ネットショップの作り方がわかる!開店・開業を考えている方向けのECショップ(ショッピングカート・買い物カゴ・作成ツールASP)制作・運営支援サイトです。

SNSを利用してお店の宣伝・集客する方法!(SNSの活用方法)

sns

SNSを利用したネットショップや実店舗での集客方法

SNS(エスエヌエス)とは

SNSとはSocial Networking Service(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の略で、インターネット上の交流を通して社会的ネットワーク(ソーシャル・ネットワーク)を構築するサービスのことである。※wikiより一部転載。

ネットショップでのSNSの活用方法について

大きく分けて2つの役割があります。一つは写真・画像・動画・文章などのコンテンツマーケティング(コンテンツで集客して購買につなげる手法)のツールとしての活用。もう一つは、お店の新着情報などを配信したり問合せに応えたりするお客様との連絡手段としての利用です。SNSと一括りにしていますが、それぞれ販売につなげる利用方法は若干異なります。下記に各SNSを利用イメージ別にまとめてみました。

  • 新着商品・セール情報を配信する・・・Facebook、LINE、Twitter
  • 写真・動画をコンテンツとして集客・・・Instagram、Pinterest
  • 文章と写真などコンテンツで集客・・・Ameba(ブログ)
  • 他のSNSとも連携できる中核的な役割をする・・・Facebook

特に人気の高い代表的なSNSサービス4社をご紹介

Facebook(フェイスブック)

世界最大の利用者数を誇るソーシャルメディアサービス。個人や団体などが自分のページをつくり、情報などを配信しながら横のつながりを広げることができます。お店の情報などに対して「いいね!」ボタンを押してもらうことで、お店のファンを作ることができて、そのユーザーに対して情報を配信したり、コメント機能でコミュニケーションを取ることもできます。他のSNSとの連携機能も豊富にありSNSを総合的に育てるという意味でも最初に導入してほしいツール。

▼Facebookは有料で広告を掲載することもできます

フェイスブック内のページに有料で広告を掲載することもできます。年齢・性別などの属性に合わせて広告を表示するようなタイプなので、ネットショップのお店への集客というよりも、商品を製造しているメーカーやブランドなどが多く利用しています。課金方式はクリック課金(CPC)、インプレッション課金(CPM)、最適化インプレッション課金配信(oCPM)から選択することができます。詳しくはこちら:「Facebook広告(公式)


▼Facebookの最適な更新頻度とは

Facebookの更新頻度は一日一回が理想的という方もいれば、一週間に一回で十分という方もいます。これは正解はありませんね。ただ一つだけ、両者ともに共通した意見として覚えておいて欲しいのは「投稿が多すぎるとファン数が減る」という意見です。これだけは共通しており、色々なマーケティング資料などでも証明されています。個人的な意見では多くても一日一回程度、フォロワーやファン数の増減をみながら適切な更新頻度をみつけてみましょう。


▼インセンティブで「いいね!」を獲得する行為は禁止されています

Facebookでは2014年11月5日のポリシー改正より「いいね!」などに対してインセンティブを与えることは禁止されています。インセンティブとは報酬のことで具体例をあげると「いいね!をしたら商品プレゼント」などが該当します。また記事のシェアすることをキャンペーン応募の対象条件などにすることも禁止されていますので合わせて覚えておきましょう。バナーなどの代替案としては「いいね!を押してお得情報をGET」とか「いいね!を押すと最新情報が届きます」などであれば問題ありません。


▼Facebookでネットショップの公式サイトを作る方法

Facebookでネットショップの公式サイトを作るには「Facebookページ」という機能を利用して作ります。「Facebookページ」とは企業、ブランド、組織などが人々と繋がるための機能で、Facebook上に無料で公式Webページを作成できます。このページはFacebook会員以外でも閲覧することができるだけでなく、Googleなどの検索エンジンにもインデックス登録されます。「Facebookページ」を作成するには、個人用アカウント(公式代理人となります)を作成したのち「Facebookページを作成」より作ることができます。


▼無料で使える!Facebook対応のネットショップ作成サービス

無料でネットショップを開業できるイージーマイショップなら、専用アプリを利用してFacebookページも簡単につくることができます。Facebook用の専用テンプレートもあります。新商品や注目商品を1クリックでFacebookタイムラインに投稿するなど便利な機能も揃っています。さらに詳しく:イージーマイショップ

Facebookのネットショップ活用方法!

