ネットショップの作り方がわかる!開店・開業を考えている方向けのECショップ(ショッピングカート・買い物カゴ・作成ツールASP)制作・運営支援サイトです。

ネットショップに必要な梱包資材一覧・梱包のコツと注意点など

konpou

梱包資材一覧と梱包のコツと注意点!
ネットショップ、オークション、フリマアプリなどの商品発送について

商品発送はお店自体の評価に影響します

商品の梱包・ラッピングなどは、商品の評価、店舗の評価、将来的にはお店の売上にも影響してくる重要な要素です。このページではネットショップはもちろんのこと、ネットオークションやフリマアプリなどの商品発送でも覚えておいて欲しい、基本的な梱包資材の種類やコツなどをわかりやすく解説します。

売上をあげるための商品梱包のコツ(梱包に関する基礎知識・注意点)

その1.
信書(請求書・納品書)は無封状態で荷物に添えましょう!

これはネットショップの梱包に関する基礎知識として覚えておきましょう。ヤマト宅急便、飛脚宅配便(佐川運輸)など、信書(請求書・納品書)の発送が認められていないサービスでは、請求書・納品書は無封状態でに商品に添えて発送しましょう。無封状態とは、封筒に入れていない状態や封筒に入れても糊などで密閉していない状態のことを指します。

  • 信書が送れるサービス
    定形郵便、定形外郵便、レターパック、飛脚特定信書便など。
  • 信書が送れないサービス
    ゆうメール、ゆうパケット、ネコポス、クロネコDM便、ヤマト宅急便、飛脚宅配便など。
    ※信書が同封出来ないサービスでも無封状態で同封すれば問題ありません。

その2.
検品・発送を担当したスタッフの名前を明記してみよう!

商品発送の際のトラブルや商品に関するクレームなどを減らすための対策として、商品の検品、発送を担当したスタッフの名前を明記してみましょう。手書きのサインなどではなく、シャチハタの印鑑などでも構いません。責任の所在を明確にすることで、スタッフの仕事に対する意識を高めたり、お客様に商品の検品をしていることをアピールすることが出来ます。

その3.
手書きのメッセージを添えてみよう(率先して書ける方を人選する)

お店の口コミなどをみると「手書きのメッセージが添えられていて嬉しかった」という感想をよく目にします。手書きのメッセージの必要・不要を議論する気は毛頭ありません。言いたいことは「手書きのメッセージを添えている店舗」の方が総じて口コミなどの評価が高いという事実です。個人的には誰でも書けばよいというわけではなく、率先的に手書きのメッセージが書けるような方に梱包をお任せしたいという感じですね。

その4.
広告チラシ・クーポン・FAX注文書を入れてリピート率アップ!

荷物と一緒に割引クーポンなどをつけた広告チラシなどを添えてリピート率をアップしましょう。健康食品など定期購入の可能性がある商材の場合には、FAX注文書なども添えましょう。FAXでの注文は、月額1,000円程度で運用できる「インターネットFAX」を導入すれば管理も簡単です。

格安チラシ作成ならラクスル!A4コート紙一枚1.1円~

チラシ・フライヤーの印刷はA4コート紙片面カラーで一枚1.1円からという格安料金のラクスルがクオリティ的にもおすすめです。もちろん24時間注文可能で全国送料無料(名刺以外)で対応可能。デザイン制作サービスもチラシ片面10,000円から提供されています。さらに詳しく:ラクスル

その5.
ラッピングはスタッフや店舗自体の評価に影響する

商品に対する評価と、店舗に対する評価は基本的に別物です。店舗評価をあげるための方法として、ラッピングなど手間のかかる作業を丁寧に格安で提供するという方法がとても重要なのです。ラッピングはやってません=対応がわるい!と評価されてしまう可能性すらあるわけです。人件費やコスト的な問題でラッピングを提供できない場合には、購入者が自分で梱包できるようなラッピングキットを販売して対応しましょう。

その6.
梱包の際にカメラで撮影してクレームやトラブルに備えよう!

