DenaショッピングがWowmaに生まれ変わりました

2017年1月30日より「Denaショッピング」は「Wowma」という新しい名称のショッピングモールに変更されています。2016年末にKDDIがDenaのショッピングモール事業を買収して「DeNAショッピング」「auショッピングモール」を統合して、新サービスとして改変がはじまっているようですね。ネットショップ出店者側の立場で旧サービスと新サービスの違いなどを比較してみたいと思います。

どこが変わったのか?(DenaショッピングとWowmaを比較)

サービスの名前が変わった

まずサービスの名称が変わりました。「Wowma」というサービス名の由来は、毎日が「wow」になるマーケットという意味があるそうです。これと連動して「auショッピングモール」の名前も下記のように変更されています。

  • Denaショッピング→Wowma(ワウマ)
  • auショッピングモール→Wowma! for au

出店料金について(変更なし)

出店料金はDenaショッピングから変更はありません。下記の通り。

決済オプションも変わりません。下記の通り。

店舗デザインなど(変更なし)

店舗デザインも旧デザインと変わりありません。※左がWowmaで右がDenaショッピング。ちなみに出店者側のインターフェイスなども変更は大きな変更点はありません。

ポイントシステム(変更なし)

これまでDenaショッピングの買物で貯めたポイントはそのままwowmaでも利用できます。これに伴いIDも「DeNA ID」→「Wowma ID」に変更されていますが、ネーミングだけでIDもパスワードもそのまま利用できます。

まとめると

Wowmaという共通のネーミングに統合された

変更されたのは名前だけで、出店料金やレイアウトなどの変更もありません。これまで「Denaショッピング」と「auショッピングモール」という全く別の名前でしたが、「Wowma」という同じ名前になったことで消費者側からも共通するモールとしてわかりやすくなりましたね。

Wowmaの資料請求はこちら