ネットショップの作り方がわかる!開店・開業を考えている方向けのECショップ(ショッピングカート・買い物カゴ・作成ツールASP)制作・運営支援サイトです。

美容院・ネイルサロンがネットで集客する方法をまとめました!

美容室・ネイルサロンのネット集客方法!

最終目標は無料で継続的にインターネットから集客すること

ヘアサロン・ネイルサロン・エステサロンなどのインターネットを利用した集客方法をご紹介します。最終的な目標としては無料で継続的にインターネットから集客をすることです。難しそうだと思いますか?大丈夫!最善のプロセスを誰でもわかりやすく解説していきます。

目次

ステップ1.無料で登録できる情報サイトに店舗情報を掲載しよう!

ステップ1では、インターネットの無料情報サイトに店舗の情報を登録していきます。数ある無料サイトのなかでも「エキテン」と「Googleマイビジネス」はとくに集客力が高いので登録しておくことをお忘れなく。

エキテン(掲載無料)
国内最大級の店舗情報の口コミサイト

国内最大級の無料で登録できる店舗情報サイト。ヘアサロン、ネイルサロンなどはもちろんのこと、ほぼ全ての業種を登録することが出来る。Google、Yahoo!などの検索エンジンからの評価も高いため、エキテンからのダイレクトな集客だけでなく幅広い集客要素としても活用できる。登録は無料!インターネット経由での集客をする上で、まず最初に取り組んでほしい対策手段です。公式サイト:WEB集客0円【エキテン】


Googleマイビジネス(掲載無料)
国内最大級の店舗情報の口コミサイト

Googleマップに店舗情報などを表示して管理できる無料ツールです。エリア名称+業種などで検索した際に、検索結果にダイレクトに表示することができます。店舗情報はオーナー登録することで、各種情報の記載が可能になります。定期的にGoogleで店舗を閲覧したユーザー数、行き方を調べた数、電話を掛けた数などをメールで連絡してくれます。エキテンと合わせて登録しておきたいサービスです。公式サイトはこちら:Googleマイビジネス

余裕があれば下記サイトも登録しておきましょう
  • ヘアログ・・・美容室の口コミサイト(初期費用はキャンペーン中は無料)
  • 街のお店情報・・・リクルートの運営する店舗情報サイト
  • e-まちタウン・・・ディレクトリ登録でおなじみの有名地域情報サイト
    ※2015年11月30日終了

ステップ2.低コストで集客するために公式サイト・ブログを作る!

公式サイト・ブログはなぜ必要なのか?

Google、Yahoo!などの検索エンジンを利用して、お店を探している方にダイレクトにみつけてもらうために用意します。ある程度は時間が掛かりますが、一度検索上位に入れば継続的に無料の集客要素として活躍してくれます。無料ブログでは「アメブロ」※スタッフブログに最適、有料ブログでは「JUGEM Plus(ジュゲムプラス)」※月額300円あたりが定番です。

Goope(グーペ)月額1,000円!
誰でもプロ仕様のホームページが簡単に作れるサービス

グーペは誰でも簡単に商用サイトを作ることが出来るWebサービスです。全てが商用利用を考えた専用設計になっており、メニューの登録ページ、営業カレンダー、問合せの管理、オリジナルクーポンの発行、簡易的な予約機能まで全て利用することができます。テンプレートも商用サイトらしく洗練されており、写真のクオリティだけこだわればプロが作ったようなサイトが完成します。
さらに詳しく:グーペ

新規顧客を集客するために必須な対策とは

検索エンジンが検索結果を決める際に重要視するのがサイト名称です。サイト名には「地域名(エリア) + 業種名」を含んだ名前でブログや公式サイトを開設しましょう。地域名などを含むキーワードで検索するユーザーは、実際に来店する可能性の高い見込み客なのでアクセス数は少なくても十分な効果があります。地域名に県名は必要ありません、市町村名だけで構いません。来店する可能性のある範囲だけを意識してください。競合が多い地域の場合にはさらに狭い範囲に絞りましょう。

たとえばアームズというヘアサロンの場合には
アームズのブログ →ではなく→ アームズ(○○町のヘアサロン)のブログが正解

どんな記事を書けばいいの?

