ネットショップの作り方がわかる!開店・開業を考えている方向けのECショップ(ショッピングカート・買い物カゴ・作成ツールASP)制作・運営支援サイトです。

ネットショップで売れる商品名のつけ方

商品名はアクセス数にも売上にも影響する

ネットショップにおける商品名は単なる名前という役割だけでなく集客や売上にも大きく影響します。商品名はWebページのタイトルなどに利用されるため、誰も検索しないような単語だけで商品名を構成した場合には、アクセスもなければ売れることはありません。消費者の検索ニーズを掴み、売れる商品名のつけ方を考えてみましょう。このページでは売れる商品名のつけ方と題して、ネットショップにおける商品名の基本的な決め方のコツなどを解説します。

ネットショップで売れる商品名のつけ方(商品名の決め方とコツ)

お客様が検索しているキーワードを把握しましょう

まずはお客様が商品を探す際に検索しているキーワードを把握してみましょう。

この商品はどのようなキーワードで検索されているか?商品のカテゴリ、ジャンルの名称を決める際に参考になるのが検索候補です。楽天市場などでは検索したキーワードに合わせた検索候補が表示されます。この検索候補はユーザーの検索履歴により生成されるもので、上位に表示されるワードほど検索数が多いキーワードだと言われています。合わせて「Googleキーワード一括DLツール」などで、検索エンジンの検索候補も確認しておきましょう。

商品に関連する情報を商品名に入れましょう

たとえば下記のような情報を商品名に入れてみましょう

  • メーカー、ブランドの名称
  • 商品名称
  • 年式
  • 色、柄、特徴
  • 型番

型番・色を入れた場合のメリットとは

実店舗で欠品していたカラーや型番をネットで探している方は意外と多い

一般ユーザーには必要のない「型番」なども商品名に入れることをおすすめします。「型番」で検索してきたユーザーは、商品購入の意志のある商品を買う可能性が高い消費者です。実店舗では欲しい「色」や「型番」が欠品していたなどの理由からネットで商品を探している方も存在します。そんな方に商品が見つけやすいように、メーカー、ブランド名、型番などお店で覚えてきた情報を元にしてネットでも探せるような商品名をつけましょう。

左に重要なキーワードを入れましょう

商品名は複数の単語で構成するわけですが、その組み合わせの順番は重要なことから並べていくようにしましょう。検索結果で商品名が短く省略された場合にも、どのような商品なのかわかるように構成するのが理想的です。個人的には「ブランド名→商品名→年式→カラー・特徴→型番」で並べるのがおすすめです。もちろん必要ない項目は省略して構いません。

商品名のサンプル
東芝 サイクロン掃除機 2016年新作! ホワイト SO1156442

商品名を構成する単語は半角スペースなどで区切りましょう

商品名は文章ではなく単語として登録させる

お客様は文章ではなく単語を入力して商品を探しています。検索エンジンに商品名が一つの文章として認識されないように、単語の間はスペースや(かっこ)などの記号などで区切り位置を明確にしましょう。特に楽天市場、Yahoo!ショッピングなどは、文章から単語を抜き出すようなアルゴリズムが劣るため、登録する側で区切り位置を明確にしてあげなくてはいけません。

商品名とキャッチコピーの違いを理解しよう

ほとんどのネットショップASPで「商品名」と「キャッチコピー」という入力欄が設定されています。商品名には検索キーワードを入れた内容、キャッチコピーには検索には影響の少ないセールスポイントなどを入れるのが効果的です。

商品名
検索に大きく影響するため正確な商品情報の登録だけが求められる。文章ではなく単語を組み合わせて作りましょう。
キャッチコピー
検索にあまり影響しない自由な項目欄として用意されています。単語ではなく読んで欲しくなる言葉を登録しましょう。たとえば「期間限定ポイント10倍!」「店長おすすめ商品!」「芸能人◯◯愛用の美容グッズ!」などは商品名ではなくキャッチコピーです。

複数の呼び方がある商材は商品ごとにキーワードを散らす

たとえば「中華麺」「ラーメン」とか「タンス」「チェスト」など、同じような商品を求めていたとしても検索するキーワードは人によって変わってきます。一つの商品名に複数の呼び名を詰め込むのも対処方法ではありますが、検索対策的にも見た目的にもスマートではないので、出来れば商品ごとにキーワードを散らして登録するのがおすすめです。

