ネットショップの料金支払い方法として、消費者のニーズが一番多いのがクレジットカード決算です。ネットショップ運営する上では必要になる決算方法ですね。
クレジットカードの決算方法はとても簡単に利用できる反面、詳しい処理方法については知らない方が多いようです。とても便利なクレジットカードですが、ネットショップを運営する上では必ず知っておきたいチャージバック・代金請求の差し戻しについてご説明してみます。

クレジットカードのチャージバックとは?

クレジットカードを利用した際に、購入した商品が届かなかったり、購入した覚えもない代金請求が来た際に消費者がカード会社に請求の停止や返金を求めます。クレジットカード会社は責任の所在などを判断して最終的に「代金請求の差し戻し」を行う場合もありますが最終的に請求の差し戻しが行われることをチャージバックと呼びます。ネットショップ側にはチャージバックがあった場合には、封書などで連絡がきます。

チャージバックは店舗が負担するの!?

店舗が負担する前例が多い(自己責任)

盗難カードの不正利用等の場合でも、誰に責任があるか?という点が重要になります。クレジットカードを利用する際に、本人確認が充分でなかったという結論になる場合がほとんどです。モールショップに出店した場合にも、モール側では保証など行なってくれるケースについては私の知る限りではありませんでした。

クレジットカードトラブルを防ぐために

注文者とカード名義があっているか確認しよう

基本的なことですが、注文者の名前とクレジットカードの名義があっているか、必ず確認しましょう。

海外からの注文

モールショップでは、海外からの注文に対応しているサービスもあります。海外からの注文が必ず危ないというわけではありませんが、多く被害ケースは海外注文が多いようです。

配送前に電話で連絡をさせる消費者

「配送前に電話して下さい○○○-○○・・・」みたいな記載がある注文も注意が必要です。自宅ではなく、配送元に受け取りに行き、住所を特定させないで受け取る方法があるそうです。

高額な注文は特に慎重に

万が一のリスクが大きくなる、高額注文の場合にはさらなる注意が必要ですね。事前にそれとなく電話で確認をして見ることをおすすめします。

不当なチャージバックが発生した場合の対処方法

店舗側に責任のない、詐欺的行為などでチャージバックが発生した場合の対処方法をご紹介します。

① 警察に相談しましょう

基本的にチャージバックが発生しただけでは店舗側は「被害者」とはなりませんので「被害届」の受理はしてもれません。その場合には「申告書」の提出を行ないましょう。※相手の詐欺行為がある程度、証明されている場合には「被害届」の受理が行われる場合もあるようです。

② 関連する書類などを提出・保存

・ECサイト上での注文を証明できる資料(受注明細など)
・注文者とのメールでのやりとり。
・チャージバックの通知書
・あるならチャージバック対象となった同じ商品

③ あとは待つのみ

あとは警察が動いて対処してくれるのを待ちましょう。多くの店舗からの被害届から、詐欺行為として逮捕されたというケースもあるようです。