ネットショップの作り方がわかる!開店・開業を考えている方向けのECショップ(ショッピングカート・買い物カゴ・作成ツールASP)制作・運営支援サイトです。

ネットショップのSEO対策(具体的な方法・注意点など)

SEO対策

ネットショップのSEO対策
基本的な対策方法から注意点などを解説

SEO対策とは

SEOとは、検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)もしくは検索エンジン最適化業者(Search Engine Optimizer)の頭文字から引用された言葉です。本来は検索エンジン最適化という意味合いですが、単純に検索結果で上位を目指すための対策のことをSEOとかSEO対策と読んでいるケースのほうが多くあります。「SEO対策してますか?」と聞かれれば「検索上位に入るための対策はしているのか?」と解釈していいでしょう。続けてGoogleヘルプ内に記載されたSEO対策に関するページを合わせてご紹介します。

いま求められるSEO対策
テクニックよりもコンテンツが求められる時代に

過去には検索上位に入るための裏技的な手法もありましたが、現在は検索エンジンの能力が発達しており作為的な手法は通用しません。最近のSEO対策に関する考え方はとてもシンプルに「質の高いコンテンツを提供する」のが一番有効な対策方法です。ネットショップという形態上、コンテンツを充実させることは難しいとも考えられますが、それでも活用できる覚えておきたい基本的なSEO対策についてご紹介してみます。

ネットショップのSEO対策(基本的な対策方法をご紹介)

SEO対策その1.
ページタイトルのキーワード対策

検索エンジンの検索結果はページタイトルに入れたキーワードが重要視されます。サイトの名前、商品名、商品カテゴリーの名前など、検索結果を意識してタイトルをつけることでアクセスアップにも期待ができます。具体的なネーミングの方法などは下記コンテンツなども合わせて参考にしてみてください。

SEO対策その2.
被リンク対策

被リンクとは自分のサイトに向けられたリンクのことです。検索エンジンがサイトを評価するために、被リンクの数と自サイトにリンクしているサイトの質なども判断要因になります。過去には作為的に被リンク数を増やすことで検索上位に入るような力技(ブラックハットSEOと呼ばれている手法)なども有効でしたが、現在はこのような手法はほとんど通用しないだけでなく、検索エンジンのペナルティにより大きく順位が下げられてたり、検索結果から消されてしまう可能性もありますので注意が必要です。現在は「コンテンツSEO」という形での被リンク対策が主流です。

ディレクトリ登録(※現在は利用されていません)

Yahoo!、goo、exciteなど有名サイトにお金を支払い審査をしたのち自分のサイトへのリンクを掲載してもらうという手法です。現在でもディレクトリ登録はできるようですが、被リンク効果という観点では、ほぼ効果は無いというのが一般的な考え方です。過去のSEO対策の一つとして覚えておきましょう。過去の記事:ディレクトリ登録による宣伝効果

SEO対策その3.
商品点数を増やす(ロングテール)

いわゆるロングゲールと呼ばれる手法です。wikiには下記のように記載されています。

ロングテール(英語: the long tail)とは、インターネットを用いた物品販売の手法、または概念の1つであり、販売機会の少ない商品でもアイテム数を幅広く取り揃えること、または対象となる顧客の総数を増やすことで、総体としての売上げを大きくするものである。

実店舗では限られたスペースのなかで商品を陳列する必要がありますが、インターネットは商品数もほぼ無限に増やすことができるので、幅広く掲載をしてお店の入り口を増やすという考え方です。

在庫をもたずに商品点数を一気に増やせるサービス

『商品点数は増やしたいが、予算は掛けられないし、今よりも在庫を増やすのはリスクが大きすぎる・・・。』そんな店長に覚えておいて欲しいのがTopSeller(トップセラー)というサービスです。このサービスを利用すれば『低予算』で在庫を持たずに『商品点数を一気に増やす』ことができます。詳細はこちら:10万点以上の商品から選んで、今すぐネットショップで販売!

SEO対策その4.
オリジナルコンテンツを作りサイトの価値を高める(コンテンツSEO)

いわゆるコンテンツSEOという対策方法です。自分でオリジナルのコンテンツ(Webページ、ブログ、SNSページ)を作り、そのページからネットショップにリンクを貼ることで検索エンジンからの評価を高めることを目的とします。過去の被リンク対策との違いは、数ではなく質を求めるホワイトSEO的な対策だということです。現在はこちらのような質を求める被リンク対策が主流です。

文章が苦手で記事が掛けない方に!記事作成代行相場1文字0.8円~1円

文章が苦手て記事が掛けない、記事を書いている時間が無いとい方は、記事作成代行サービスをチェックしてみましょう。コンテンツSEO用の記事相場は1文字0.8円~1円程度、短期間でコンテンツを手に入れることができます。記事の手直し・添削の依頼も可能です。詳しくはこちら:記事作成代行サービスの比較!特徴や料金の相場など

SEO対策その5.
最期になりましたが一番効果的で重要なSEO対策をご紹介します

ネットショップだけにできる一番確実で効果のあるSEO対策は「商品を売る」ことです。元も子もない内容ですが、ネットショップはSEO対策に時間を掛けるよりも、広告宣伝費などに費用をあてた方が結果的に検索結果でも優遇される傾向にあります。売れば売るほど検索上位に入れる可能性は高くなる、これは人気店舗をみれば一目瞭然ですね。その要因となるのが、商品を販売したという起点に対して、ブログやソーシャルメディアなどによるバイラル的な情報の拡散力です。最初の一歩は小さくても構いませんので、とにかく商品を一つ売るための方法を考えてみましょう。

