ネットショップの作り方がわかる!開店・開業を考えている方向けのECショップ(ショッピングカート・買い物カゴ・作成ツールASP)制作・運営支援サイトです。

ネットショップ開業するために商品を仕入れる方法

商品を仕入れる方法

何を売ればいいかわからない・・。
そんな方に基本的な仕入れ方法をいくつかご紹介してみます

ネットショップを開業したいという漠然としたイメージはあるが、商材が見つからないという方も多いようです。今回はネットショップで販売する商品を見つける基本的な仕入れ方法をいくつかご紹介します。まずは行動して販売商品のヒントを探してみましょう。


インターネットを利用した新しい仕入れのかたち

まずはネットで仕入先を探す


国内最大級(160万商品以上!)の品揃えを誇るインターネット仕入れサイト
昔は問屋に直接足を運び仕入れをするのが基本でしたが、現在は必ずしもその方法がベストだとは限りません。国内最大級のインターネット仕入れサイトの「NETSEA(ネッシー)」を利用すれば、卸であるメーカー、問屋、卸会社などの卸価格をみたり、直接商談して仕入れることも可能です。法人、個人事業主であれば、年会費無料で登録することができます。かなり実績の高いサービスです、まずは商材探しの第一歩として登録してみましょう。


在庫を持たずに商品点数を一気に増やす方法

まずはネットで仕入先を探す



登録(無料)完了画面で、マイページに進むと商品・卸値を確認できます
新規店舗の多くは開店当初の商品点数の少なさで苦戦をしています。商品点数はお店の規模の指標であり、お客様からの信頼感や安心感にも影響します。とはいえ「過剰な在庫はもてない!」という声が聞こえてきそうですが、そんな方に覚えておいてほしいのが「トップセラー」というサービスです。こちらのサービスはネットショップ専門の仕入れサービスで受注発注方式なので在庫リスクもなく商品点数を増やすことができます。楽天市場、Yahoo!などでも実績をあげている店舗も多く注目度の高いサービスです。

商材を仕入れる方法

① オリジナル商品を作成する

自分で商品を制作して販売する方法です。ハンドメイドの雑貨、工芸品、スィーツなどの食品、小説、漫画などのデジタルコンテンツまで自分で作ったものを販売します。全て自分で行えばリスクも少なく、副業としても成立しやすい商材だといえるでしょう。無料ネットショップを利用すれば出店費用も掛かりません。この形で出店する際には、オーダーメイドの注文なども受付けると単価をあげることができます。

② 身近なものから売れるものを探す

あなたの身近だけにある良品をインターネットで販売する方法です。その地域でないと仕入れが出来ないものなどはインターネットでの需要があります。そんなものはないと思われる方は、もっと視野を広げてみてください。たとえば、インターネットで販売されている「流木」などをご存知ですか?海に打ち上げられた流木が、自然のインテリアとしてインターネットでは高額取引されています。身近で無価値だと思い込んでいたものでも需要さえあれば価値は生まれるのです。

③ ネット仕入れサービス・卸業者を利用する

インターネットには、メーカー、問屋、卸会社から商品を仕入れることができるサービスがあります。このようなサービスは企業間取引(Business-to-businessを略して, B2B, BtoB)と呼ばれています。基本的に企業間取引(個人事業主は入会できます)のみ可能であり、一般消費者の方は入会することはできません。インターネットを介して卸価格なども確認できるので市場調査を目的として登録しておいても損はありません。

ネット上で仕入れが行えるサイト

④ メーカーから直接仕入れをする

販売したい商品を製造しているメーカーから直接仕入れる方法です。インターネットなどで調べて電話やメールなどで問合せをしてみましょう。その際に、お店の規模、実店舗の有無、販売形態(ネットor実店舗)などを伝えるとスムーズに話を進めることができます。直接小売店への販売をしていない場合には仲介業者を問合せてみましょう。

⑤ 一般の卸問屋・問屋街を利用する

卸問屋は日本全国に存在します。問屋街と言われる問屋が集中して形成された街も存在しており、東京では「日本橋横山町・馬喰町問屋街」などが有名です。多くの問屋さんは一般消費者への販売をしないために会員制を導入しており、小売業者であるを証明するような書類提出して審査を通過した場合にのみ会員登録ができます。入会審査では実店舗のある小売店の方が優遇される傾向があります。

