これからネットショップを開業しようと考えている方にとって、商品の利益率はとても気になる所です。あまりにも利益率の小さな商材の場合には、広告や宣伝に掛けられる予算も少なく「売っても赤字」という経営になってしまうネットショップもめずらしくありません。

今回は利益率の高い商材を探す上で参考になるサイトをご紹介します

楽天市場 アフィリエイト広告費10%以上のショップ

http://partner.afl.rakuten.co.jp/uplist/uplist.cgi?l=100&p=1&k=1&r=5&g=0&t=up

▼特に掲載が多い商材

  • レディースファッション
  • 美容コスメ
  • 食品
  • ダイエット、健康食品

広告費が使える商材=利益率が高い
上記のページは楽天市場のアフィリエイトに関するページです。商品を販売するショップは、アフィリエイターに商品を紹介してもらい実際に利益が発生した場合のみ指定の報酬を支払うシステムです。上の例では料率10%を超える商材のみ掲載されているので、広告費として使える予算の多い商材だといえるでしょう。

個人ショップは利益率が高いことが成功の秘訣

「薄利多売」は商売の一つの方法としてありますが、個人ショップでは事前の人件費の確保などが難しく成功するためのハードルは高い方法だと覚えておきましょう。管理コストを掛けずに、一つの商品で料率を取れるようなビジネスモデルの方が成功する場合は多いようです。