この記事を書いている人

これまで面接した人数は推定200人以上。実際のネットショップ運営経験だけでなく、ネットショップのスタートアップ支援の仕事をしていたので、各種業種での面接経験がそれなりにあります。ネットショップへの就職、転職、独立、起業、など色々体験したことを参考にあくまでも”個人的な見解のみ”でネットショップの就職事情を語ります。

目次

ネットショップ求人面接でよくあること(覚えておきたい体験談)

経験者の応募は意外と少ない

他の業種はわかりませんが、ネットショップに関しては経験者が応募してケースが少ないように感じます。単純に業界の人口が少ないのか、地域に影響するのかわかりませんが、私の経験だけで言うと、都心でも地方でも共通して経験者少ないと感じました。ネットショップは未経験者でも挑戦できる業界なのは間違いありません。

面接では資格は余り考慮しない店長が多い

他の業種と違い、実力勝負で売上という結果もでるため、資格などはそこまで重要視されません。ネットショップに関連する資格の存在自体を知らない店長も現状では多いようです。パソコン関連の技術、インターネット関連の知識などは、面接の際に話をすればある程度把握できるので、資格よりも実践的なスキルと経験を積むような努力をしてみましょう。

即採用というケースが多い(就職のタイミングを逃すな!)

ネットショップは余裕をもった人材の確保はしません。人件費というリスクを掛けないように、売上に応じてスタッフ人数を増やしていきます。求人募集をしている場合には、今すぐにでも採用したいという状況が多いため、面接後に即採用というケースもよくあります。

ネットショップの就職にはタイミングも重要です。極端に募集期間が短い求人もあるため、常に新しい情報をチェックしておきましょう。そのためには、事前に求人サイトなどに登録して準備をしておきましょう。

ネットショップの求人タイプは3種類(最適な求人の探し方)

1)正社員のショップスタッフ(店舗の運営・管理する)

ネットショップのすべての業務がこなせる人材が求められます。画像加工やページ作成など、基礎的なクリエイティブ系の作業だけでなく、商品の仕入れから販売をするためのマーケティングの知識、お客様に満足しもらうための顧客対応力も必要です。

正社員のショップスタッフで求人を探すならココ!
まず最初に公共職業安定所の「ハローワーク」ですね。求人登録が無料なので、求人件数が多い反面あまり優良とは言えないような企業もあるので注意しながら探してみましょう。インターネットで正社員の求人を探すなら「はたらいく」が頭一つ抜き出た印象があります。毎日更新される求人件数は他社よりも豊富で、このサイトだけにしか掲載されていない求人情報が多いのも特徴です。あとは「派遣社員」を経由しての正社員(紹介予定派遣)、もしくは「転職サイト」なども合わせてチェックしてみましょう。

2)WEBデザイナー(WEBデザイン、ページ制作などを担当する)

商品の追加やページの製作をする仕事です。小規模サイトでは上記店舗スタッフとの兼任も多いのですが、中規模サイト以上になれば業務の効率化のためにも切り離して担当することが多くなります。職業としてフォトショップを使うためのスキルとデザインセンスが求められます。また、ネットショップによっては基礎的な写真撮影の知識も必要になるかもしれません。

WEBデザイナーの求人を探すならココ!
このタイプの需要が多いのは圧倒的に「人材派遣」です。正社員よりも給料面でも待遇面でも逆に優遇される場合もあります。この業種での人材派遣は「リクルートスタッフィング」と「マイナビスタッフ」の2社がおすすめ。もっと広告業界・DTPよりな仕事もしたいなら「マスメディアン」の方が専門的な仕事先もみつけることが出来ます。

3)アルバイト(受注、梱包、簡単な画像加工など)

主に人件費削減を目的として、比較的簡単な作業をアルバイトスタッフなどに任せます。日々の受注やメール対応、梱包・発送などのバックオフィス系の業務、フォトショップでの簡単な画像の白抜きなど仕事内容も様々です。

ネットショップのアルバイト求人を探すならココ!
個人的に「バイトル」、「タウンワーク」、「an(アン)」を3大バイト求人サイトと呼んでいる。リクルートは他にもバイト求人サイト(情報誌)を運営しているが、一番求人数の多いタウンワークが推奨。この3サービスはどれが優れているとかではなく、それぞれ違う求人もあるので、全て登録して比較検討するのがおすすめ。

ネットショップに就職した場合のメリット

ネットショップ運営は楽しい!