ネットショップ開業準備中には個人名刺を用意しておきましょう

ネットショップの開業準備をする際には個人の名刺を用意しておきましょう。仕入先を探す際に有効な問屋街や見本市・展示会に足を運ぶ際には必須です。手元に残る自己紹介は短時間で人間関係を築く際に役立ちます。名前、住所、電話番号、メールアドレスなどを記載するだけでなく”ネットショップ開業の準備をしています”などのメッセージを入れるのもいいですね。「ビスタプリントプレミアム名刺」などが品質的にもデザイン的にもおすすめです。

⑥ 見本市や展示会に足を運ぶ

企業や問屋が大きな会場に集まりショーケースに展示したりデモストレーションなどを行い小売業者に宣伝を行うイベントの事です。誰でも参加できるようなものから、実績のある小売店だけを集めた展示会などもあります。一般的にどの展示会も事前の申し込みが必要となります。

いくつもの業者が合同で開催する総合的な展示会は2月~3月頃、9月~10月頃の年二回で、それ以外の時期は個別の小さな展示会が開催されているという感じです。総合的な展示会では日本最大級の規模で開催される「東京インターナショナル・ギフト・ショー」などが有名ですね。この時期に開催される先行受注回(主にアパレル)の場合には、2.3月は秋冬モノ、9.10月に春夏モノと、半年以上先の発注をする形となります。

海外でも展示会や見本市は開催されています。国内以外の商品仕入れなどを検討している方は、世界の見本市・展示会の情報をチェックすることができる、JETRO・ジェトロ(日本貿易振興機構)が運営する「見本市・展示会データベース」なども確認してみましょう。

⑦ 海外から直接仕入れる

海外のマーケットに直接出向いて自分の足で商品を探し、気に入った商品が見つかれば直接交渉を行い商品を買い付けます。海外輸入の一番ベーシックな方法ですが、バイヤーとしてのセンスが問われるだけでなく、交渉の経験や知識が必要になります。はじめての海外買付けで現地の言葉も出来ない場合には、品定めよりもアテンド(通訳・交渉の代理人)選びの方が重要かもしれません。

加工のみ人件費の安い海外を利用する
国内で材料は調達、加工のみ人件費の安い海外(中国、ベトナムなど)を利用するという商品開発方法もあります。アパレル商材では「関税暫定処置法第八条」(通称:ザンパチ)などを利用すれば、再輸入する際の関税は加工費だけの負担で済みます。

⑧ ドロップシッピングを利用する(委託販売のようなもの)

ドロップシッピングとは、ネットショップで注文が入った時点で、メーカーや卸売業者から直送するネットショップの運営形態です。卸値に対して自由に販売価格を設定することができて差額が利益となります。国内では2006年頃に20社以上が参加して話題になったが、現存するサービスは一握りだが、実は業界自体の売上高は伸び続けている。

主要のドロップシッピングサービス
  • トップセラー・・・業界最王手の「もしも」が運営、商品点数25万点以上で全ジャンル揃う。お試しプランは永年月額無料で利用できる。
  • 商材王・・・家具・インテリアならチェックしておきたサービス。オリジナル商材が豊富で商品写真のクオリティも高い。

⑨ オークション・フリマアプリ・海外マーケットから商品を仕入れる

海外の通販サイトやオークションで商品を購入して販売する方法です。オークションは落札しなければ商品の状態がわからないリスクはありますが、驚くような掘り出し物が販売されている可能性もあります。中古のジーンズなどを格安に落札して、バッグなどに再加工して販売するなど、リメイクのパーツ仕入先としても有効です。

国内の主要ネットオークションサイト
  • ヤフオク!・・・国内最大級のオークションサイト
  • モバオク・・・携帯、スマホ向けで若いユーザーの利用が多い

フリマアプリ
  • メルカリ・・・国内最大級のフリマアプリ
  • ラクマ・・・楽天市場が運営するフリマアプリ

海外のオークション・中国マーケットなど
  • eBay・・・世界最大級のオークションサイト。「eBay公認日本語サイト セカイモン」日本語で出品者とのやりとりや通関時の税関手続きまで代行までOK!
  • AliExpress・・・アリババが運営する海外向けの通販サイト
  • BUYMA・・・世界の250万人が利用するソーシャルショッピングサイト
  • タオバオ・・・アリババ運営で中国最大級のショッピングサイト(CtoC※個人出店)
  • 天猫Tmall・・・アリババグループのショッピングモール(BtoC※法人出店)
  • C2J.jp・・・日中間最大級の仕入れB2Bサイト

