ネットショップの作り方がわかる!開店・開業を考えている方向けのECショップ(ショッピングカート・買い物カゴ・作成ツールASP)制作・運営支援サイトです。

最初が肝心!ネットショップの名前の付け方

あとから後悔してもショップの名前は変えづらい・・。

ネットショップの名前はあとから後悔しても変えづらいのでよく考えてつけましょう。ショップ名を変えることは、お客様を混乱させるだけでなく、検索エンジンへの評価にも影響する可能性があります。名前に合わせたドメインを取得している場合には、ドメイン名の変更も検討しなくてはいけません。とにかく最初が大切です。よく考えてネットショップの名前をつけましょう。

名前を決める上で重要な2つの要素

大きく分けて2つの要素のバランスを考えならが名前を決めていきます。

SEO対策、検索エンジンの評価を意識した名前。
一度聞いたら覚えやすいリピート率の高い名前。

検索に強い名前(SEO対策)

こんなショップはSEO対策を意識した方が良いという例

あまりリピーターを求めるような商材ではない場合には、店舗名だけでお店の内容もわかるようなネーミングを推奨します。たとえば「還暦祝いギフト専門店」などは、個性的な名前にするよりも「還暦祝い・ギフト」という検索キーワードを入れて新規顧客の集客をアップする方がおすすめです。ヒント:このような店舗の場合には「リスティング広告」での集客が”とても効果的”です。

ショップ名にキーワードを入れる

ショップ名に狙っている検索キーワードを入れる方法です。そのまま販売している商材名や商材のジャンルを入れたり、関連するキーワードと組み合わせて複合ワードを入れる場合もあります。店舗名を見ただけで「何を売っているお店なのかわかる」というメリットもあります。

長すぎるショップ名はNG!

あまりにも長すぎるショップ名は避けましょう。Googleの検索結果に表示されるタイトル名は日本語表記で30文字前後とされており、それ以上のタイトルは省略された形で表示されます。もちろん30文字は長過ぎますね。長くても15文字程度には収めるようにしましょう。

記号やマークの利用は控える

Google検索などの検索エンジンでは特殊文字などは検索できない文字もあります。キャリアによっては記号やマークなどの文字コードが対応していない場合もあるため基本的には利用を控えることを推奨します。

検索上位が狙えるニッチな店名で出店する

ニッチとは隙間という意味で、最初から”検索経由の集客ができそうだからお店を作ろう”という逆転の考え方。具体例としては「右開きスマホケース」という検索キーワードに対して「右開きスマホケース専門店」を開業して待ち構える形など。具体的な集客方法を決めて出店している点では評価できます。特定のジャンルだけを限定して支店という形で窓口を広げてもいいですね。「無料ネットショップ」を利用すれば出店費用・維持費なども経費も掛かりません。

覚えやすい名前(個性的でリピート率の高い名前)

こんなショップはリピート率を意識した方が良いという例

商品や店舗をブランド化して販売したい場合には個性的でオリジナリティのあるネーミングがおすすめです。店舗名が検索でみつからないような”ありふれた名前”ではリピートに期待はできません。具体的にはファッション通販サイト、スィーツ専門店、輸入雑貨系など。個性的な名前の方が評判が伝わりやすく相乗的な集客には適しています。

個性的でオリジナリティのある店舗名

個性的で覚えやすく他にはないオリジナリティのある店舗名が理想です。

短くてシンプルな店舗名

名前は短くてシンプルなほど覚えやすいです。ただし同じ店舗名など競合も多いのでバランスを考えてきめましょう。

インパクトのある店舗名

一度聞いたら耳について離れないような驚きのある名前です。記憶に残る名前を考えてみましょう。

地名を入れた店舗名

その商材の生産地であったりお店の出店場所などが該当します。「青森のりんご」「京都の着物」など。商品の特徴でブランド化も図れて、検索経由でのアクセスにも期待ができます。

韻を踏んだリズム感のある店舗名

店舗名を読んだときの、響きを重視した名前のつけかたです。韻を踏んだようなリズム感のある店舗名など印象に残るようなショップ名を考えてみましょう。

商品の世界観に合った名前

商品の世界観を意識した店舗名のつけ方です。よくあるフランス語で○○という意味の店舗名など。逆にあえて商材の世界観と合わないような名前をつける方もいるようです。

カタカナ表記やひらがな表記で分かりやすいショップ名

英語表記や漢字表記よりも誰でもリピートしやすい店舗名だと言えるでしょう。英語表記や読みにくい漢字などを店舗名とした場合には、ひらがな、カタカナ表記でも検索エンジンで表示されるように最適化しておきましょう。

覚えやすい名前にはこんなメリットもあります

楽天市場、Yahoo!ショッピング、Denaマーケットなどから自社サイトに移転や多店舗展開した場合にも、覚えやすい店舗名をつけておくことで、検索経由で簡単に移転先のサイトが見つけやすくなります。関連:複数店舗・多店舗展開で売上アップ!成功パターンとコツを伝授

最終チェックポイント

同じ名前、似ている名前の店舗はありませんか?

