ネットショップの作り方がわかる!開店・開業を考えている方向けのECショップ(ショッピングカート・買い物カゴ・作成ツールASP)制作・運営支援サイトです。

ネットショップ専用の銀行口座を作ろう[おすすめネットバンク]

ネットショップだけの専用口座を作りましょう

ネットショップを開業した際には、ネットショップだけの専用の銀行口座を作りましょう。個人の口座と混合すると、お客様からの入金確認の漏れなどが発生する可能性も高くなります。会計処理に関しても事業用と家庭用の収支を分類するなど手間が増えるため、確定申告が必要になった際に後悔することになりかねません。現在、手持ちの個人口座で運営している方は早い段階でネットショップ専用の銀行口座を開設しておきましょう。

>>当サイト推薦!おすすめのネットバンクをご紹介!

ネットショップの銀行口座を作る際の3つのポイント!

その1.地方銀行や信用金庫はおすすめはしません

インターネット通販では全国のユーザーに対してのビジネスとなりますので、地方銀行や信用金庫など、あまり全国的に名の知れていない金融機関だけを用意することはおすすめできません。お客様のなかには、知らない金融機関に対して不安感を覚える方もいらっしゃいます。もちろん、複数の振込先を用意したなかの一つとして運用する場合には問題ありません。


その2.屋号入り銀行口座がおすすめ

ネットショップで運営する際には、屋号入りの銀行口座がおすすめです。個人名義よりも格段に振込の際の安心感は高くなります。高額商品・信頼感が必要な商材などを販売する際には必須事項です。屋号名は法人の場合(法人口座)には会社名、個人事業主(営業性個人)の場合にはショップ名を入れている店舗が多いようです。※個人事業主の場合には「屋号+氏名」が口座名となります。


その3.複数の銀行口座を用意するメリット

お客様の振込手数料をさげるために複数の銀行口座を用意しているネットショップも存在します。他行への振込よりも、同行への振込の方が手数料が安くなるためです。もちろん管理は面倒になりますが、振込手数料は商品代金と同等だと考えれば面倒だから一行だけ十分と考えるのは正しいとは限りません。客単価が下がるほど、送料や手数料という部分が売上に影響します。

都市銀行・地方銀行での屋号入り銀行口座の開設

都市銀行、地方銀行での屋号入り銀行口座の開設は、基本的に窓口でのみ受付をしているようです。必要な物は「本人確認書類」「印鑑」「開業届」と”屋号をつけて事業を実際に行っていることを確認するための資料”が必要になります。ネットショップの場合にはURLを伝えたり、ネットショップをプリントアウトして持参してもいいようです。この辺りの判断は各銀行ごとに異なるため、詳細は最寄りの銀行にて問合せてみましょう。

ゆうちょ銀行での屋号入り銀行口座の開設

ゆうちょ銀行では、町の寄り合い、サークル同好会などの会費の徴収などを名目として屋号での口座開設ができます。この口座は総合口座ではなく振替口座となります。振替口座は送金・決済を目的としており通帳も無く利子もつきませんが、ネットショップでの決済用であれば問題なく利用できます。振替口座を作るために持参する物は「開業届※屋号が記載されていること」「印鑑」「本人確認書類」の3つです。本来の利用目的上、会員規約や会員名簿などが必要になる場合もあるようですが窓口により対応が異なるようなので詳細は問合せてみましょう。

ゆうちょ銀行のみ屋号のみでの口座が取得できる
余談ですが、ゆうちょ銀行のみ「屋号」だけでの口座開設ができるため、匿名で口座を持ちたい個人事業主の方に支持されています。都市銀行、地方銀行、ネット銀行は「屋号」だけでなく「個人名」も加えた「屋号+個人名」が口座名義となります。

当サイト推薦!おすすめのネットバンクをご紹介!

当サイトが推薦するネットバンクをご紹介します。

ジャパンネット銀行

当サイト推薦!
法人・個人の屋号口座OK!ネットショップでの運用実績が高い!

ネットショップでの運用実績がトップクラスに高いサービスです。インターネットから申し込みを行ないビジネス用の普通預金口座を開設することができます。実店舗を持たないネットバンクなので、WEB上での操作性も優れており、パソコン・スマートフォン・タブレットから24時間365日残高確認や振込ができます。キャッシュカードにはVISAデビット機能が自動付帯します。詳細はこちら:ネットショップを開くなら、まずはジャパンネット銀行の口座を開設。

ジャパンネット銀行はYahoo!かんたん決済手数料が無料!