ネットショップの運営は楽しいです。商品の開発、仕入れ、お客様に販売、顧客対応から発送まで、全部を自分で携わることができて、更に売上まであがったら最高ですよね。もちろん大変なこともありますが、それ以上に楽しくてやみつきになるような業種だと思います。

労働環境が恵まれている事が多い

多くのネットショップは、夏はクーラー、冬は暖房という環境で仕事をしています。肉体を酷使するようなキツさもなくて、危険な仕事や怪我などの心配もありません。労働環境は恵まれていますね。

個人のスキルを磨くことができる

ネットショップの運営では、あなた自信の経験値とスキルを身につけることができます。実力勝負の業界であり、学歴よりも売上という結果で評価が決まります。個人のスキルを磨きましょう。たとえネットショップを退社した場合にも、実績とスキルさえあれば再就職先も困りません。新しいアイデアがあれば、私のように独立起業することも可能です。

ネットショップの理想と現実のギャップ(デメリット)

常に売上を要求される

ネットショップは常に売上を要求されます。すでに中規模・大規模なサイトであれば安定も期待できますが、新規事業としてスタートアップしたばかりのネットショップはやり甲斐もありますが、シビアな売上が求められることも認識していなければなりません。

実店舗の仕事を任されることがある

実際のお店を運営している企業の場合には、ネットショップだけでなく実店舗の仕事などを任される事もあります。入社時と話が違うなんてトラブルになるケースをいくつもみてきましたが、ネットショップの売上次第では往々にしてこのような状況になりかねません。

顧客対応が精神的にきついかもしれない

ネットショップのクレーム処理に頭を悩ませるケースはよくあります。もちろん店舗側に落ち度がある場合には、誠心誠意対応しなくてはいけませんが、理不尽な言い掛かりをつけてくるようなモンスタークレーマーには毅然とした対応を取らなければなりません。このあたりの顧客対応が精神的にきついと感じる方もいるようです。

ネットショップの将来性(3つの成功パターン)

目標は高収入!そこに向かうために重要だと思うこと

ネットショップに就職して将来的にどの程度の給料が手に入るのかは気になるところですね。私の周りだけを限定すると、いわゆる高収入と言えるような給料を手にしているのは下記3つのタイプに分類されています。

1)会社全体で認められる存在になる

単純にネット部門の責任者という立場だけでは、そこまで高収入は期待できないかもしれません。過去に人材紹介サービスの方と話をした感じだと、地方の中規模サイトでおおよそ20~30万程度、大規模サイトでも40万円~50万円あたりが相場のようです。つまり、それ以上の給料を手にするには、会社全体でも認められるような存在でなければ難しいかもしれません。ネットショップの運営だけでなく、商品の仕入や商品開発、会社全体の経営に関わるようなポジションを目指しましょう。

2)スキルを磨いて転職して納得のいく企業に再就職

すでにネットショップの経験のある方は、人材紹介サービスなどを経由することで高収入な仕事先を探すことも出来ます。いわゆるキャリアアップのことですね。転職先を探す際に最初にチェックしておきたいのが「リクナビNEXT」ですね。転職専門の求人情報サイトなので、中途採用・転職だけに絞って就職先を探すことが出来ます。会員登録は無料で職務経歴や転職希望条件などを匿名で登録しておくとスカウトメールが届く可能性もあります。あとは20代~30代の転職に強いと言われている「マイナビエージェント」ですね。あと、楽天市場だけに限定すれば「楽天仕事紹介」なども利用を検討してみましょう。楽天仕事紹介は以前よりも店舗側に積極的に斡旋しているようです。

転職をお考えの方はこちらもチェック

自分の価値はどのくらい?」そんな転職に関する疑問も、MIIDAS(ミーダス)を利用すれば、自分と類似した人材(学歴、年齢、経験スキル等)の約7万人の転職したデータより、転職後の年収などの情報をみることができます。いまの給料に満足していない方、転職を検討している方は一度チェックしてみてください。登録無料:MIIDAS

3)自分で起業して成功する

これは最終目標ですね。もちろんお店が成功すれば、他とは比較にならない高収入を得ることも出来ます。将来的に独立したいと考えている方は、小さなことからでも構わないのでまずは行動してみてください。「ブログ」などでコンテンツを作り、インターネットで人を集める方法を学びましょう。「受注生産のTシャツ」などでも構いません「無料ネットショップ」や「独自ECサイト」で自分だけのネットショップを立ち上げてみましょう。

