個人事業主として開業する必要がある

楽天市場に法人ではなく個人で出店するためには、個人事業主である必要があります。出店審査に申し込む際には「住民票」「印鑑証明書」「確定申告書の控え(コピー)」「実店舗の写真」が必要になります。※契約開始日より3ヶ月以内に発行されたもの。実店舗の写真については、実店舗がないと出店できないという訳ではありませんが、出店審査を行う上で参考になる情報として利用されるようです。

副業としての出店は難しい!?

楽天市場出店に関する審査基準は公表されていません。あくまでも憶測となりますが、楽天市場の出店キャッチコピーには『楽天市場は本業として商品を取り扱われていれば、実店舗が無くてもご出店いただけます!』という表記もあり、あくまでも本業としてネットショップ運営を考えている方を意識した表題がつけられています。副業のつもりで出店審査を受けても合格する可能性は限りなく低いと言えるでしょう。

過去の実績があればアピールしておこう

個人事業主の出店には『実店舗の写真』を審査に提出するように書かれています。これはお店の経歴が審査をする上で参考資料として扱われるためです。これは必ずしも実店舗だけでなく、過去に別モールや独自サイトなどの運営経験があれば担当者などに伝えることで出店に関する経験をアピールすることができ、審査にも良い影響があるかもしれません。アピールできる点はしっかりとアピールしておきましょう。

楽天出店以外の選択肢もある

楽天市場の出店審査は他社モールと比較しても厳しいと言われています。残念ながら出店審査に落選してしまった場合には、他の方法なども模索してみましょう。

 

楽天市場に関する詳細はこちら