リスティング広告がおすすめ!費用対効果の高い広告

ネットショップの広告手段として一番利用されているのがリスティング広告です。Yahoo!Japanなどの検索結果に連動した広告を掲載することができます。クリック課金型広告ので、掲載されただけでは費用は発生しません。広告費用も自由に設定できるため、予算に合わせた運用をすることができます。Yahoo!のリスティング広告:スポンサードサーチ(公式)

ネットショップのSEO対策の注意点など

過剰なSEO対策は避けましょう

検索上位にはいるために、大量のブログから被リンクをつけたりするなど過剰で作為的なSEO対策はGoogleから検索ペナルティを与えられる可能性があります。検索ペナルティの具体的な判断は難しく、解除するための正しい手順なども存在しません。個人サイトであれば諦めて別サイトを立ち上げることで解消できますが、ネットショップの場合にはお店の常連客を失う原因にもなりかねませんので過剰はSEO対策は絶対に辞めましょう。※ブログでもサイトでも普通に運営していればペナルティなどをもらうことはありません。

SEO対策業者に効果はあるのか?

私は利用しませんので具体的な明言は避けますがGoogleでは下記のような公式ページにてSEO業者への注意喚起を促しています。SEO業者を利用を検討している方は参考にしてみてください。

Search Console ヘルプ(SEO が必要なケース)より転載

  • 不審なメールを送信する SEO 業者、ウェブ コンサルタント、代理店にご注意ください。
  • Google で最上位に掲載されることを保証できる人はいません。
  • 隠し立てたり、何をしようとしているのかはっきり説明しない会社には用心してください。
  • SEO 業者へのリンクを強制する業者は避けてください。
  • 賢明な選択をするようにしてください。
  • 何に対して料金を支払うのか確認してください。

https://support.google.com/webmasters/answer/35291?hl=ja

無料の集客方法だけに頼り過ぎない

無料の集客方法は、ほとんどのケースで安定しないのが特徴です。ネットショップを運営する際には、リスティング広告などの有料広告と併用して商品価格なども決定するなどリスクを分散した店舗運営を心がけましょう。とくにYahoo!、Googleなどの検索結果は安定しませんので、たとえ検索経由でのアクセスが多いような状況でも万が一に備えて複数の集客方法を用意して総合的に運営するのがおすすめです。関連:リスティング広告で集客する方法・サービスの特徴をわかりやすく解説

二つの集客方法をバランスよく利用しよう
  • 無料の集客方法・・・安定しないが利益率は高くなる。
  • 有料の集客方法・・・安定しているが利益率は低くなる。

特集記事

▼ネットショップ開業の比較(自分にあった開業方法の見つけ方)

▼無料で利用できるネットショップ開業サービス一覧

▼ネットショップ開業するために商品を仕入れる方法
ネットショップを開業したいという漠然としたイメージはあるが、商材が見つからないという方も多いようです。今回はネットショップで販売する商品を見つける基本的な仕入れ方法をいくつかご紹介します。続きはこちら:ネットショップ開業するために商品を仕入れる方法

ピックアップ!実店舗のHP制作に最適!

月額1,000円で本格的なサイトが作れる!
飲食店、美容院など商用目的のサイト作成なら”グーペ”でキマリ!
おすすめ
初心者でも簡単に飲食店、美容院、エステサロンなど本格なビジネス用途のホームページが作れるサービス。このサービスは商用目的での利用に特化したサービスなので、デザインのクオリティもビジネス用途にふさわしく、料金メニュー、フォトアルバム、地図、カレンダー、クーポン、予約機能なども基本機能として利用できます。さらに詳しく:店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」

当サイト推薦!ネットショップの広告集客はこちらがおすすめ!
Yahoo!スポンサードサーチ!
広告料金3,000円から掲載できる!

数ある広告媒体のなかでも一番費用対効果の高いのが検索連動型の広告です。クリック課金型なので、クリック=集客できた場合以外にお金は掛かりません。お店のスタートアップ、イベント、新商品の入荷など”ここぞ!という場面”で利用してみましょう。さらに詳しく:Yahoo!スポンサードサーチ!

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

当サイト推薦!ネットショップASP

流通総額3年連続NO.1達成!
MakeShop(メイクショップ)
当サイト管理人のイチオシ!
MakeShopをおすすめする理由とは

無料で開業できるネットショップ

えっ!?タダ!?
無料ネットショップ

ネットショップの屋号口座を作ろう

ネットショップに
最適化されたネットバンク
>>おすすめネットバンク

もっと商品ボリュームが欲しい

商品点数を一気に増やせる
TopSeller!

多店舗管理ツール(楽天・Yahoo!など)

2015年楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー受賞35店舗が利用する注目の一元管理ツール

国内最大級の店舗情報サイトに掲載!

実店舗の集客に!
登録必須のWEBサービスはこちら

ネットショップの確定申告はこれ!

売上を自動的に取込データ化
確定申告の書類も自動作成!
対応ネットショップも増加中!
(BASE、カラーミーショップ、STORES.jpなど。)

PR

『BASE 無料ネットショップ開業サービス』 サービス開始から、1ヶ月で7,000人がショップをオープンした無料ECサービス
PAGETOP
Copyright © いまどきのネットショップ開業講座 All Rights Reserved.