検索上位に入るための対策として、美容師の方は美容やヘアケアのこと、ネイリストの方はネイルに関する記事を書きましょう。近年、検索エンジンはコンテンツを評価する傾向にあり、専門家が書いた記事こそ検索上位にはいるための近道です。難しくて記事なんて掛けない!そんな声が聞こえてきそうですね。でも大丈夫!それではあなたが日頃から利用している製品の紹介などをしてみてください。プロが利用している商品というだけでコンテンツとしては成立します。現役医師が飲んでいる胃薬、学校の先生が読んでいる参考書、美容師が利用しているヘアケア商品、みたいな感じですね。商品のリストはプロ専用の理美容器具の卸サイトを参考にしてみましょう。

ビューティーガレージ
国内最大級のプロ専用の理美容器具・エステ用品などを販売する卸の通販サイトです。会員登録は、美容サロン、クリニック、各種スクールのオーナー・従業員又は、開業(勤務)予定の方だけに限定されています。商品に関する記事を書く際に参考にしたり、実際に仕入れて販売することも可能です。さらに詳しく:ビューティガレージ

ステップ3.有料サイトでの集客(掲載料金の目安と効果について)

ホットペッパービューティー
集客力は頭一つ抜き出ているが掲載費用は高額!?

掲載料金:非公開
掲載料金めやす:年間6万円~48万円前後
※掲載料金はあくまでも目安です詳細は公式サイトよりお問い合わせください。

リクルートが運営している国内最大級の美容サロンの検索サイト。ヘアサロン、ネイル・まつげサロン、リラクサロン、エステサロンなど様々なジャンルのサロンが登録されており、掲載数は52,096件(2016年2月末時点)と国内最大級の登録数を誇る。掲載料金はWebサイトに表記はなく、問合せをして個別に料金が提示される形となります。複数の掲載プランが用意されているが、検索結果の順位が決定するため、費用をかけるほど集客力も必然的に高くなる。

掲載料金はいくら掛かるの?
公式サイトに金額の表示はないが若干情報は古いが「広告代理店」の料金があったので参考にしてほしい。SSプラン48万円、SSRPプラン48万円、Sプラン24万円、SRPプラン24万円、Aプラン12万円、ARPプラン12万円、Bプラン6万円、BRPプラン6万円。


楽天ビューティー(Rakuten BEAUTY)
楽天市場が運営する楽天ポイントが使えて貯まる美容室検索サイト

料金の掲載:初期費用(キャンペーン中は無料)、固定費無料、成果報酬型
成果報酬型の内訳:電話予約1,000円/件数、ネット予約15%/件数

楽天市場が運営する美容室検索サイト。2014年に「ビュティーコレクション」を買収、「美美美コム」を吸収合併して現在に至る。現時点では、登録店舗数はそこまで多くないが、1億人を超える楽天会員数と楽天ポイントが使えて貯まる点を踏まえれば今後の成長にも期待ができる。掲載料金は公式サイトにてオープンされているが、基本的には成果報酬型、初期費用はキャンペーンで無料となるケースが多いようです。


Tiful(ティフル)
全国8,000店舗以上が登録するヘアサロン検索サイト

掲載料金:初期費用50,000円、固定費無料、電話・ネット予約1,500円/件数

株式会社リッチビューティーが運営している、全国8000店舗以上の美容院やネイルサロンなどが登録している検索サイト。2016年に旧名「KamiMado(かみまど)」より「Tiful(ティフル)」にサービス名称を変更しています。掲載料金は公式サイトにて明記されているとおり、初期費用プラス成果報酬型なので費用リスクを抑えて導入することができる。ポイントシステムは「au WALLET 」と提携したことにより、利用価値も高まっている。


ビューティーナビ(BEAUTY navi)
excite系列の美容室とスタイリストの老舗検索サイト

掲載料金:非公開

exciteの系列企業が運営するヘアサロン情報サイト。サービス開始は1999年と運用実績がとても長く、全国2761店舗(2015年9月)のサロンが登録をしている。2015年にサイト全体のリニューアルをしており、サロンではなく人(美容師)を選べるサイトとして検索システムなども構築されている。掲載料金は公式サイトには明記されておりませんので、公式サイトから問合せをして提示される形となります。


有料ヘアサロンの今後の展開について

各社のポイントシステムのシェア率が大きく影響してくる

現時点ではホットペッパービューティーが集客力的には頭一つ抜き出ているような状態にあり、強気の料金設定に対して市場を独占しているという声も聞こえてきます。このような状況に対して「楽天ビューティー」や「Tiful」は初期費用を抑えた成果報酬型を提供することで、掲載店舗数を伸ばしています。将来的には、大きく影響してくると予想されるのが、ポイントシステムの存在です。ポイントシステムの比較では、楽天市場が会員数も使い道も一歩リードしているような印象を受けるため、今後の業界のバランスについてどのように影響してくるのか注目したいところですね。