ネットショップのSNS戦略では最初に導入したいのがFacebookです。店舗ページ、ブログ、メルマガなどに「いいね!」ボタンやバナーなどを配置してFacebookへの導線をつくりましょう。またFacebookはTwitterやインスタグラムと連携する機能があるので、こちらも合わせて設定しておきましょう。商品に興味を持ったが購入には至らなかった方にはブックマークとしての役割、一度購入したユーザーには新商品やイベントの告知など、総合的なSNSツールとして幅広く活用することができます。

Instagram(インスタグラム)

インスタグラムとは、iPhone、Androidなどで利用できるスマートフォン向けのカメラアプリです。撮影した写真や動画を編集したりシェアすることができます。投稿される画像は”おしゃれ”なものが多く、アパレル・ファッション関連のお店で集客方法として利用されています。フェイスブックと連携して画像を共有することもできます。

▼Instagramは有料で広告を掲載することもできます

インスタグラムはフェイスブックの傘下企業なので、フェイスブックの広告掲載と同じツールを利用して広告の出稿ができます。フェイスブックアカウントとフェイスブックページさえあれば、インスタグラムのアカウントは無くても広告は掲載できます。課金方式はクリック課金(CPC)、インプレッション課金(CPM)、アプリインストール課金(CPI)などから選択できます。さらに詳しく:Instagram広告の基本(Facebookビジネス)

インスタグラムのネットショップ活用方法!

ネットショップの顧客がインスタグラムの利用者属性と合わなければ利用しても効果は期待できません。一般的には女性・20代~30代・流行に敏感な方が利用しているというイメージがあります。写真を材料としたコンテンツマーケティングなので、写真の品質にはとことんこだわり、共有したくなるような写真掲載をめざしましょう。

Twitter(ツイッター)

Twitterとは140文字以内の文章を投稿して情報を共有することができるWebサービスです。「ハッシュタグ」をつけて呟くことで検索経由のアクセスを集める事もできます。またブログやFacebookへの投稿を連携して自動で更新することもできます。注意:自動ツールなどで商品紹介だけを呟いているネットショップも存在しますが、意味が無いだけでなく迷惑行為にあたりますので直ちに辞めましょう。

▼Twitterへの広告はYahoo!プロモーションから出稿できます

Yahoo!プロモーション広告はTwitterへの広告掲載を提供しています。クリック課金型広告で、ツイート広告がクリックされた場合のみ費用がかかります。ターゲティングが豊富に用意されており、テレビ番組や各種イベントに対してのターゲッティングの設定ができます。まさにリアルタイム性の高い集客に期待することができます。さらに詳しく:Yahoo!プロモーション広告

Twitterのネットショップ活用方法!

ツイッターはリアルタイムな情報に「ハッシュタグ」をつけてTwitter検索経由でのアクセスを集めましょう。たとえば、自社で販売している商品がテレビで紹介されたら「今日○○という番組でタレントの○○さんに当社販売の○○が紹介されました!」など、番組名、芸能人名、商品カテゴリなど検索キーワードを意識しながら投稿します。もちろん、新商品、セール情報などを顧客に伝えるコミュニケーションツールとしても活用できます。注意点としては、宣伝だけを連呼しないこと!自動ツールなども全く意味が無いので辞めましょう。

LINE(ライン)

LINEとは無料で通話やメールが楽しめる通信アプリです。国内での利用者数が最も多いSNSサービスとして知られており、ICT総研が2015年7月に実施した調査によるとネットユーザーに占めるLINE利用率は58%と発表されています。ネットショップや実際のお店の情報配信を目的として利用する場合には、2015年2月13日より無料化されたLINEのビジネス向けアカウント「LINE@」を利用しましょう。

▼LINE@にできること
  • 友達に一斉メッセージ送信。※無料プランは月1,000通まで。
  • 友達と1対1でトークできる。
  • LINE内に専用のホームページが作れる。
  • タイムラインで簡単に情報の更新ができる。
  • クーポンを発行する機能があります。
  • アンケートや人気投票のページが作れます。
  • LINEグルメ予約、LINE利用者の予約受付。
  • LINEショップカード、ポイントカード作成・発行できる機能。
  • コマース機能、ECショップの作成機能です。
LINE@のネットショップ活用方法!

