ネットショップの作り方がわかる!開店・開業を考えている方向けのECショップ(ショッピングカート・買い物カゴ・作成ツールASP)制作・運営支援サイトです。

ネットショップデザインのコツ!売れる店舗デザインとレイアウトについて

ネットショップのデザイン

店舗デザインの基礎知識

このページでは当サイト管理人の経験をもとに、ネットショップのデザインやレイアウトなどの基礎的な知識をご紹介します。店舗デザインやレイアウトなどで売上も大きく変わってきますので、試行錯誤しながら”売れるデザイン・レイアウト”を探してみてください。

目次

商品画像・視線を集めるバナーの作り方とコツ

商品画像は何よりも重要!売上にも一番影響してきます

ネットショップで何よりも重要なのは商品画像です。売上に一番に影響する部分であり、商品画像だけを変更しただけで売上を何倍・何十倍もアップした店舗をたくさん見てきました。実際の商品が良くても、商品説明がうまくても、商品画像が悪ければ意味がありません。商品撮影に自信がなければ、商品撮影代行業者を利用してクオリティの高い画像を作りましょう。

1カット280円!プロが撮影する商品撮影代行サービス

GMOグループが提供する商品撮影サービスです。業界最安値1カット280円からプロカメラマンが商品画像を撮影してくれます。左の画像は公式サイトサンプル画像より転載となります。詳細はこちら:1カット280円から!業界最安値の商品撮影サービス

ショッピングモールでは第一画像はとくに重要!

楽天市場、Yahoo!ショッピングなどのモールに出店した際には、第一画像として登録した商品画像は、検索結果やランキングなどの表示にも利用されます。他社と比較して目につきやすくて、ひと目で商品の種類がわかるような画像を選択しましょう。第二・第三画像は、細部や商品の特徴などがわかるような写真を用意しましょう。

商品画像は正方形で作るのがおすすめ!

メインとなる商品画像は正方形で作ることをおすすめします。大手ショッピングモール、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどのサムネイル画像は、正方形の商品に対して最適化されており、長方形でも表示はできますが表示面積が小さくなるため余り目立ちません。アパレル系のショップなどは、縦長の方が都合が良いのはわかりますが、将来的にモールへの出店も考慮するならメイン画像は正方形で、サブ画像は黄金比を考慮した長方形などにしてみましょう。

商品画像にキャッチコピーや商品価格を入れて注目度アップしよう!

特におすすめしたい商品(送料無料、ランキング商品、人気商品など)注目をあつめたい商品にはキャッチコピーや商品価格などを入れて、より目立つような商品画像を作ってみましょう。定番商品はシンプルな画像にすることで、売りたい商品だけを強調することもできます。

商品画像・バナーに
顔写真で視線を誘導してみよう

人は無意識のうちに人物の顔に視線が誘導されるため、商品画像やバナーなどに人物を加えることで注目度をアップすることができます。イラスト等のキャラクターも同様に視線を誘導することができます。楽天市場、Yahoo!ショッピングなどのショッピングモールでは、商品画像にも人物を入れて目立たさせるような手法が多く利用されています。

商品画像・バナーに
数字を入れてクリック率をあげる

売れている本のタイトルに数字が入っているのは「読者の想像力を刺激するため」だと言われています。商品画像やバナーなどにも同様に数字を入れることで、興味を引くことができバナーや商品画像のクリック率をあげることができます。

店舗ロゴを入れてブランディング

ブランディングの一つとして商品画像に店舗ロゴを入れる方法です。オリジナル商品の販売がメインの店舗には特におすすめです。店舗ロゴを入れることで高級感をアップしたり信頼度を高めることもできます。

お店のデザイン・レイアウト(人気店舗に共通する配置パターン)

人気店舗のデザインを参考にしてみよう

まずは人気店舗やライバル店舗のデザインや色合いなどを分析してみましょう。誰をターゲットとしたサイトデザインなのか、性別や年齢なども考慮しながら自サイトの制作に活かしてみましょう。

月額:10,000円から利用できるECサイト構築サービス
CARTSTAR(カートスター)お客様ごとにデザインを変更できる!

※2016年9月ドコモの人工知能を活用した購買支援システムもスタート!

CARTSTARはNHNテコラスが運営しているネットショップ開業サービスです。他社とは違う新しい機能を多数提供しており、性別により「男性向けデザイン」「女性向けデザイン」など、見た目や構成などを変える機能や、購入回数に応じてプレゼントバナーを表示するなど、お客様ごとにパーソナライズしたECサイトの構築が可能です。さらに詳しく:ショップ構築プラットフォーム CARTSTAR

店舗ロゴはクオリティを高いものを用意する

ネットショップの全てのページの一番目につくところに表示されるのが店舗ロゴです。デザインに予算を掛けられない場合にも、店舗ロゴだけプロに依頼して制作してもらうだけで、お店の印象をガラッと変えることができるのでおすすめです。

背景色はホワイトがおすすめ

特別な理由がない限り背景色はホワイトにするのがおすすめです。商品画像には色がついているので、ページ全体の調和を考慮してもホワイトが最適ですね。

合わせて覚えておきたい色の特性について

色の違いで相手に伝える印象は大きく異なります例えば下の『美味しい餃子』という文字なら、どちらの文字の方が美味しそうに見えますか?

おそらく左の赤色の文字を選ぶ方が大多数だと思われます。暖色系のカラーは食欲をそそるカラーとして知られており、日頃から目にする広告などでもこの色が使われます。色の選び方で迷った際には、人気店舗のカラーの使い方を参考にしてみましょう。

商品直下には一番視線があつまる!
レコメンド商品などを配置して回遊率をアップしよう!