ステップ4.消費者行動のきっかけを用意しましょう

初回特典クーポン用意しましょう

インターネットでお店をみつけて実際に来店してもらうてめにも初回特典(クーポン)などを用意しましょう。これは料金が安くなるというメリットだけでなく、新規顧客を歓迎している活気のあるお店だという印象づけにも影響します。

リピート率をあげる割引クーポンを発行してみよう

リピーターを増やすためのクーポンを発行する際に重要なのは配布する場所です。ホットペッパービューティーなどは初回クーポンなどを目当てに探している方も多いので、リピーターを獲得する場所としては最適ではありません。おすすめなのは、公式サイト、スタッフブログ、SNSでは「LINE」「Facebook」などがおすすめです。

スタッフのファンづくりブログやSNSを活用してみよう

美容師は接客業なので、サロン全体の対策だけでなくスタッフ一個人としてのファン獲得のための対策も実践してみましょう。「アメブロ」「Facebook」「Instagram」「Twitter」などのSNSツールを活用して、店舗サイトとは隔離して運営するのがおすすめです。関連:SNSを利用してお店の宣伝・集客する方法!

PR

▼完全版!スマホ・タブレットを利用したモバイル決済を比較!

初期費用・実質無料!月額費用も掛からないでクレジットカード決済が導入できます。必要なものはスマホorタブレットだけ!人気のモバイル決済サービスを比較形式でご紹介します。続きはこちら:完全版!スマホ・タブレットを利用したモバイル決済を比較!


話題のサービス(お得なキャンペーンなどをご紹介)

Wowma!(旧Denaマーケット)
0円出店キャンペーンを開催中!

2017年春に新しくリニューアルしたKDDI運営のショッピングモールWowma!(ワウマ)にて”入会金と月会費が0円になるキャンペーンがスタート”しました。「au携帯」、「auひかり」などau関連サービスで貯めた「au WALLETポイント」の使い道としてマーケットの拡大に期待ができます。まだライバルの少ない今がチャンス!多店舗展開の一つとしてもおすすめです。詳細はこちら:Wowma!(ワウマ)

特集記事(ネットショップの開業・運営に関係する特集記事)

オープンまでの7つのステップを解説
2017年度版・ネットショップの始め方!

2017年、業界の動向なども踏まえて、ネットショップを開業するまでの流れをまとめてみました。商品の仕入から必要な備品や環境づくり、主要なネットショップの出店方法とその特徴、無料でも実践できる集客方法などの情報をまとめてご紹介します。>>続きはこちら

いま話題の無料ネットショップサービスをご紹介

あなたはネットショップを無料で開業できることをご存知ですか?「」に代表される無料ネットショップサービスでは、資金ゼロで専門的な知識がなくても手軽にネットショップを開業できます。>>続きはこちら

商材探しから仕入方法までを解説

ネットショップを開業したいという漠然としたイメージはあるが、商材が見つからないという方も多いようです。今回はネットショップで販売する商品を見つける基本的な仕入れ方法をいくつかご紹介します。>>続きはこちら

注目のサービス!(自分で簡単にホームページが作れるサービス)

月額1,000円で本格的なサイトが作れる!
飲食店、美容院など商用目的のサイト作成なら”グーペ”でキマリ!

いま、初心者でも簡単に飲食店、美容院、エステサロンなどビジネス向けのホームページが作れると話題なのが「グーペ」というサービスです。主に商用利用を中心に国内での利用者数は50,000以上!店舗運営に必要な、メニュー登録、スタッフ紹介、フォトアルバム、カレンダー、メールマガジン、予約機能、なども基本機能として利用できます。お店のホームページが欲しいという方はぜひチェックしてみましょう。さらに詳しく:グーペ
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

流通総額4年連続NO.1達成

無料でネットショップをはじめてみよう!

当サイト推薦の無料サービス!

定番のインターネット仕入れサイト

国内最大級の仕入れサイト!登録無料!

▼ICHIOKU.NET(アパレル仕入れの定番)
私の知る限りアパレル関連ではここより商品点数が豊富なサイトは知りません。仕入れだけでなく商品の制作先を探すこともできる。
PAGETOP
Copyright © いまどきのネットショップ開業講座 All Rights Reserved.