ヤフオク!での落札時の決済手数料がジャパンネット銀行での支払いのみ手数料無料になるというメリットがあります。これ以外にもYahoo!ショッピングなど関連したサービスでも連動したイベントやキャンペーンが開催されています。


楽天銀行

法人・個人の屋号口座OK!

旧イーバンク銀行のことで2010年5月より「楽天銀行」に改名されました。ネット銀行としては口座数はNO.1を誇るサービスです。法人、個人事業主ともに屋号入りの口座を作ることができます。法人口座は一般用の申し込み窓口の他に「楽天市場出店店舗専用」の申し込みページが用意されています。個人事業主の方が屋号入の口座を開設するには、先に個人口座を開設してから「個人ビジネス口座開設申込」が必要なため、個人口座をもっていない場合には若干時間が掛かります。詳細はこちら:楽天銀行

確定申告の書類も簡単!
ネットショップの収入・支出をデータ化する凄いサービス

最後に是非おすすめしたいクラウド型の会計ソフトをご紹介します。

マネーフォワード

個人的にも利用していますが確定申告が断然楽になりました!

どんなツールなのか一言で説明すると「いつでもネットショップの利益額が確認できるツール」だと考えてください。複数の金融機関の情報、たとえば、クレジットカード、銀行口座、ネットショップの「収入」「支出」を学習して自動で取込みデータ化してくれます。クラウド型なので、ネット環境さえあればどこでも利用可能であり、パソコンが壊れてもデータが消える心配もありません。年一回の確定申告では必要な書類を簡単に出力することができるため手間も掛かりません。詳細はこちら:クラウド会計ソフト「マネーフォワード」

ネットショップの対応状況:Amazon(出品者アカウント)、カラーミーショップ、BASE、STORES.jp、Yahoo!ショッピングなど。利用方法:ログイン後に上部タブより「口座情報」→「金融機関登録」→カテゴリから選択する「ビジネス」タブを選択すると関連サービスが表示される。

特集記事

▼ネットショップ開業の比較(自分にあった開業方法の見つけ方)

▼無料で利用できるネットショップ開業サービス一覧

▼ネットショップ開業するために商品を仕入れる方法
ネットショップを開業したいという漠然としたイメージはあるが、商材が見つからないという方も多いようです。今回はネットショップで販売する商品を見つける基本的な仕入れ方法をいくつかご紹介します。続きはこちら:ネットショップ開業するために商品を仕入れる方法

ピックアップ!実店舗のHP制作に最適!

月額1,000円で本格的なサイトが作れる!
飲食店、美容院など商用目的のサイト作成なら”グーペ”でキマリ!
おすすめ
初心者でも簡単に飲食店、美容院、エステサロンなど本格なビジネス用途のホームページが作れるサービス。このサービスは商用目的での利用に特化したサービスなので、デザインのクオリティもビジネス用途にふさわしく、料金メニュー、フォトアルバム、地図、カレンダー、クーポン、予約機能なども基本機能として利用できます。さらに詳しく:店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」

ネットショップ開業

当サイト推薦!ネットショップの広告集客はこちらがおすすめ!
Yahoo!スポンサードサーチ!
広告料金3,000円から掲載できる!

数ある広告媒体のなかでも一番費用対効果の高いのが検索連動型の広告です。クリック課金型なので、クリック=集客できた場合以外にお金は掛かりません。お店のスタートアップ、イベント、新商品の入荷など”ここぞ!という場面”で利用してみましょう。さらに詳しく:Yahoo!スポンサードサーチ!

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

当サイト推薦!ネットショップASP

流通総額3年連続NO.1達成!
MakeShop(メイクショップ)
当サイト管理人のイチオシ!
MakeShopをおすすめする理由とは

無料で開業できるネットショップ

えっ!?タダ!?
無料ネットショップ

ネットショップ開業

ネットショップの屋号口座を作ろう

ネットショップに
最適化されたネットバンク
>>おすすめネットバンク

もっと商品ボリュームが欲しい

商品点数を一気に増やせる
TopSeller!

多店舗管理ツール(楽天・Yahoo!など)

2015年楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー受賞35店舗が利用する注目の一元管理ツール

国内最大級の店舗情報サイトに掲載!

実店舗の集客に!
登録必須のWEBサービスはこちら

ネットショップの確定申告はこれ!

売上を自動的に取込データ化
確定申告の書類も自動作成!
対応ネットショップも増加中!
(BASE、カラーミーショップ、STORES.jpなど。)

PR

『BASE 無料ネットショップ開業サービス』 サービス開始から、1ヶ月で7,000人がショップをオープンした無料ECサービス
PAGETOP
Copyright © いまどきのネットショップ開業講座 All Rights Reserved.