電子契約サービス。

シリコンバレー出身のエンジニアたちが提供する電子契約サービスです。安心、安全を追求したセキュリティ設計、ブロックチェーンなどの最新の技術もいち早く導入しています。

SignTimeの基本情報

サービス名称
SignTime (サインタイム)
運営事業者
サインタイム株式会社
電子署名タイプ
立会人型
料金
初期費用
無料
月額費用
おためし:無料
エントリー:980円
ビジネス:8,600円
プロ:29,800円~
送信料
無料枠
エントリー:10通まで
ビジネス:50通まで
機能
テンプレート機能
外部連携
ワークフロー機能
問い合わせ
紙データインポート
対応言語
日本語、英語
サポート
メール、電話(プロプラン)

SignTime

今時店長
基本的な機能を搭載した、シンプルな電子契約サービスです。他社と比較して料金はリーズナブルですが、ヘルプやサポート面に関しては劣る印象を受けました。※電話ポートはプロプラン以上です。

契約大臣

シンプルで低料金を実現した電子契約サービス。

契約大臣は、低料金でも法的根拠を証明できる電子契約サービスです。月額2,000円台~、全プランタイムスタンプあり、ミニマルでありながら便利な機能を搭載しています。

契約大臣の基本情報

サービス名称
契約大臣
運営事業者
株式会社TeraDox
電子署名タイプ
立会人型
料金
初期費用
無料
月額費用
スターター:2,200円
ベーシック:6,600円
プレミアム:9,900円
参照元
送信料
電子サイン:0円
電子署名:220円/件
機能
テンプレート機能
外部連携
ワークフロー機能
お問い合わせ
紙データインポート
対応言語
日本語
サポート
メール、チャット、電話

契約大臣

今時店長
低料金がウリのサービスですが、スタータープランは他社と比較して若干ですが割高感があります。ベーシックプラン以上は、ユーザー数が無制限なので、送信件数もあえば値ごろ感があります。

今回のまとめ

今時店長

今回は、インターネットで利用できる電子契約サービス・システムについて、電子契約サービスの特徴、料金、機能などについて比較してご紹介しました。電子署名タイプ、料金などをみて、使いみちにあうサービスを選んでみてください。

サービス選びに迷ってしまった方は、「freeeサイン」、「GMOサイン」など、無料プランの提供があるサービスからためしてみてください。個人事業主の方は、スタートプランが追加された「freeeサイン」あたりがオススメです。

あわせてチェックしてほしいサービス

無料で使えるメールフォームはこちら。

無料で使える入力フォーム作成ツール
2022年版|無料で使えるメールフォーム作成ツール8選!広告なし・埋め込み・顧客管理など徹底解説

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、無料で利用することができるメールフォーム作成ツールをご紹介します。実際に全てのサービスを利用して、感想などを加えつつ解説していきます。 インターネット ...

メール配信システムの比較記事はこちら。

メール配信システムを徹底比較
2022年版|メール配信システムを徹底比較《おすすめはココ》メルマガ・ステップメールの比較表掲載!

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、ネットビジネスでは必須とも言える、メール配信システムについて解説します。 メール配信システムとは 複数のユーザーに対して、メールを配信できるサービスの ...

インターネットFAXの導入を考えている方はこちら。

インターネットFAX徹底比較
2022年版|インターネットFAX徹底比較《おすすめはココ》よくわかる料金・機能の比較一覧表掲載!

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、インターネットFAX利用歴10年以上の当サイト管理人が、国内業者を中心にインターネットFAX業者を徹底比較、各サービスの料金と仕様について一覧表にまと ...

無料で出店できるネットショップはこちら。

無料で開業できるネットショップ作成サービスを徹底比較[CMで話題のオススメ・ツールを紹介]
2022年版|無料で開業できるネットショップ作成サービスを徹底比較[CMで話題のオススメ・ツールを紹介]

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、基本料金無料(タダ)で出店できる、ネットショップ作成サービスのについて、人気の傾向や料金や解説したのち、おすすめサービスをご紹介します。 こんな方に読 ...

ホームページ作成ツールの比較はこちら。

初心者でも作れるホームページ作成ツール徹底比較
2022年版|ホームページ作成ツール徹底比較《おすすめはココ》よくわかる料金比較表・操作動画掲載!

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、初心者でも自分でホームページが作れる、オンラインサービス・ソフトをご紹介します。お店のホームページ、企業のコーポレートサイト、副業のアフィリサイト、個 ...

最後まで読んで頂きありがとうございました。
また新しい情報などあれば更新していきます。

今月の入会特典のあるサービス

エックスサーバーキャンペーン

おすすめ記事

無料で開業できるネットショップ作成サービスを徹底比較[CMで話題のオススメ・ツールを紹介] 1

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、基本料金無料(タダ)で出店できる、ネットショップ作成サービスのについて、人気の傾向や料金や解説したのち、おすすめサービスをご紹介します。 こんな方に読 ...

商品仕入れ 2

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、ネットショップの商品仕入れについてご紹介します。 個人が趣味や副業でも挑戦できるアイデアから、さらに本業として商品を仕入れるための基礎知識から具体的な ...

ネットショップ販売手数料の最安値はココ[初期・月額・クレジットカード決済手数料を比較] 3

今回は、ネットショップ作成サービスのクレジットカード決済手数料について比較してみました。初期費用、月額費用とあわせてチェックしてみてください。 こんな方におすすめの記事 無料サービスで実質的に負担する ...

プロ目線で解説!ハンドメイドをネット販売する方法 4

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、ハンドメイド・手作り・クラフト作品の方法について、ネット通販業界歴10年以上の経験をもとに、最適な販売方法について解説します。 こんな方にオススメの記 ...

MakeShop(メイクショップ) 5

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、ネットショップ作成サービスのMakeShop(メイクショップ)について、サービスの特徴や手数料・実際に利用してみた感想をご紹介します。 こんな方にオス ...

オリジナルTシャツの販売 6

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、自作のデザインを在庫リスクなしで販売できるサービスをご紹介します。 こんな方におすすめの記事 資金は無いけどオリジナル商品を販売したい方。 YouTu ...

ネットショップの確定申告 7

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回はネットショップ(BASE、カラーミーなど)を運営している方に、はじめての確定申告について解説します。 ネットショップを運営している方だけでなく、ハンドメ ...

無料で実店舗とネットショップの在庫連動 8

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、初期費用、固定費無料で使える決済サービスの「Square」を利用した、実店舗とネットショップの在庫を連携する方法について解説します。 はじめに 実店舗 ...

個人でも海外販売できる越境ECモール 9

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、個人でも海外販売に挑戦できる、越境ECサイト(モール型・マーケット・プラットフォーム)をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。 はじめに 個人でも ...

無料でパッと作れるホームページ作成ツール 10

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、無料でパッと作れる、ホームページ作成ツールをご紹介します。「お金や時間を掛けずにホームページを作りたい」方は、ぜひ参考にしてください。 はじめに 無料 ...

マルチ決済端末を徹底比較!おすすめサービス料金・特徴・選び方のポイント解説 11

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、お店のキャッシュレス化に使えるオールインワン・マルチ決済端末及びサービスについて解説します。各サービスの料金や特徴、お店あったサービスを選ぶポイントに ...

無料で使えるPOSレジアプリ徹底比較 12

今時店長皆さんこんにちは、今時店長です。 今回は、スマートフォン(iPhone)やタブレット(iPad/Android)端末で利用できる、POSレジアプリについて定番サービスを比較してみました。 無料 ...

-ネットショップ開業準備, ホームページ作成
-

Copyright © 2013-2022 いまどきのネットショップ開業講座