相場を調査する(インターネット上で過去10年分の取引履歴)
  • オークファン・・・国内最大級のインターネットの販売相場の検索サイト。ヤフオク、モバオク、楽天、アマゾン、メルカリ、ebay、セカイモンなど主要ショッピングサービスは全対応、過去10年分約300億の取引情報が閲覧可能になる。無料会員は過去6ヶ月までですが、値付けをする上でかなり重宝するのでプレミアム会員(月額980円)以上での利用が推奨。

⑩ ハンドメイドマーケットプレイスで仕入れる・作家を探す

ハンドメイドマーケットプレイスとは、個人ユーザーをメインとした手作り商品を販売しているマーケットです。商品をみて作家にメッセージを送信できるので「専属契約」「OEM生産」など新しい出会いが生まれるかもしれません。オリジナルで新しい商品が次々と登場するので、新製品開発のヒントにも活用できそうです。

主要ハンドメイドマーケット

縫製クラウドソーシングサービス

⑪ 古物市場を利用する

古物市場とはリサイクルショップ同士などが商品売買をする市場のことです。参加するためには「古物商許可証」と、ほとんどの場合「参加費用」が掛かります。古物市場は日本全国に存在しており、許可申請をしている各都道府県の警察署に問い合わせると場所を知ることが出来ます。リユース市場は年々増加の傾向にありますので、商品ジャンルによっては覚えておきたい仕入先の一つです。

⑫ 倒産した会社・卸業者の過剰在庫を大量に一括で仕入れる

倒産した会社の商材、問屋や卸業者の過剰在庫など、種類の違う商材を”一山いくら”で大量に一括仕入れする方法です。新規仕入先を探すというよりも、既に取引のあるメーカーや卸業者から、家電製品のジャンク品も含まれるような在庫、アパレル系のキャリー品(型落ち)などをイメージしてみてください。大きく利益を出せる可能性もあれば、全然売れない商材を大量に仕入れてしまうリスクもあります。仕入れ業者との交渉手段の一つとして覚えておきましょう。

⑬ 受注生産系のサービスを利用する

無料ネットショップ開業サービス「BASE」には、インターネット上でオリジナルのTシャツのデザインを作り販売する機能があります。注文が発生したTシャツのみ生産されるので、在庫をもつ必要もなくノーリスクで販売することができます。おすすめの利用方法としては、有名配信者、人気ブロガー、インディーズバンドのオリジナル商品の販売など、パソコン一台あれば直ぐにでも出店販売することができます。また、サークル・団体などで合わせたTシャツ(ユニフォーム)などを作る際にも集金と配布の手間を省くことができます。集金の際にはクレジットカード決済も出店と同時に導入できます。さらに詳しく:オリジナルTシャツ販売ができる!無料ネットショップBASE

海外仕入・取引をする際に覚えておきたい2つのサービス

1)国際通話料金を無料・格安にするサービス

仕入先と直接交渉する際には国際電話は必需品です、時差なども考慮して夜間の料金なども確認しておかなければいけません。結論を言うと「三通無料国際電話」など国際通話料金が無料で利用できる電話中継サービスを活用しましょう。仕組みは中継地点から先はインターネット(IP電話)で繋いでいるので一般的な国際電話のような費用が掛かりません。料金は中継点である東京までの国内通話料金のみ掛かります。もちろん合法なので、安心して利用して大丈夫です。

首都圏以外の場合には「Telink(テリンク)」の方が中継地点(札幌、名古屋、大阪、福岡など)が多いのでおすすめです。こちらは”国際通話料1分1円”かかりますが、国内通話料金を考慮すれば断然お得になる可能性もあります。どちらも初期費用・月額費用ともに無料で利用できるので覚えておいて損のないサービスです。

2)FAXをメールで送信・受信できるサービス
重要書類の紛失や確認漏れを回避することができる

海外との仕入では契約書の提出、輸出入の通関手続きでFAXを利用することがよくあります。そんなケースで便利なのがFAXをEメールで送受信できるインターネットFAXというサービスです。このサービスは単純に料金が安いというメリットだけでなく、FAXの送受信データが残るのであとから書類内容の確認などが簡単にできます。重要書類の紛失、確認漏れも防げます。受信データを紙書類にする必要もありません。

料金は月額1,000円前後、ネット回線だけですぐに利用できます。お客様からのメールまで受信したいのであれば「市外局番」が利用できる「efax(イーファックス)」で一択、ビジネス用途でガンガン利用するなら「BizFAX ストレージ&リモート」は「050」のIP電話番号なので通話料金が安い(IP同士の一部は無料)ので経費削減にもなります。

最期にアドバイスを一言

販売商品がみつからない場合には

何を売ればよいかわからないという方は「楽天市場ランキング市場」などをみて、今売れている商品を分析してみましょう。なぜ売れているのか理由を分析して商品を仕入れたり、不満の声をチェック新商品のアイデアを練ってみましょう。

