ネットショップの作り方がわかる!開店・開業を考えている方向けのECショップ(ショッピングカート・買い物カゴ・作成ツールASP)制作・運営支援サイトです。

複数店舗・多店舗展開で売上アップ!成功パターンとコツを伝授

複数店舗・多店舗展開で売上アップ!
(覚えておきたい成功パターンとおすすめ多店舗管理ツールをご紹介)

大規模サイトだけが多店舗展開は過去の話
最近では小・中規模のサイトでも多店舗展開して売上を伸ばしています!

ネットショップの売上をもっと伸ばしたい、売上が伸び悩んでいる、そんな店舗におすすめしたいのが多店舗展開です。多店舗展開で売上はあがるのか?答えはYesで”総売上”は確実にあがります。問題なのは「出店費用と管理コストを差し引いて利益がだせるのか?」という点です。この管理コストが大きな障壁だったわけですが無料ネットショップ「BASE」などの登場に伴い「Yahoo!ショッピング」などの無料化!さらに「TEMPOSTAR」などで知られる高性能な多店舗一元管理サービスが登場したことで少人数でも多店舗展開が容易になりました。最近では小・中規模のサイトでも短期間でお店の存在を知ってもらうために、複数のお店を同時出店するケースも少なくありません。これから複数店舗でお店の開店を考えている方、売上アップに悩んでいる方は、このページをみて成功パターンからヒントを探してみてください。

目次

なぜ複数の店舗を出店するのか?明確な理由をみつけて出店しよう

目的その1.
販路拡大のために別のマーケットに出店する

多くの消費者は、楽天市場、Amazon、Yahoo!ショッピングなど色々あるマーケットの一つだけを利用する傾向にあります。このような状況の大きな要因になっているのがお買物ポイントとの存在です。楽天市場は楽天ポイント、Yahoo!ショッピングはTポイントなど、それぞれポイントシステムが異なるため一つのマーケットを利用する傾向にあるわけです。だからこそ、店舗側も複数のマーケットに出店する必要があるわけです。

関連:モール型ネットショップを比較!(楽天市場、Yahoo!、DeNAなど)

目的その2.
検索結果の占有率アップとリスクヘッジために出店する

楽天市場には、一つの企業が2店舗出店している、お店がたくさん存在します。(※2店舗まで出店できる)各店舗ごとに「コンセプトを変えて販売しているケース」もありますが、単純に検索結果の占有率を高める手段として出店しているケースもあります。また、検索順位が変動した場合、口コミなどによる店舗の評判などのリスクヘッジ(起こりえるリスクを分散すること)としても有効です。

目的その3.
運営コストをさげるために出店する

楽天市場、Amazonなど販売手数料の掛かるマーケットから、低コストで運用できる自社サイト(独自サイト)にも出店する方法です。ECモールでの買物件数を独自サイトに分散できれば総合的なコストはさげることができます。自社サイトをオープンした際には、店舗の存在を知ってもらうためにも「リスティング広告」、「アフィリエイト広告」をつかい大々的にアピールしましょう。自社サイトには会員システムや特別な割引なども用意してリピーターを確保する仕組みも提供しましょう。

目的その4.
幅広い属性のユーザーに売るために出店する

もっと幅広い属性のユーザーにも商品をアピールするために、店舗のコンセプトを変えて出店する方法です。男性だけでなく女性にも売りたい、オリジナル商品をブランド化したい、クレジットカードを持っていない方にも特別な特典をつけたい、など、ユーザーに合わせたコンセプトで出店してみましょう。下記にコンセプトを変えて出店して成功している店舗の実例をご紹介します。

コンセプトを変えて出店した成功パターンをご紹介

消費者に合わせたデザインで出店して成功!

同じ商品なのに、男性用ネットショップ、女性用のネットショップなど、別のデザインを用意して販売する方法です。男性には機能性を全面に、女性には美しいデザイン性をアピールするなど属性に合わせたや販売コンセプトやランディングページを個別につくります。この方法はすでにスマートフォンケースなどで実績をあげている店舗も存在しておりベーシックになりつつある手法の一つです。

月額:10,000円から利用できるネットショップASP
CARTSTAR(カートスター)お客様ごとにデザインを変更できる!

CARTSTARはNHNテコラスが運営しているネットショップ開業サービスです。他社とは違う新しい機能を多数提供しており、お客様ごとにパーソナライズしたデザインページを表示する機能があります。2016年9月ドコモの人工知能を活用した購買支援システム「ecコンシェル」とも提携したことで、お客様ごとに最適な接客システムを選択する機能の提供もスタートしています。さらに詳しく:ショップ構築プラットフォーム CARTSTAR

一つのジャンルに特化した専門店として出店して成功!

ある商材やカテゴリだけに特化した専門店としてオープンする方法です。○○専門店とすることで信頼度を高めたり、一つのキーワードだけに特化することで検索エンジンでの上位を狙うためのSEO対策としても有効です。一つのジャンルだけを徹底的に突き詰めて、オーダーメイド製品の受注、オリジナル商品・自社ブランド製品の開発などにも取り組んでみましょう。

決済方法を変えることで割引価格で販売して成功!