これも商品発送のトラブルを回避するための対策です。商品が壊れていた、商品が入ってなかったなど、スタッフのミスやお客様からのクレームなどに対応するための判断材料にもなります。梱包作業の工程が増えてしまうので必ず実行する必要はありませんが、このような方法もあることを覚えておきましょう。

商品を梱包する際に必要なもの準備リスト

宅配袋

ネットショップでも一番利用頻度が高いのが宅配袋での発送です。法人契約をした場合には、無料で配送袋を提供してくれるケースもありますが、地域や担当者によって変わるようです。ただサービスの均一化がすすんでいるようで、昔よりも無償袋の配布は減少しています。佐川急便などは、ほとんど地域で有料化されているようです。

  • ヤマト運輸・・・クロネコ袋A3(140円)、B4(108円)、A4(65円)
  • 佐川急便・・・エクスプレスバッグB-L(27円)、B-S(21円)
  • 日本郵政・・・ゆうパック大(230円)、ゆうパック小(100円)

宅配ビニール袋

アパレル系のネットショップで多く取り入れられているのがビニール製の宅配袋です。紙製よりも安く、雨などで濡れても安心、ダンボールのように片付ける手間も掛かりません。唯一のデメリットは、梱包がチープに見えることですが商品に応じて使い分ければ問題ありません。

  • ぷちぷちや・・・1枚8円前後から。購入数が多くなるほど割引率があがる。

クッション封筒(エアキャップ入り封筒)

封筒の内側に緩衝材のエアキャップがついている封筒のことです。CD、DVD、ゲームソフトなど、衝撃で壊れやすいものなどの梱包に最適です。袋に入れるだけの簡単な作業なので、手間と時間を大きく軽減してくれます。サイズも豊富に販売されているので、クロネコDM便、ネコポス、ゆうパケット、クリックポスト、ポスパケットなど色々な配送方法に利用できます。

  • アドホック・・・CDケースに適用するサイズで1枚13円程度。圧倒的に料金が安くサイズも豊富に揃っている。格安で名入れ印刷も可能となっており、大量注文での更なる割引や最大一年間の保管期間もついている。

名入れ封筒

ショップのロゴや名前などを入れた封筒。お客様との連絡の際に利用するだけでなく、小さな雑貨や安価なアクセサリーなどのメール便の梱包資材としても活用できる。費用は1枚あたり5円~10円程度。ネット印刷を利用すればかなり格安料金で作れるので、ぜひ用意しておきましょう。

  • ラクスル・・・ネット印刷業界でもトップクラスにコストパフォーマンスが良い。長3封筒・片面フルカラー印刷で1,000部で1枚あたり5.7円の料金。※2016年9月時点。
  • アスクル・・・WEB上で封筒に会社名やロゴマークなどを配置して自由に編集できる。仕上がりは注文した翌日には到着する驚きの速さ。

ダンボール箱

こちらも商品発送には欠かせない梱包資材です。宅配袋や封筒よりもコストは高めですが、ダンボールでの梱包の方が高級感は感じることが出来ます。ダンボールのなかで荷物が動かないように、緩衝材などをよく詰めて固定をして発送しましょう。

紙製の専用ケース

上記のようなBOXタイプだけでなく、ネコポス、ゆうパケット、クロネコDM便、クリックポスト、ゆうメールなどに使える「折りたたみ式の専用ケース」も販売されています。折りたたみ式なので保存スペースも取らずに、梱包も簡単で綺麗にできるというメリットがあります。

梱包テープは3種類!
OPPテープをメインに使いましょう

梱包テープの特徴を比較
 
コスト
強度
作業方法
OPPテープ
テープカッター
紙製テープ
手で切れる
布製テープ
手で切れる
梱包用のテープは大きく分けると、紙製、布製、OPPの3種類があります。このなかでネットショップなど業務用として最適なのは「OPPテープ」です。ビニールのような素材で透明なので見た目も綺麗に仕上がりますし、コスト面でも布・紙よりも圧倒的に優れています。ただ、手で切ることはできないので専用のテープカッターを使う必要がありますが慣れれば問題なく使えます。とても重い商品などをダンボールに詰めて発送する際には、さらに粘着強度の強い布製テープを利用しましょう。

OPPテープとPPテープの違い
PPはポリプロピレンを素材にしたテープ。OPPはポリプロピレンを製造工程で縦横に伸ばして丈夫にしたテープという意味です。

オリジナルデザインのOPPテープで装飾しましょう!