検索エンジンなどを利用して似ている名前のネットショップがないかをチェックしてみましょう。あえて人気ショップに似せた名前をつけるのはモラルに反するだけでなく、商標法違反などで法的に罰せられる可能性もありますので覚えておきましょう。

商標登録の確認方法(インターネットでの確認手順)

特許情報プラットフォーム(J-Plat Pat)データベースより、商標の登録状況を簡易検索することができます。「商標出願・登録情報」にアクセスしたのち検索項目に「商標(検索用)」を選択、検索キーワードに「希望する商標」を入力して確認してみましょう。※検索結果は商標公報に代わるものではありません。


商標登録なしで似ている店舗を訴えることはできません

商標登録がされていない場合には、似ているようなショップ名やロゴマークでも法的に訴えることはできません。逆に他の方が先に商標権をとった場合には、あなたに対して損害賠償請求のリスクが発生します。本気でネットショップを運営する場合には、早めに商標登録を検討してみましょう。


「LOGO市」ロゴマーク制作と商標登録が一つになったサービス

プロがロゴマークを制作してくれる「LOGO市」では、ロゴマーク制作と商標登録が一つになったプランがあります。ロゴマークまでの商標登録について専門知識をもつ業者は多くはないので、既に似ているロゴマークが登録されたなどのトラブルを回避する意味でもおすすめできるサービスです。詳細はこちら:商標登録で悩んだらまず相談【LOGO市商標プラン】

お店の名前に合わせたドメインが取得できるのかを確認しておきましょう

ECビジネスで独自ドメインはもはや必須です。お店のネーミングに合った独自ドメイン(メールアドレス・WEBサイトのアドレスに運用する)が取得できるかを「ムームードメイン」などの取得業者で確認しておきましょう。既に利用されているドメインは残念ながら取得できません。ドメインは年会費1,500円程度、ドメインの種類は「.com」ドメインを推奨します。さらに詳しく:おすすめの独自ドメイン取得方法

最終確認!電話で伝えて検索で見つかる名前が理想的

これが最終確認となります。電話で「○○で検索して表示されるお店だよ」と簡単にみつけられるような店舗名・キャッチコピーを考えてみましょう。シンプルなキーワードでみつかるほど、口コミによる拡散の可能性、一度買物をした方のリピート率は高くなる傾向になります。店舗名が難しい漢字や英語表記の場合には、ひらがな、カタカナでも検索経由でもみつかるように、ページのフッター部分や店舗概要ページなどに「読みかな」などを記載して検索エンジンへの窓口を開いておきましょう。

特集記事

▼ネットショップ開業の比較(自分にあった開業方法の見つけ方)

▼無料で利用できるネットショップ開業サービス一覧

▼ネットショップ開業するために商品を仕入れる方法
ネットショップを開業したいという漠然としたイメージはあるが、商材が見つからないという方も多いようです。今回はネットショップで販売する商品を見つける基本的な仕入れ方法をいくつかご紹介します。続きはこちら:ネットショップ開業するために商品を仕入れる方法

ピックアップ!実店舗のHP制作に最適!

月額1,000円で本格的なサイトが作れる!
飲食店、美容院など商用目的のサイト作成なら”グーペ”でキマリ!
おすすめ
初心者でも簡単に飲食店、美容院、エステサロンなど本格なビジネス用途のホームページが作れるサービス。このサービスは商用目的での利用に特化したサービスなので、デザインのクオリティもビジネス用途にふさわしく、料金メニュー、フォトアルバム、地図、カレンダー、クーポン、予約機能なども基本機能として利用できます。さらに詳しく:店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」

ネットショップ開業

当サイト推薦!ネットショップの広告集客はこちらがおすすめ!
Yahoo!スポンサードサーチ!
広告料金3,000円から掲載できる!

数ある広告媒体のなかでも一番費用対効果の高いのが検索連動型の広告です。クリック課金型なので、クリック=集客できた場合以外にお金は掛かりません。お店のスタートアップ、イベント、新商品の入荷など”ここぞ!という場面”で利用してみましょう。さらに詳しく:Yahoo!スポンサードサーチ!

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

当サイト推薦!ネットショップASP

流通総額3年連続NO.1達成!
MakeShop(メイクショップ)
当サイト管理人のイチオシ!
MakeShopをおすすめする理由とは

無料で開業できるネットショップ

えっ!?タダ!?
無料ネットショップ

ネットショップ開業

ネットショップの屋号口座を作ろう

ネットショップに
最適化されたネットバンク
>>おすすめネットバンク

もっと商品ボリュームが欲しい

商品点数を一気に増やせる
TopSeller!

多店舗管理ツール(楽天・Yahoo!など)

2015年楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー受賞35店舗が利用する注目の一元管理ツール

国内最大級の店舗情報サイトに掲載!

実店舗の集客に!
登録必須のWEBサービスはこちら

ネットショップの確定申告はこれ!

売上を自動的に取込データ化
確定申告の書類も自動作成!
対応ネットショップも増加中!
(BASE、カラーミーショップ、STORES.jpなど。)

PR

PAGETOP
Copyright © いまどきのネットショップ開業講座 All Rights Reserved.