過剰なSEOに注意!ペナルティの対象になる場合もあります

過去にはアクセスアップを目的として、商品名に過剰にキーワードをつめ込むような手法もありました。しかし現在は効果が薄れているだけでなく、楽天市場、Yahoo!などのモールでは禁止されている行為なので検索結果に表示されないなどのペナルティの対象となる可能性もあります。検索エンジンに対するSEO的な観点で考えても、商品名は短くてわかりやすく商品の情報だけを記載するのがおすすめです。

ここが重要!
商品名は短くてわかりやすく商品の情報だけを記載しましょう。

商品名だけでは文字数がたらない!たくさんのキーワードで集客する方法

商品名には書ききれないほど、たくさんのキーワードで集客をしたい場合にはブログなど別の媒体を利用した集客を検討してみましょう。商品名だけで表現するのが難しいキーワード、たとえば雑誌・メディアの掲載情報なども、個人ブログとして経由すれば問題なく利用できます。

ブログなら記事投稿で商品ページへの窓口がどんどん増やせる!

記事を書いて商品ページにリンクを貼る!
新しいキーワードが発見される毎にブログ記事を追加すればOK!

  • ◯◯雑誌の5月号で紹介されたバスマット
  • ◯◯という番組で芸能人◯◯が愛用していたバスマット
  • ◯◯年グッドデザイン賞を受賞したバスマット

話題のサービス(お得なキャンペーンなどをご紹介)

Wowma!(旧Denaショッピング)
0円出店キャンペーンを開催中!

2017年春に新しくリニューアルしたKDDI運営のショッピングモールWowma!(ワウマ)にて”入会金と月会費が0円になるキャンペーンがスタート”しました。「au携帯」、「auひかり」などau関連サービスで貯めた「au WALLETポイント」の使い道としてマーケットの拡大に期待ができます。まだライバルの少ない今がチャンス!多店舗展開の一つとしてもおすすめです。詳細はこちら:Wowma!(ワウマ)

特集記事(ネットショップの開業・運営に関係する特集記事)

オープンまでの7つのステップを解説
2017年度版・ネットショップの始め方!

2017年、業界の動向なども踏まえて、ネットショップを開業するまでの流れをまとめてみました。商品の仕入から必要な備品や環境づくり、主要なネットショップの出店方法とその特徴、無料でも実践できる集客方法などの情報をまとめてご紹介します。>>続きはこちら

いま話題の無料ネットショップサービスをご紹介

あなたはネットショップを無料で開業できることをご存知ですか?「」に代表される無料ネットショップサービスでは、資金ゼロで専門的な知識がなくても手軽にネットショップを開業できます。>>続きはこちら

商材探しから仕入方法までを解説

ネットショップを開業したいという漠然としたイメージはあるが、商材が見つからないという方も多いようです。今回はネットショップで販売する商品を見つける基本的な仕入れ方法をいくつかご紹介します。>>続きはこちら

注目のサービス!(自分で簡単にホームページが作れるサービス)

月額1,000円で本格的なサイトが作れる!
飲食店、美容院など商用目的のサイト作成なら”グーペ”でキマリ!

いま、初心者でも簡単に飲食店、美容院、エステサロンなどビジネス向けのホームページが作れると話題なのが「グーペ」というサービスです。主に商用利用を中心に国内での利用者数は50,000以上!店舗運営に必要な、メニュー登録、スタッフ紹介、フォトアルバム、カレンダー、メールマガジン、予約機能、なども基本機能として利用できます。お店のホームページが欲しいという方はぜひチェックしてみましょう。さらに詳しく:グーペ
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

流通総額4年連続NO.1達成

無料でネットショップをはじめてみよう!

当サイト推薦の無料サービス!

定番のインターネット仕入れサイト

国内最大級の仕入れサイト!登録無料!

▼ICHIOKU.NET(アパレル仕入れの定番)
私の知る限りアパレル関連ではここより商品点数が豊富なサイトは知りません。仕入れだけでなく商品の制作先を探すこともできる。
PAGETOP
Copyright © いまどきのネットショップ開業講座 All Rights Reserved.