韓国仕入れの第一歩を踏み出すための情報

韓国商材(食品、ファッション、子供服など)でネットショップを立ち上げてみたいが商品の仕入れ方が全くわからない!そんな方のために、韓国仕入の第一歩とも言える基本的な情報や具体的なサイトなどをまとめてみました。

目次(主な仕入方法)

韓国に直接出向いて仕入れをする方法

南大門・東大門市場での仕入れが有名

韓国に直接出向いて仕入れをする方法です。仕入れ場所は「南大門市場」と「東大門市場」があまりにも有名ですね。南大門は食材や雑貨店などが多くて年齢層40代~向けの商材、東大門はアパレル中心で10代~20代の若い方向けの品揃えが多い印象があります。平日の夜間は国内外から仕入れ目的のバイヤーが集まるため市場は活気に包まれています。

アテンドやエージェントと呼ばれる
仕入れを総合的にサポートしてくれる仲介業者がいる

はじめて韓国での買付をする際には、アテンド(付添人)やエージェント(仲介業者)と呼ばれるガイドつける方が多いようです。日本人バイヤー向けの専門業者も多いので、仕入れ業者の紹介、通訳、価格交渉、日本への配送まで総合的にサポートをしてくれます。業者にもよりますが、仕入れ目的の場合には料金は時間ではなく、購入金額に対して手数料が発生する形となります。交渉次第ですが10%~15%が相場のようです。

国内から韓国商材の仕入れをする方法

1)インターネットの仕入れ業者を利用する

最も手軽で安全性が高いのがインターネット仲介業者経由での韓国製品の仕入れです。韓国製品の取扱が多い代表的なサービスが下記の2つのサービスであり、いずれも法人だけでなく個人事業主でもバイヤー登録可能です。年会費などの維持費も掛かりません。まずこのサイトを利用して、韓国製品の仕入れ料金の相場を調べてみましょう。

代表的な韓国製品の仕入れサイト(登録無料)
  • イチオクネット!・・・アパレル商材の仕入れができる定番サイト。韓国のレディースファッションはもちろんのこと、注目度の高い韓国子供服の出品もあります。
  • NETSEA(ネッシー)・・・国内でもトップクラスの商品点数を誇るインターネット仕入れサイト。韓国商材は食品からファッション、雑貨まで豊富な品揃えが魅力。

2)日本国内で開催されている展示会をチェックする

日本国内でも韓国メーカーや卸業者との引き合いを目的とした展示会や商談会が開催されています。商品のジャンルは最先端のテクノロジー関連から食品、ファッションまで多種多様に開催されています。展示会に参加するには事前のエントリーが必要となります。


3)韓国通販サイトより仕入れる

韓国通販サイトのセール商品などを購入して、国内で転売するようなスモールビジネスも存在します。さらに踏み込んだ取引がしたい場合には、下記サイトなどからメーカーや製造元などを調査して直接取引の交渉などをしてみてもいいですね。

  • Qoo10・・・Gmarketから派生した海外向けのECサイト。サイトは日本語化されており、誰でも簡単に買い物ができる。
  • GMarket・・・韓国最大級のECサイト。日本国内への配送に対応していない場合には代行業者などを利用するのが一般的。
  • COUPANG(クーパン)・・・韓国で一番勢いのあるECサイトです。ソフトバンクが10億ドル投資したことでも有名ですね。韓国在住の友人に言わせると圧倒的に一番安いとこのです。

4)製造元の中国から仕入れる

韓国で購入できる商材には、中国や東南アジアで製造している商品もたくさんあります。私自身も製造元の中国から大量に韓国アパレルを仕入れたことがありますが、直接仕入れをするよりも半額以下の相場で購入することができました。中国の場合にはQQと呼ばれるメッセンジャーのようなソフトでリアルタイムに値引き交渉などができます。(※中国語は必須)もちろんリスクも大きいですが、リスク=利益と考えなければ他社に対抗できないという面も理解しなくてはいけません。

  • 淘宝網(タオバオワン)・・・中国で一番知名度が高い個人間取引ができるマーケットです。数年前に大規模な口コミ不正などがあり利用者数は減少気味!?膨大な商品から掘り出し物を探すならばココが最適。
  • 天猫・・・上記と同じアリババグループが運営するBtoCのショッピングモール。法人のみ出店できるので、淘宝網よりも商品の品質は優れている反面、掘り出し物などは少ない印象がある。

5)オークションや個人間取引サイトで仕入れる(転売)

海外のオークションや通販サイトで仕入れて、Amazon、ヤフオク、SNS(Instagramなど)、フリマアプリなどで転売する方法です。趣味や副業などスモールビジネスを目的とした場合にはアリかもしれませんが、大きな利益をあげるのは難しいですね。一つの手法として覚えておきましょう。

韓国にも「Auction.」など個人間取引のオークションサイトはありますが、住民登録番号もしくは外国人登録番号が必要になります。つまり韓国在住でなければ原則的に参加できないということですね。代行業者もありますが、当然ですがリスクもあります。

  • BUYMA・・・海外の商品を代行して購入して国内に配送してくれるサービス。日本未発売の商品などであれば転売する価値はあるかもしれない。
  • eBay・・・世界で一番利用されているオークションサイト。転売ビジネスの仕入先としては有名ですね。
  • ヤフオク・・・国内最大級のオークションサイト。上記のような海外オークションで仕入れた商品の転売先として利用されている。

6)現地に専任バイヤーを雇い仕入をする

韓国在中の専任バイヤーと契約して仕入れをする方法です。現地で知り合った人や小売店と契約したり、SNSで人材を募集するなど探し方は色々あります。韓国語と日本語が話せて、日本の文化にも理解のある人物が理想です。もちろん相手との信頼関係が無ければ成り立ちません。


7)ネットショップのスタッフとして
韓国人や韓国語ができる人材を雇用する

上記で紹介した「インターネットの仕入れ業者」や「韓国での直接買いつけ」などを利用してネットショップを運営してみて、軌道に乗ったら韓国人スタッフを採用して仕入方法を拡大していく方法です。ネットショップのスタッフとして採用すれば余計な人件費を掛けることなく、信頼できる韓国語の話せるスタッフを獲得することができます。スモールビジネスから展開してくので、大きなリスクを回避しつつお店を拡大することができます。

まとめ

さいごに言いたいこと

海外との取引ではリスクと費用のバランスが全てです。費用を掛けずにリスクを軽減したいのであれば信頼できる仲間をつくりましょう。それはエージェント(仲介業者)ですか?現地ガイドですか?取引先ですか?私は自社スタッフとして採用する形が一番しっくりと来ましたが(ほぼこのパターンでスタートすることが多い)、答えは人それぞれ違うものです。まずは行動すること、そしてあなたにとって最適な方法を探してみてください。

合わせてこちらもチェック