スタートトゥデイは7月16日、ブラケットの完全子会社化を発表した。同日開催の取締役会で株式交換の実施を決議し、株式交換契約を締結した。スタートトゥデイは、日本最大級のファッションECサイト「ZOZOTOWN」の運営を中心とした事業を展開している。一方ブラケットは、オンラインストア作成サービス「STORES.jp(ストアーズ・ドット・ジェーピー)」を展開している。STORES.jpでは、2012年9月のサービス開始から累計約4万のオンラインストアが開設されている。http://japan.cnet.com/news/business/35034708/

アパレル商材には販売支援が期待できるが無料プランはどうなる?

STORES.jpに開設している7割はアパレル系の商材を取り扱っていると言われています。無料・格安ネットショップASPでは、集客が最大の問題点になりますが、国内でも最大級のファッションサイトZOZOTOWNと連携することで、販売支援など更なるサービスの拡大を期待したいところです。現状では無料で利用できるプランもありますが、今回の提携で新たな制限(広告)が加わるのではないかという心配の声もあるようです。

 

Stores.jpに関する詳細はこちら