店舗名のロゴなどが入ったOPPテープでダンボールを装飾してみましょう。インターネット上の梱包資材の店「LALACHYAN」では製版代不要の小ロットからの受注で1巻き360円とかなりリーズナブルな価格で依頼することが出来ます。詳細はこちら:OPPテープのオーダーメイド

結束バンド(PPバンド・ストッパー)

ダンボールなどで梱包した商品を結束するバンドのことです。梱包テープよりも強度があるため、大きくて重い荷物を梱包する際に重宝します。固くて平たい樹脂テープは「PPバンド」と呼び手で締める際には「手締めストッパー」にて結束します。手で締める際にはテープの角で手を切らないように手袋などをしてから作業をしましょう。利用頻度が多い場合には「自動梱包機」の購入を検討してみましょう。半自動梱包機であれば、約7万円程度から十分な製品をみつけることができます。作業効率は比べ物になりません、圧倒的に梱包に掛ける時間を短縮できます。

緩衝材(かんしょうざい)

緩衝材には色々な種類がありますが、コストを掛けずに梱包をしたいと考えているならば「プチプチ」と紙の緩衝材「ボーカスペーパー」をメインに利用してみましょう。どちらも低コスト、省スペース、商品到着後の片付けも簡単なのでおすすめです。※ぷちぷち、エアーキャップ、エアピロなど色々な商標登録がされているが同じような商品です。

ラッピング用品

ギフト商材を取扱う際には、ラッピングも用意しておきましょう。ギフトを贈る方の好みに合わせて複数のデザインからセレクトできるのが理想的です。手間のかかる作業ですが、心を込めて対応することで、お店の評価も格段にあげることが出来ます。ラッピングなどのギフト配送の際には、納品書など購入金額がわかる明細などは同封しないように気をつけましょう。

  • 商い支援・・・株式会社シモジマが運営する包装用品の定番の総合通販サイト。

上記以外に必要になる基本的な道具

  • ハサミ・・・用途は色々。
  • セロハンテープ・・・プチプチの固定など。
  • 糊、ボンド・・・封筒に封をしたり商品の補修などに使う。
  • 布・・・商品の汚れなどを落とす。
  • ハカリ・・・重さを計測する。
  • メジャー・・・大きさを計測する。
  • 手袋・・・ジュエリーなど指紋がつく商材を取扱う際には必須。

合わせてこちらもチェック

▼ネットショップの配送方法について知っておきたいこと

ネットショップで利用されている配送の方法の種類や各種サービスの特徴・料金などをまとめて解説しています。続きはこちら:ネットショップの配送方法について知っておきたいこと(配達の種類・価格比較など)

特集記事

▼ネットショップ開業の比較(自分にあった開業方法の見つけ方)

▼無料で利用できるネットショップ開業サービス一覧

▼ネットショップ開業するために商品を仕入れる方法
ネットショップを開業したいという漠然としたイメージはあるが、商材が見つからないという方も多いようです。今回はネットショップで販売する商品を見つける基本的な仕入れ方法をいくつかご紹介します。続きはこちら:ネットショップ開業するために商品を仕入れる方法

ピックアップ!実店舗のHP制作に最適!

月額1,000円で本格的なサイトが作れる!
飲食店、美容院など商用目的のサイト作成なら”グーペ”でキマリ!
おすすめ
初心者でも簡単に飲食店、美容院、エステサロンなど本格なビジネス用途のホームページが作れるサービス。このサービスは商用目的での利用に特化したサービスなので、デザインのクオリティもビジネス用途にふさわしく、料金メニュー、フォトアルバム、地図、カレンダー、クーポン、予約機能なども基本機能として利用できます。さらに詳しく:店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」

ネットショップ開業

当サイト推薦!ネットショップの広告集客はこちらがおすすめ!
Yahoo!スポンサードサーチ!
広告料金3,000円から掲載できる!

数ある広告媒体のなかでも一番費用対効果の高いのが検索連動型の広告です。クリック課金型なので、クリック=集客できた場合以外にお金は掛かりません。お店のスタートアップ、イベント、新商品の入荷など”ここぞ!という場面”で利用してみましょう。さらに詳しく:Yahoo!スポンサードサーチ!

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

当サイト推薦!ネットショップASP

流通総額3年連続NO.1達成!
MakeShop(メイクショップ)
当サイト管理人のイチオシ!
MakeShopをおすすめする理由とは

無料で開業できるネットショップ

えっ!?タダ!?
無料ネットショップ

ネットショップ開業

ネットショップの屋号口座を作ろう

ネットショップに
最適化されたネットバンク
>>おすすめネットバンク

もっと商品ボリュームが欲しい

商品点数を一気に増やせる
TopSeller!

多店舗管理ツール(楽天・Yahoo!など)

2015年楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー受賞35店舗が利用する注目の一元管理ツール

国内最大級の店舗情報サイトに掲載!

実店舗の集客に!
登録必須のWEBサービスはこちら

ネットショップの確定申告はこれ!

売上を自動的に取込データ化
確定申告の書類も自動作成!
対応ネットショップも増加中!
(BASE、カラーミーショップ、STORES.jpなど。)

PR

PAGETOP
Copyright © いまどきのネットショップ開業講座 All Rights Reserved.