商品を仕入れるための最大のコツ

まずはインターネットで情報を収集してみつけてみましょう。そして取扱のある業者やメーカーを探して電話やメールなどで問合せをします。商品仕入れの最大のコツは行動することであり、行動なくして商材がみつかることはありません。

あなたが挑戦していることに対して「こんな方法では仕入先はみつからない」という否定的な意見を言う方がいるかもしれません。それでも行動を辞めないでください。自分の環境や適正にあった方法で探せば大丈夫です。実際に海外に出向き仕入れをしている方もいれば、インターネット経由の仕入だけで成功している方もいます。重要なのは最終的に商材と信頼できる相手(人)に巡り合うことです。商材も人も、出会いの方法は一つだけでは無いですよね。

私の考える仕入力とは「人脈」であり、それまで築き上げてきた信頼です。たくさんの仕入れ業者を探すことも重要ですが、小さな取引からお互いが信頼できるような関係を築きあげていく積み重ねこそが大切です。とくに海外での仕入では、仕入先の横の繋がりから新しい仕入れルートが確保できるケースがよくあります。まずは自分にできることからはじめてみましょう。

関連記事

▼2017年版インターネットの仕入れ先・卸売サイトまとめ

ネットショップや実店舗・事業用で利用する商品などの仕入れサイトをまとめてみました。B2Bサイト、ドロップシッピング、卸問屋・メーカーなどの直営サイトまで、管理人の気になるサイトを厳選してご紹介します。続きはこちら:2017年版インターネットの仕入れ先・卸売サイトまとめ!

注目サービスをピックアップしてご紹介

Wowma! が驚きの無料キャンペーン実施中!
※旧Denaショッピングモール/auショッピングモール

2017年春に新しくリニューアルしたKDDI運営のショッピングモールWowma!(ワウマ)にて”月会費と入会金が0円になるキャンペーン”がスタートしました。このサービスは、一つのモールに出店するだけでWowma!とWawma!for auという2つのモールに同時出店できます。すでに他社モールに出店している方にも、多店舗展開の一つとしてもおすすめです。詳細はこちら:Wowma!(入会金0円/月会費0円キャンペーン)

当サイトでアクセスの多い特集記事はこちら

▼ネットショップ開業の比較(自分にあった開業方法の見つけ方)

▼無料で利用できるネットショップ開業サービス一覧

▼ネットショップ開業するために商品を仕入れる方法
ネットショップを開業したいという漠然としたイメージはあるが、商材が見つからないという方も多いようです。今回はネットショップで販売する商品を見つける基本的な仕入れ方法をいくつかご紹介します。続きはこちら:ネットショップ開業するために商品を仕入れる方法

ピックアップ!プロ仕様の店舗ホームページが簡単に作れるサービス

月額1,000円で本格的なサイトが作れる!
飲食店、美容院など商用目的のサイト作成なら”グーペ”でキマリ!
おすすめ
初心者でも簡単に飲食店、美容院、エステサロンなど本格なビジネス用途のホームページが作れるサービス。このサービスは商用目的での利用に特化したサービスなので、デザインのクオリティもビジネス用途にふさわしく、料金メニュー、フォトアルバム、地図、カレンダー、クーポン、予約機能なども基本機能として利用できます。さらに詳しく:店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」

ネットショップ開業

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

流通総額4年連続NO.1達成

無料で開業できるネットショップ

えっ!?タダ!?
無料ネットショップ

ネットショップの屋号口座を作ろう

ネットショップに
最適化されたネットバンク
>>おすすめネットバンク

定番仕入れサイト3選!全て会員登録無料!

▼NETSEA(国内最大級の仕入れサイト)
国内最大級の仕入れサイト、商品ジャンルも幅広くネット仕入れと言えばこのサイトはこのサイトは外せません。
▼ICHIOKU.NET(アパレル仕入れの定番)
私の知る限りアパレル関連ではここより商品点数が豊富なサイトは知りません。仕入れだけでなく商品の制作先を探すこともできる。

▼トップセラー(仕入れ不要の仕入れサイト)
在庫リスクゼロ!受注発注で直接顧客に配送してくれるサービス。小さなネットショプでも一気に商品ボリュームを増やせる。

国内最大級の店舗情報サイトに無料掲載!

実店舗の集客に!
登録必須のWEBサービスはこちら

PR

PAGETOP
Copyright © いまどきのネットショップ開業講座 All Rights Reserved.