メルマガの代用としてメッセージ配信で新商品のPRやセール・クーポンの配布などに利用してみましょう。新規顧客獲得というよりも、店舗へのリピーターを増やすためのツールとして活用します。LINEはメールマガジンよりも開封率が高いので、本当に見て欲しい情報だけを少ない回数で配信した方が効果的です。

合わせて覚えておきたいSNSサービス

mixi(ミクシー)

2004年2月にサービスを開始、国内SNSサービスのパイオニア的存在。サービス開始当初は登録ユーザーからの招待がないと入会できない招待制でしたが、現在は15歳以上であれば誰でも登録できるように変更されています。2011年あたりをピークに会員数は激減していたが、近年になって若干回復の傾向にあるようです。

  • 公式サイト:mixi

Ameba(アメーバ)

国内最大級の利用者数を誇るブログサービス。ブログだが足あと機能などSNS的な要素も強く、ネットショップのスタッフブログなどにも広く利用されている。無料ブログとして利用した際には、あまりにも巨大すぎる広告が表示されるため、商用利用する際には課金して利用することをおすすめします。TwitterやFacebookと記事投稿を連携することもできる。

  • 公式サイト:Ameba

pixiv(ピクシブ)

ピクシブ株式会社が運営するイラスト投稿をメインとしたSNSサービス。2007年のサービス開始から会員数は伸び続けており、2014年には1000万ユーザー突破!2016年時点でもユーザー数は伸び続けている。ネットショップの集客方法としては、商材次第という感は否めないが、これだけ巨大なコミュニティなので存在だけでも認知しておきましょう。

  • 公式サイト:pixiv

Tumblr(タンブラー)

Tumblr(タンブラー)は、InstagramのようなオシャレさのあるFacebook系のブログ系SNSサービス。ファッション業界、アパレル系のブランドイメージ・広告戦略としても運用されている。Instagramと連携して同時に写真をアップすることも可能です。


Pinterest(ピンタレスト)

Instagramと似ている画像系のSNSサービス。サイトのコンセプト”世界中のおしゃれアイデアまとめ”にあるように自分の気に入った画像を集めてまとめることが出来ます。こちらもInstagramと連携することもできます。

特集記事

▼ネットショップ開業の比較(自分にあった開業方法の見つけ方)

▼無料で利用できるネットショップ開業サービス一覧

▼ネットショップ開業するために商品を仕入れる方法
ネットショップを開業したいという漠然としたイメージはあるが、商材が見つからないという方も多いようです。今回はネットショップで販売する商品を見つける基本的な仕入れ方法をいくつかご紹介します。続きはこちら:ネットショップ開業するために商品を仕入れる方法

ピックアップ!実店舗のHP制作に最適!

月額1,000円で本格的なサイトが作れる!
飲食店、美容院など商用目的のサイト作成なら”グーペ”でキマリ!
おすすめ
初心者でも簡単に飲食店、美容院、エステサロンなど本格なビジネス用途のホームページが作れるサービス。このサービスは商用目的での利用に特化したサービスなので、デザインのクオリティもビジネス用途にふさわしく、料金メニュー、フォトアルバム、地図、カレンダー、クーポン、予約機能なども基本機能として利用できます。さらに詳しく:店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」

当サイト推薦!ネットショップの広告集客はこちらがおすすめ!
Yahoo!スポンサードサーチ!
広告料金3,000円から掲載できる!

数ある広告媒体のなかでも一番費用対効果の高いのが検索連動型の広告です。クリック課金型なので、クリック=集客できた場合以外にお金は掛かりません。お店のスタートアップ、イベント、新商品の入荷など”ここぞ!という場面”で利用してみましょう。さらに詳しく:Yahoo!スポンサードサーチ!

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

当サイト推薦!ネットショップASP

流通総額3年連続NO.1達成!
MakeShop(メイクショップ)
当サイト管理人のイチオシ!
MakeShopをおすすめする理由とは

無料で開業できるネットショップ

えっ!?タダ!?
無料ネットショップ

ネットショップの屋号口座を作ろう

ネットショップに
最適化されたネットバンク
>>おすすめネットバンク

もっと商品ボリュームが欲しい

商品点数を一気に増やせる
TopSeller!

多店舗管理ツール(楽天・Yahoo!など)

2015年楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー受賞35店舗が利用する注目の一元管理ツール

国内最大級の店舗情報サイトに掲載!

実店舗の集客に!
登録必須のWEBサービスはこちら

ネットショップの確定申告はこれ!

売上を自動的に取込データ化
確定申告の書類も自動作成!
対応ネットショップも増加中!
(BASE、カラーミーショップ、STORES.jpなど。)

PR

PAGETOP
Copyright © いまどきのネットショップ開業講座 All Rights Reserved.