おまけ)在宅ワークで独立して高収入になる
結婚・妊娠などで在宅ワーク以外選択肢が無い方にも最適

もう一つ紹介しておきたいのがクラウドソーシングサービスです。このサービスを利用すれば、誰でも簡単に個人や企業からのWEB製作などの仕事を受けることができます。私の周りのWEBクリエイター系の方も実際に利用しており、ロゴ作成(1万円~)だけで月間30件以上受注している方もいます。その方は、全て含めると月間70~100万くらいは稼いでいるそうです。女性の方で結婚や妊娠などを機会に、どうしても在宅でないと困るという方には最適な仕事方法だと思います。

クラウドソーシングサービス(登録無料)をはじめるならば、まず最初に登録しておきたいのは業界最王手の「クラウドワークス」、プロとして仕事をとるなら「ランサーズ」、少し単価は探しますが「ココナラ」の3社で活動するのがおすすめです。

ネットショップの求人・転職・就職関連の情報サイト

最後に、ネットショップ業界でよく名前の出る求人サイトだけを紹介します。

正社員の求人サイト

  • ハローワーク・・・ハローワークとは公共職業安定所の愛称です。インターネット経由でも求人情報を検索することができますが「求職番号」の入力が無い場合には、一部事業者の求職情報は表示されません。無料で求人が出せるので、求人件数は多い反面、いわゆるブラック企業とよばれるような業者の求人もあるので注意が必要です。
  • はたらいく・・・株式会社リクルートホールディングスが運営する就職情報サイト。正社員での就職先・転職先を探すならば、第一候補としておすすめしたいサービス。他社と比較しても求人件数が多く、地域に密着した求人情報は「はたらいく」だけに掲載されている案件も多い。
  • バイトルNEXT・・・ディップ株式会社が運営するサービス。バイトの次に進むという意味の名前のとおり、未経験者でも応募できる求人案件が多い。これからスキルを磨きネットショップ業界に就職したい方に最適。
  • 楽天仕事紹介・・・楽天市場に出店している全国の店舗への就職先を探すことができる。ネットショップ運営から、Webデザイナー、バックオフィス系の仕事まで斡旋可能。バイト探しというよりも正社員募集サイトというイメージが強い。

派遣社員・契約社員の求人サイト

  • リクルートスタッフィング・・・株式会社リクルートスタッフィングが運営する人材派遣サービス。派遣の仕事を探すならばまず最初に確認してほしい、業界トップクラスの求人数を誇る定番のサービス。紹介予定派遣の仕事もあるので、正社員として就職先をみつけている方にもおすすめ。もちろん男女どちらでも登録可能。
  • マイナビスタッフ・・・株式会社マイナビが運営する人材派遣サービス。実際のネットショップでも利用している店舗が多く、クリエイティブ系(WEBデザインナー、編集、DTP関連)の技術者が多く在籍している印象がある。
  • テンプスタッフ・・・派遣業界では知名度の高いサービス。主に女性をターゲットにした人材派遣サービスだが、男性も登録可能らしい。個人的には利用したことがない。

転職・人材紹介・キャリアアップ

  • リクナビNEXT・・・株式会社リクルートキャリアが運営する転職専門の求人情報サービス。転職や中途採用での就職先をさがしているならば最初に登録しておきたいサービス。無料会員登録は匿名でOK!あなたに興味を持った求人企業や転職エージェントから直接オファーが届く可能性もあります。
  • マイナビエージェント・・・株式会社マイナビが運営する人材紹介サービスです。とくに関東エリアでの求人が充実しており、20代~30代の転職サポートに強いと言われています。大手企業とも太いパイプがあるので、転職を検討した際には登録しておきたいサービスの一つ。
  • マスメディアン・・・広告・Web業界、広報・販促・インハウスクリエイティブなどの実務経験1年以上の方だけを対象としています。専門分野だけに特価しているので、他社にはない求人を探すこともできます。

アルバイトの求人サイト

  • バイトル・・・ディップ株式会社が運営するアルバイトの求人サイト。アルバイトを探すならまず最初に抑えておきたいサービス。サイトは地域ごとに分類されておりシンプルで探しやすい、応募バロメーターで求人は求人を検討する際の参考になる。
  • タウンワーク・・・株式会社リクルートホールディングスが運営するアルバイトの求人サイト。他にもリクルート系列のアルバイトの情報サイトはあるが、求人数の一番多いタウンワークをだけを抑えておけばOK。求人にはバイトだけでなく派遣も含まれているため件数は多い。
  • an(アン)・・・・株式会社インテリジェンスが運営するバイト情報サイト。優先順位としては上記2社に続く3番手としておすすめできる。