ネットショップ求人の募集と面接をしています

私はネットショップ運営に関わっており、実際に多くの求職者の面接なども行ってきました。過去の経験が参考になるかと思い応募してくる方の傾向や面接などに対する対策とネットショップ業界の現状などをご紹介します。

こんな方が多いという経験談

応募者には実務経験がある方は意外と少ない

ネットショップの運営に関する求人をしても、実務経験がある方は非常に少ないのが現状です。ネットショプという職種自体の歴史が浅いのも一つの要因だといえるでしょう。企業によってはネットスタッフという業務だけでなく実店舗との兼務という形もめずらしくないようです。ネットショップ求人の多くは、ネットショップ運営のスペシャリストではなく、パソコンが使えてホームページが作れる程度のスキルの方を求めているようです。もちろん企業の規模や取り扱う商材などによっても異なります。

独立してしまう先輩が非常に多い業界

ネットショップの売上が伸びたとしても、スタッフや店長が正当に評価されることは少ないようです。多くの経営者はネットショップという形態の一部しか把握しておらず、業績アップの要因を正当に判断することができないのです。多くの店長が独立して、自身のネットショップを立ち上げるのは、報酬に対しての不満が大きく起因していると感じています。もちろんマイナスイメージではなく、独立するチャンスがある業界だと考えて良いでしょう。PCスキルが豊富な方が多い業界なので、あまり公言はしませんが実は副業を行っている方も多いようです。

業務編

画像加工だけでなく文章を書く能力も必要

画像加工はできるが、商品説明などの文章が書けない方が非常に多いようです。文章を書くことに対して苦手意識のある方も少なくないようで、良い文章やキャチコピーを考えるという以前の問題で躓いてしまいます。実はネットショップ運営には、日常的に文章を書く業務が多く存在しており、メールマガジンやお客様のお問い合わせなども、自分が考えた文章を記載して返信することになります。内容だけでなくスピードも問われるので、日頃からパソコンで文章を書くトレーニングをしておきましょう。

無料ブログで文章トレーニングをしよう

文章を書くトレーニングを積むなら、実践トレーニングにまさるものはありません。何の報酬もなく文章を書くことにためらいがあるなら、同時に『アフィリエイト』なども実践してみましょう。まずは日記でもなんでも構いません。行動を起こすことが大切です。

>>無料ブログ一覧『無料ブログの達人』
>>楽天アフィリエイト講座『楽天アフィリエイトを加速する』

無料ネットショップ開業サービスで予行練習

ネットショップの求人に応募するなら、事前にネットショップ業界の事を知っておく必要があります。最近では無料でネットショップを開業できるサービスなども登場しており、ネットショップ全体の勢力図も変わりつつあるようです。時間に余裕があるならネットショップASPの特徴や、無料のネットショップサービスを利用して実戦経験も積んでみましょう。※無料商品も販売できるので、ダウンロード配布などにも利用できます。

>>無料ネットショップ開業サービス一覧