現在は日本語ドメインの登録はできません

2017年11月に確認したところ日本語ドメインでの登録はできませんでした。SEO的な観点でみても、日本語ドメインはすでに過去のものになった感ありますよね。ということで、現在は日本語ドメインは使えませんが過去の参考情報として残しておきます。

Stores.jpで日本語ドメインを利用する手順

日本語はPunycode表記に変換して登録する

日本語ドメインはインターネット上では英数字に変化されて処理されます。たとえば「帽子専門店」という名前で取得したい場合には「xn--i8s0pg9cmky65u」という英数字で取得することで日本語表記となります。変換には規則的に行われ、日本語ドメインを変換した表記のことを「Punycode表記」とよびます。Punycodeへの変換は「http://punycode.jp/」にて可能です。

実際に取得すると『https://日本語部分.stores.jp/』というアドレスになるようです。注意点としては、文字数ですね。Stores.jpに設定できるURLの文字数は「3文字~20文字以内」となっているので、変換前の文字数は5文字程度までにしておきましょう。

BASEでの日本語ドメインの利用について

無料ネットショップサービスとして比較されることが多い「BASE」ですが、2013年11月の段階ではBASEは日本語ドメインに未対応となっております。その後、日本語ドメインに対応したような記憶もありますが、2017年11月に再度確認しましたが未対応でした。

関連記事