商品ページを見た後に、一番視線が集まるのが商品の直下です。多くのブログサービスなどでも記事の直下に広告が入るのはこのためです。バナーなどの広告を掲載した際のクリック率もダントツにこの部分が一番高くなります。サイドバーにはメニューを配置するのが一般的ですが、視線が一番集まるのは、最上部と最下部なのでサイドバーにバナーを配置する際にはこの位置におきましょう。

上記以外のおすすめの配置位置

  • 検索窓・・・サイドバーの最上部など”電話対応で説明しやすい場所”に配置する。
  • イベントバナー・・・ページ上部、商品の上部など目につく位置にコンパクトに配置する。
  • 定番商品・・・レコメンド商品の下、サイドバーの下部分などがおすすめ。

性別や年齢に合わせて複数店舗展開している企業が存在する

男女共通で需要のある商材などは、男性用、女性用、若い方用、年配の方用など複数の店舗デザイン・商品画像を用意して別店舗として販売する方法が注目を集めています。スマホケースなどの販売などで知られる「Hamee」は、この手法で色々なマーケットに40店舗以上出店しており、連結56億円(2015年4月期)の売上高を記録しています。

売れる店と売れない店のデザインの違い

デザインは綺麗だけど売れないお店に共通する特徴

デザインは綺麗なのに売れないお店に足りないものは”活気”です。お店にお客が溢れている、スタッフが常駐しているような雰囲気を感じなくてはモノは売れません。具体的な対策としては、季節に合わせたイベント、定期的に開催されるタイムセール、ブログで新商品を紹介したり、SNSを活用した情報の配信など。お店がリアルタイムに活動しているというライブ感のある運営を心がけましょう。

実際に買い物のシュミレーションをしよう

ネットショップのデザインに完成はありません。常に試行錯誤を繰り返し、売上アップの理想的な形を追求してみましょう。そのための方法として、お客様になったつもりで買物までの肯定をシュミレーションしてみましょう。他社とも比較して、ネットショップの完成形を目指してみましょう。

デザインに掛けるお金も時間もない!格安で売れる店を作る方法

クラウドソーシングサービスを活用しよう!

デザインはクラウドソーシングサービスを利用してプロのクリエイターに直接依頼をしてみましょう。相場は半額以下は当たり前で数千円程度でも依頼をすることができます。ネットショップのデザイン、商品撮影、商品登録、記事作成、運営代行まで、ほとんどの必要な作業を外注できるので、予算的に困った場合には覚えておきたいサービスです。※下記は実際の掲載情報のサンプルです。

おすすめできるクラウドソーシングサービス

※全て登録無料・会費などは一切掛かりません。

  • クラウドワークス・・・国内最大級のクラウドソーシングサービス。
  • ココナラ・・・ワンコイン500円から利用できるサービス。
  • ランサーズ・・・運用実績はNO.1のサービス、プロの登録者も多い。

特集記事

▼ネットショップ開業の比較(自分にあった開業方法の見つけ方)

▼無料で利用できるネットショップ開業サービス一覧

▼ネットショップ開業するために商品を仕入れる方法
ネットショップを開業したいという漠然としたイメージはあるが、商材が見つからないという方も多いようです。今回はネットショップで販売する商品を見つける基本的な仕入れ方法をいくつかご紹介します。続きはこちら:ネットショップ開業するために商品を仕入れる方法

ピックアップ!実店舗のHP制作に最適!

月額1,000円で本格的なサイトが作れる!
飲食店、美容院など商用目的のサイト作成なら”グーペ”でキマリ!
おすすめ
初心者でも簡単に飲食店、美容院、エステサロンなど本格なビジネス用途のホームページが作れるサービス。このサービスは商用目的での利用に特化したサービスなので、デザインのクオリティもビジネス用途にふさわしく、料金メニュー、フォトアルバム、地図、カレンダー、クーポン、予約機能なども基本機能として利用できます。さらに詳しく:店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」

ネットショップ開業

当サイト推薦!ネットショップの広告集客はこちらがおすすめ!
Yahoo!スポンサードサーチ!
広告料金3,000円から掲載できる!

数ある広告媒体のなかでも一番費用対効果の高いのが検索連動型の広告です。クリック課金型なので、クリック=集客できた場合以外にお金は掛かりません。お店のスタートアップ、イベント、新商品の入荷など”ここぞ!という場面”で利用してみましょう。さらに詳しく:Yahoo!スポンサードサーチ!

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

当サイト推薦!ネットショップASP

流通総額3年連続NO.1達成!
MakeShop(メイクショップ)
当サイト管理人のイチオシ!
MakeShopをおすすめする理由とは

無料で開業できるネットショップ

えっ!?タダ!?
無料ネットショップ

ネットショップ開業

ネットショップの屋号口座を作ろう

ネットショップに
最適化されたネットバンク
>>おすすめネットバンク

もっと商品ボリュームが欲しい

商品点数を一気に増やせる
TopSeller!

多店舗管理ツール(楽天・Yahoo!など)

2015年楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー受賞35店舗が利用する注目の一元管理ツール

国内最大級の店舗情報サイトに掲載!

実店舗の集客に!
登録必須のWEBサービスはこちら

ネットショップの確定申告はこれ!

売上を自動的に取込データ化
確定申告の書類も自動作成!
対応ネットショップも増加中!
(BASE、カラーミーショップ、STORES.jpなど。)

PR

PAGETOP
Copyright © いまどきのネットショップ開業講座 All Rights Reserved.