あえてクレジットカード決済未対応とすることで、浮いたカード決済手数料分を割引として還元します。決済方法はお客様負担の銀行振込、代引き決済などだけ運営します。主に高額商品、家電、家具、腕時計、車など高額になるほど、店舗もお客様にもメリットが生まれます。ネットショップにおけるカード決済手数料はおおむね(3.5%~5%程度が相場)なので、ちょっと計算しただけでも恩恵の大きさはわかりますよね。この方法は、ECモールでは多数の店舗が導入しており、クレジットカード決済用店舗・クレジットカード未対応店舗で販売価格を変えて、同時出店しています。

複数店舗の受注・在庫・商品管理等をすべて一元化する方法

多店舗管理サービスを活用しよう!

多店舗展開している人気店の多くは多店舗一元管理ツールを利用しています。受注も一元化、商品在庫も自動で連動するので手間はありません。発送の際には伝票印刷機能やメール送信機能まで備えているサービスもあります。月額費用は掛かりますが、正確な在庫管理で売上アップにも影響ある部分ですので、複数店舗で運営する際にはサービスの導入を検討してみてください。

注目!
TEMPOSTAR(テンポスター)

楽天市場ショップ・オブ・ザ・イヤー受賞店舗が選んでいる多店舗管理サービス

NHNテコラスが提供する多店舗管理サービス!NHN PlayArtがEC支援の旧SAVAWAYを買収して、従来の受注・在庫・商品一元管理システムを大幅リニューアルして業界の注目を集めました。2015年2月にサービス開始、同年の楽天市場ショップ・オブ・ザ・イヤー受賞店舗のうち35店が既に導入しています。初期費用0円、月額1万円から、無料で30日間すべての機能が試用できます。さらに詳しく:多店舗一元管理サービス TEMPOSTAR

楽天市場から独自サイトに出店する際に導入したい決済方法

楽天ID決済を導入しよう!
あなたの独自サイトで楽天スーパーポイントが使える・貯まる

楽天市場から顧客を呼びこむためには、楽天ポイントで商品の購入ができる楽天ID決済の導入は是非検討してみてください。楽天ID決済とは、楽天会員IDに登録されたクレジットカード情報などでそのまま買物をすることが出来るだけでなく、買物をすると楽天スーパーポイントが貯まり、ポイントを使うこともできる決済機能です。さらに詳しく:楽天ID決済公式

主要ネットショップASPの楽天ID決済対応状況 (※2016年9月時点)
2016年以降対応予定
2016年以降対応予定
対応済み

Amazonペイメント

Amazonに出店して実績をあげている場合には、Amazonペイメントも覚えておきましょう。配送先やクレジットカードの情報入力の手間を省くことが出来ます。ただし!ポイントサービスとは連携していないので、あくまでも手間を省くという目的でのみ有効であり、個人的にはそこまで重要視はしていません。

楽天ID決済対応状況(※2016年9月時点)
対応済み
未対応
2016年対応予定

合わせてチェックしてほしい記事

話題のサービス(お得なキャンペーンなどをご紹介)

Wowma!(旧Denaマーケット)
0円出店キャンペーンを開催中!

2017年春に新しくリニューアルしたKDDI運営のショッピングモールWowma!(ワウマ)にて”入会金と月会費が0円になるキャンペーンがスタート”しました。「au携帯」、「auひかり」などau関連サービスで貯めた「au WALLETポイント」の使い道としてマーケットの拡大に期待ができます。まだライバルの少ない今がチャンス!多店舗展開の一つとしてもおすすめです。詳細はこちら:Wowma!(ワウマ)

特集記事(ネットショップの開業・運営に関係する特集記事)

オープンまでの7つのステップを解説
2017年度版・ネットショップの始め方!

2017年、業界の動向なども踏まえて、ネットショップを開業するまでの流れをまとめてみました。商品の仕入から必要な備品や環境づくり、主要なネットショップの出店方法とその特徴、無料でも実践できる集客方法などの情報をまとめてご紹介します。>>続きはこちら

いま話題の無料ネットショップサービスをご紹介

あなたはネットショップを無料で開業できることをご存知ですか?「」に代表される無料ネットショップサービスでは、資金ゼロで専門的な知識がなくても手軽にネットショップを開業できます。>>続きはこちら

商材探しから仕入方法までを解説

ネットショップを開業したいという漠然としたイメージはあるが、商材が見つからないという方も多いようです。今回はネットショップで販売する商品を見つける基本的な仕入れ方法をいくつかご紹介します。>>続きはこちら

注目のサービス!(自分で簡単にホームページが作れるサービス)

月額1,000円で本格的なサイトが作れる!
飲食店、美容院など商用目的のサイト作成なら”グーペ”でキマリ!

いま、初心者でも簡単に飲食店、美容院、エステサロンなどビジネス向けのホームページが作れると話題なのが「グーペ」というサービスです。主に商用利用を中心に国内での利用者数は50,000以上!店舗運営に必要な、メニュー登録、スタッフ紹介、フォトアルバム、カレンダー、メールマガジン、予約機能、なども基本機能として利用できます。お店のホームページが欲しいという方はぜひチェックしてみましょう。さらに詳しく:グーペ
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

流通総額4年連続NO.1達成

無料でネットショップをはじめてみよう!

当サイト推薦の無料サービス!

定番のインターネット仕入れサイト

国内最大級の仕入れサイト!登録無料!

▼ICHIOKU.NET(アパレル仕入れの定番)
私の知る限りアパレル関連ではここより商品点数が豊富なサイトは知りません。仕入れだけでなく商品の制作先を探すこともできる。
PAGETOP
Copyright © いまどきのネットショップ開業講座 All Rights Reserved.